前代未聞のワゴンタイプ交通覆面。大阪府警のステージア登場の衝撃を覚えているか?

前代未聞のワゴンタイプ交通覆面。大阪府警のステージア登場の衝撃を覚えているか?

 今から約20年ほど前の2003年、大阪でアッと驚く交通覆面パトカーがデビューした。あまりの珍しさと隠密性の高さに、登場当初は捕まる違反者が続出! 交通覆面としては、前例のない車種だっただけに、登場当初、ネット上では「ガセネタ」とまで言われる始末であった。
 その覆面パトカーとは……、ステーションワゴンの「ステージア」であった。今回は、大阪府警の名物覆面パトカーとして活躍した、2台のステージアについて振り返る。

 なお、平成時代のパトカーをまとめた『平成~令和新時代 パトカー30年史』もあわせて参照いただきたい。

『平成~令和新時代 パトカー30年史』はこちら

文/有村拓真、写真/有村拓真、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】前代未聞のワゴンタイプ交通覆面。大阪府警のステージアを写真で振り返る!(9枚)画像ギャラリー

■異例のステーションワゴンタイプの交通取り締まり覆面

 2000年頃、交通覆面パトカーといえば、クラウンやセドリックが代表格だった。おまけに、鉄チンホイールや88ナンバーというのが、見分けポイントとされていた時代である。

 もちろん、レアな車種の覆面パトカーもあったが、スカイラインGT-Rや、以前の記事で紹介したソアラのような、どちらかといえば、スポーティなクーペタイプが連想されがちだった。

 そういう時代の2003年に、大阪府警でステージアの覆面パトカーは登場した。

 当時の警察車両の実績(常識)から考えれば、ステーションワゴンタイプの車種が交通覆面になるなど、とうてい考えられないことで、パトカーについての予備知識がある人ほど、「ステージアの覆面登場」は信じがたかったといえる。

 現在ならばスマホで撮影され、瞬時にSNSなどで拡散されて真偽がはっきりするが、当時はもっとスローな時代。ネット上の情報交換といえば、掲示板が主流で、画像がアップされなければ、「ガセネタ」として、信じてもらえないこともあったのだ。

■レアなのは車種だけじゃない。隠密性を高める秘策

 ステージアの覆面パトカーは府費により2台が配備された。ボディカラーはライトブルーとシルバー。グレードは300RXで、3L・260psの快速ワゴンだった。

 導入当初は交通機動隊の八尾分駐所と大東分駐所に配備されている。

府内の一般道を走行中のステージア覆面(ライトブルー)。リアからは一般車にしか見えない
府内の一般道を走行中のステージア覆面(ライトブルー)。リアからは一般車にしか見えない

 外観の特徴としては、フロントグリル内に前面警光灯、ルーフには反転式警光灯を備えていた。ここまでは、交通覆面パトカーとしては、お決まりの仕様だろう。しかし、ステージアには、警察車両ならば必ずあるはずの、警察無線用のアンテナが見当たらなかった。当時のクラウンやセドリック覆面では、トランクリッドにTLアンテナを装着するのが一般的で、覆面パトカーとして見分けるポイントにもなっていた。ところが、ステージアには、そのアンテナが見当たらない……。実は、アンテナは車内に設置されており、外からは確認できないようになっていたのだ。

 このようにステージアはレアな車種である上に、外観の特徴からも判別が難しく、非常に高い隠密性を備えていたのだ。そして「覆面パトカー=クラウン・セドリック」などという固定観念で安心しきっていたドライバーたちを、次々と取り締まっていったのである。

 また2004年6月3日には改正道路交通法が成立したため、施行後は運転中の携帯電話等の使用による取り締まりでもさらなる威力を発揮した。

次ページは : ■ステージアの覆面は、どこに出没していた?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ