マジか!? CB400とVFR800が正式に生産終了!! 30年超の愛され名車はまだ買えるのか?

マジか!? CB400とVFR800が正式に生産終了!! 30年超の愛され名車はまだ買えるのか?

 とうとう来た……。ホンダがCB400SF/SB、VFR800F/Xなどの生産終了を正式にアナウンスしたのだ。

 ともに初代から30年以上の歴史を誇り、直列4気筒、V型4気筒というクラス随一の個性が光る名車。その存在意義と終了の理由を解説しつつ、今からでも入手できるのか調べてみた!

文/沼尾宏明、写真/HONDA

【画像ギャラリー】マジか!? CB400SF/SB、VFR800F/Xが正式に生産終了! 直4とV4の名車はもう買えない?(5枚)画像ギャラリー

排ガス規制に対応せず。現行唯一の400cc直4が30年の歴史に幕を降ろす

 ホンダのwebサイトで2022年4月28日、「法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了について」との発表があった。これによると、日本で2022年11月生産分から「令和2年排出ガス規制」が適用されることから、「一部機種につきましては2022年10月生産分をもって生産終了とさせていただきます」という。

 その機種とは下記の5モデルだ。

・ゴールドウイング(リアトランクレスタイプ)※ゴールドウイングツアーは含まれない
・VFR800F
・VFR800X
・CB400 スーパーフォア/スーパーボルドール
・ベンリィ110

 当webでも可能性を報じてきたが、やはり衝撃的なのはCB400SF/SBとVFR800シリーズの生産終了だ。ゴールドウイングは、トップケース付きの上級版が今後も存続。ベンリィ110に関しては電動モデルのベンリィe:シリーズが登場している。だが、CBとVFRは独自の個性を持ち、代替モデルが存在しないのだ。

 CB400SFは1992年の初代以来、何度もベストセラーに輝いた長寿モデルで、90年代の400ネイキッドブームを牽引した1台。排ガス規制の影響でライバルが消滅する中、現在では400ccクラス唯一の直列4気筒車となり、世界でも400cc直4はCB400SF/SBのみ。教習車としてもおなじみで、お世話になった人も多いはずだ。

 そしてVFR800シリーズもホンダを象徴するモデルの一つ。ホンダはレースの輝かしい歴史をV型4気筒とともに歩んできた。世界GPにおいては2ストロークV型4気筒のNSR500で勝利を重ね、世界耐久などの4ストローク車においてもRVF750、VFR750R(RC30)、RVF/RC45で快進撃を続けた。現在のモトGPでも4ストV型4気筒のRC213Vで参戦する。

 そのDNAを継ぐV4マシンは現在、VFR800FとVFR800Xのみ。V4は世界的にも珍しく、現行ではドゥカティのパニガーレV4、アプリリアのRSV4シリーズがV4を搭載している。

マジか!? CB400SF/SB、VFR800F/Xが正式に生産終了! 直4とV4の名車はもう買えない?
CB400スーパーフォア(SF)は、丸眼一丸に流麗なタンク、リヤ2本サスを備える正統派ジャパニーズネイキッド。クラス最高の58psを誇り、走りは爽快だ。88万4400~92万8400円

CB400SFのルーツは1980年代、一時は継続が噂されたが……

 なぜCB400SF/SBとVFR800シリーズが生産終了になるのか。それは、エンジンの基本設計が古く、欧州排ガス規制のユーロ5に相当する令和2年二輪車排ガス規制を乗り越えるために多大なコストを要するからだ。

 まずCB400SF/SBのDOHC4バルブ水冷4気筒エンジンは、ルーツを辿ると1986年のCBR400Rにまで遡ることができる。その後、1988年のCBR400RR、1989年のCB-1を経てCB400SFに改良されて搭載。当時の燃料供給はキャブレターで、エンジンもそれに合わせて設計されたものだ。

 1999年型でバルブ休止機構のハイパーVTECなどを採用し、当時の排ガス規制に適合。2008年型でハイパーVTEC REVOを導入した新エンジンになったタイミングで、燃料供給がFIに進化した。この改良が土台となって前回の平成28年排出ガス規制もクリア。一時期は令和2年排ガス規制にも対応するとも噂されていた。

 しかし、CB400シリーズはほぼ国内専用モデルとなっており、日本での人気は高いものの、グローバル展開によるスケールメリットがない。また、400クラスながらネイキッドのCB400SFは車両価格が約90万円、カウル付きのCB400SBは100万円超となっており、クラス最高額となる。さらに、排ガス規制を通すため大幅なメスを入れる必要があるため、関係者筋によると「車両価格は200万円近くに達する」とも言われているのだ。

 こうした要因から生産終了が決まったと推測できる。

1992年に登場した初代CB400SF。空冷直4のカワサキ・ゼファーの対抗馬として、水冷直4を搭載し、グラマラスな造形も相まって大ヒットした。当時価格58万9000円

次ページは : VFRは初代から36年、対策が困難で需要もダウンしていた

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ