いつまでも変わらんな~ 変わらぬ美しさを誇るクルマ界の深キョンはこれだ!!


 いつまでも変わらない深田恭子さん。何年現役なのよ!? って突っ込みたくなるくらい変わらないんです。35歳のいまでも水着写真集まで出しちゃっているし。

 「クルマ界にもコンセプトがぶれずに変わらない、深キョンのようなクルマがないだろうか」とふと思った担当。

 そこでこのような企画にも熱く取り組んでくれる清水草一さんに聞いてみました。クルマ界の深キョンはこの6台だ!!

文:清水草一/写真:共同通信、ベストカー編集部


■ポルシェ911は吉永小百合か深キョンか!?

 何年たっても変わらず美しい、深キョンこと深田恭子さん。ずっとかわいさをキープし続けるその姿に、ずっと萌え続けてしまいます。

 2018年9月20日には、35歳にして、通算20冊目の写真集を発売。ちなみに最初の写真集が出たのはちょうど20年前というから凄すぎる!

 では、クルマ界の深田恭子はどれなのか!? つまり「コンセプトがぶれず、魅力的なままなクルマ」ってことね。

【その1 ポルシェ911】

 これぞクルマ界の深田恭子。初代の登場からすでに半世紀以上、コンセプトがまったくぶれず、魅力的なままであるっつーことを考えると、吉永小百合(73歳)と言ったほうがいいのかもしれませんが、さすがに小百合様は水着写真集をお出しにならないので、やっぱり深キョンということで。

2014年に50周年を迎えたポルシェ911。カエルのような愛らしい形もそうですが、リアエンジンや水平対向というこだわりも変わりませんね!! 変わらない魅力は自動車界を代表する深キョンだ

 ただ、ドイツ車の世界は深キョンだらけ。BMWの3.5.7シリーズや、メルセデスのC、E、Sクラス、VWゴルフなどなど、あまりにも深キョンが多すぎて困る。

 そこで、ドイツ車の深キョンはポルシェ911が代表するってことで、1台だけにさせていただきます。

■清楚なままに円熟味を増したロードスターは深キョンだ

【その2 マツダロードスター】

 日本を代表する深キョンカーといえば、これしかない! 初代の登場が1989年なので、間もなく30年になるが、4代にわたってコンセプトはまったくブレず、ずっとキュートなオープン2シータースポーツカーのままでいてくれている。涙が出ます。

初代の登場時から世界を見据えていたロードスター。現代でもぶれないコンセプトで世界で愛される1台

 4代目の現行モデルにいたっては、歴代で最もコンパクトかつ軽量に仕上げたところなんざ、35歳にしてビキニでサーフィンをする姿を惜しげもなく公開した深キョンそのもの! さすが「前世はイルカだったかも」と言う深キョンだけのことはある。土下座。

初代のイメージを継承するロードスター。可憐な少女のイメージも残しつつ円熟味を増してまさに深キョン

 ロードスターに話を戻すと、初代と4代目の関係性で見ると、あどけない清楚な美少女から、清楚なままに色気をぐっと増したところも深キョンにソックリ!

 あどけない清楚な深キョンと言えば、ロリータ少女役を演じた『下妻物語』が印象的だったなぁ。涙が出ます。

次ページは : ■「前々世はアントワネット」発言はセンチュリーを指す

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ