最新エコ運転術5箇条!! ガソリン高騰時代に少しでも燃費をよくする秘訣大公開


約3年10カ月ぶりに最高値を更新したガソリン価格ですが、いったん少し下がったものの、依然として高止まりが続いており、資源エネルギー庁が2018年10月31日に発表した最新の全国のガソリン店頭価格は、レギュラーガソリンが159.6円、ハイオクガソリンが170.4円となっています。

ここまでガソリンが高いと、クルマに乗るのを控えようと思ってしまう人も多いハズ。でも、ちょっと待ってほしい。ガソリン代を減らすため、少しでも燃費をよくするための運転術があります!

さて、どんな運転術なのか、モータージャーナリストの鈴木伸一氏が解説します。

文/鈴木伸一
写真/ベストカーWeb編集部、Adobe Stock
出典/独立行政法人・国民生活センター


■「急」がつく走りは禁物、いかにムラなくスムーズに走らせるか

しばらくはガソリン高騰時代が続きそうだから、いかに燃費をよくするか考えてみたい

1Lのガソリンでどれだけ走ることができるかを表す「燃料消費率」、いわゆる「燃費」はクルマ本来の性能に大きく左右されるものの、それを扱うドライバーによっても変化する。

クルマの走らせ方は十人十色。しかも、体調によっても走りは変化するからで、同じクルマでもドライバーが異なれば燃費は違ってくる。発進・加速時の走り方が燃費を大きく左右し、ラフなアクセルワークを繰り返せば確実に悪化するからで、燃費を考えるなら「急」がつく走りは禁物だ。

そして、燃費をよくするカギは、いかにムラなくスムーズに走らせるかにある。筆者が過去に行ったテストの結果も交えて、どのような走りが燃費を悪化させ、どうすればよくなるのか検証していく。

1/無用な全開加速は極力、控える

急なアクセル操作はしない。できればソールの薄い靴を選んで、急ではなく、じわっと微妙なアクセル操作を目指すこと

燃費はアクセルワークの善し悪しで大きく変化する。アクセルの踏み方によって燃料と空気の混合比率「空燃比」が変化するからだ。

この「空燃比」、理論的には1gのガソリンを完全燃焼させるのに14.4~15.0の空気が必要(理論空燃比)と言われている。

ところが、スムーズに走らすためには運転条件に応じた「空燃比」を供給する必要もでてくる。例えば、エンジンの出力は12~13:1で最大(出力空燃比)となるため、最大負荷がかかるアクセル全開時には必然的に燃費が悪化する。

また、アクセルを全開まで一気に踏み込むと、瞬間的に空気の量が急激に増加するため燃料供給が追いつかず混合気が薄まって着火しにくくなる。そこで、一時的に8:1といった濃い「空燃比」となる制御が行われている。

このため、発進・加速をアクセル全開で行った場合、確実に燃費は悪くなる。過去に行った燃費テストで、0→50㎞/hを約6秒で加速した全開走行での燃費を、ハーフスロットル付近から軽く踏み込んで加速した場合と比較したことがある。

この際、約2秒余計にかかっただけで「52%」も燃費が悪化してしまったのだ。また、到達点まで倍の走行時間がかかったゆっくり加速した場合と比較してみると実に「71%」も悪化。燃費を気にするなら、無用な全開加速は控える必要がある。

次ページは : 2/走り出したらできるかぎり車速を一定に保つ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ