新型プリウスは年末? プラド改良 サクラ絶好調 CX-60の売れ行きは?? 国内メーカー最新動向!!!

新型プリウスは年末? プラド改良 サクラ絶好調 CX-60の売れ行きは?? 国内メーカー最新動向!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回はトヨタ プリウス&プリウスPHV、ランドクルーザープラド、アルファードの新型・一部改良情報、トヨタ カローラクロス、マツダ CX-60、日産 サクラ・アリア、ホンダ ステップワゴンなど注目モデルの販売状況などを、国内メーカーの最新動向をお届けします!!

※本稿は2022年6月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】最新&人気&要注目モデルの最速情報をギャラリーで時短チェック!!!(9枚)画像ギャラリー

■トヨタ、次期型プリウス&プリウスPHVは2022年末に発売か?

半導体不足などの影響でフルモデルチェンジ時期がさらに遅れるという情報もあったプリウスの次期モデルは、2022年末の発売が最新の情報となっている

 トヨタは、2022年12月にプリウスとプリウスPHVをフルモデルチェンジする見込みです。

 現行モデルは2022年9月に法規対応を中心とした一部改良を行う予定で、その3カ月後という短期間でフルモデルチェンジするのは異例です。

 これは半導体などの部品供給の遅れによるもので、商品戦略のスケジュールまで大きな影響を与えているものと思われます。

 プリウスは7年ぶりのフルモデルチェンジであり、今回はプラグインハイブリッドのプリウスPHVも同時に世代交代するという情報があります。

 次期型プリウスのハイブリッドシステムに組み合わされるエンジンは1.8Lを継続しますが、バッテリーは改良型のニッケル水素方式を採用する可能性があります。

■トヨタ ランドクルーザープラドを8月2日に一部改良

 トヨタはランドクルーザープラドを8月2日に一部改良します。

 今回は騒音や排ガス規制への対応のほか、内外装の仕様向上を施した特別仕様車の設定などが行われます。

 カタログモデルの価格改定はない見込みで、従来の価格表をもとに見積書を作成し、商談を進めることが可能になっています。

 なお、次期モデルの投入は今のところ来夏をめどに開発している模様です。

■トヨタ、アルファードは2023年4月にもフルモデルチェンジへ

 トヨタは2023年4月にもアルファードをフルモデルチェンジする見込みです。

 次期型は姉妹車のヴェルファイアを廃止し「アルファード」だけに一本化すると思われます。

 そして次期型では新開発のTNGAプラットフォームを採用します。

 ボディサイズは従来モデルとほぼ同じで、そのデザインは直線と曲面を融合させた近未来志向のフォルムへと変わる模様です。

 パワーユニットは次期型クラウンと同じ、2.5Lハイブリッドと2.4Lターボハイブリッドを搭載します。

 これに駆動方式はFFに加えて4WDも組み合わされることになりそうです。

 なお、現行型の納期は来年2月以降となっています。

■日産 次期型セレナは1.5Lターボe-POWERか?

 日産は今年末か来年初めにセレナのフルモデルチェンジを予定しています。

 その次期型が搭載するパワーユニットは、新型エクストレイルで新搭載される1.5Lターボe-POWERであり、現行モデルに設定されている2Lマイルドハイブリッド車は廃止される見通しです。

 1.5Lターボe-POWERは4WD車も同時に発売されそうです。

■トヨタ カローラクロス売れ過ぎで一時オーダーストップ?

カローラシリーズのSUVとして昨年9月に登場したカローラクロス。割安感のある価格設定もウケて、売れゆきは好調でさらに納期が延びている

 トヨタは5月末頃から、カローラクロスのハイブリッド車を一時オーダーストップしているようです。

 受注が集中し、最近まで1年待ちだった納期が、2年待ち以上までさらに長期化する恐れが出たためと思われます。

 ガソリン車のほうも現時点の納期は2023年3月で9カ月待ちですが、こちらの受注活動は継続しています。

 同シリーズ全体でのガソリン車とハイブリッド車の受注構成比は半分ずつですが、最近ではハイブリッド車のほうに受注が集中していて、半導体部品の供給不足も影響して、さらに納期が延びているようです。

次ページは : ■日産 新型軽EVのサクラが絶好調の滑り出し

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ