FIAT500e日本上陸へ 元祖イタリアンの国民車がEVに!


 イタリアの国民車として愛された2代目FIAT500(チンクエチェント)を現代に蘇らせ、大ヒットを記録したのが、現行型モデル。日本でも2008年より導入が開始され、アバルトを含め、6万台以上が販売されているという。その最新世代がいよいよ上陸を果たす。

 いよいよ日本でも販売が開始される次世代FIAT500となる「FIAT500e」は、どんな仕様が用意され、価格はいくらになるのか?最新情報をまとめてお伝えしよう!

文/大音 安弘、写真/大音 安弘、ステランティスジャパン

【画像ギャラリー】愛らしくワクワクさせるEV、FIAT500eの細部をチェック!!(14枚)画像ギャラリー

■全面刷新の新型500はEVのみに

 ステランティスジャパンは2022年4月5日、FIAT初のEVとなる「FIAT 500e」の日本導入を正式に発表した。同年6月25日より発売を開始し、価格は450万~495万円となる。

FIAT500の最新世代となる「FIAT500e」は、EV専用車となる

 日本でも熱烈なファンを持つイタリアンコンパクトカー「FIAT500」の次世代モデルとなるEV「500e」の導入がいよいよ開始される。その見た目は、2代目500をモチーフに生まれた現行型500の後継と直感的に理解できるもの。

 そのブランド力を高めるべく、よりキュートで大人に成長した。細部の質感も高く、価格も上昇しただけに、プレミアムコンパクトを意識した感もある。これがFIAT電気自動車の第一弾となるモデルだけに、潔くEVのみの一本化され、それを示すために名称も「500e(チンクエチェント・イー)」に改めた。

 少しふくよかになった印象だが、実際にボディサイズは、ひと回り大きくなった。それでも、全長3630×全幅1685×全高1530mmと、日本車のトヨタヤリスなどのBセグコンパクトカーよりも小さいため、イタリアの国民車として親しまれた500の機動性をしっかりと受け継いでいることがわかる。

■ハードトップとキャンバストップを用意

 ボディバリエーションは、現行型同様に3ドアハッチバックを基本とし、ハードトップと開放感あふれるキャンバストップを用意。キャンバストップの構造や動作も、現行型「500C」と同様で、開閉は電動式で、リアスクリーンは、視認性に優れるガラス仕様。ガラス部分の残したサンルーフモードとガラスまで折り畳むフルオープンモードが楽しめる。

500eにもキャンバストップ仕様を設定し、開放感あふれるドライブを楽しめる

■シンプルかつモダンさを追求したインテリア

 インテリアにもイタリア文化が炸裂。2代目500のシンプルなコックピットを彷彿とさせる水平基調のダッシュボードは、懐かしさあふれる2本スポークデザインのステアリングに丸形のデジタルメーターを装備する。

 最新モデルらしくワイドな10.25インチタッチスクリーンのインフォメーションシステムを与えられ、ボタンも最小限に。もともとボタンの少ない500だけに、その点は同等と言えるかもしれないが、シフトボタンは、よりシンプルなデザインに改められた。

 シートデザインもお洒落で、上位グレードのシート地には、FIATロゴのモノグラム入りとなり、まるでイタリアンアパレルのよう。さらに室内側のドアトリムに2代目500のデザインが施されるなど遊び心にもあふれている。まさに小さなキャビンのなかには、イタリアの魅力が凝縮されているといっても過言ではない。

シンプルだが、美しいコックピット。細やかな部分もしっかりとデザインされ、とても洒落ている

次ページは : ■節度のある電動パワートレーン

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ