横が普通?? でもプロ仕様は縦!? スライドドアの縦型ハンドルが根強い理由

 2018年7月にホンダがN-VANを発売。N-BOXをベースとし、既存の軽商用バンとは異なる新感覚さが注目を集めた。

 その特長のひとつは、センターピラーレス化により広いドア開口部を実現した点。N-BOXにはないユニークな形状だが、実は他にもN-BOXと異なる点がいくつかある。そのひとつが、スライドドアの開閉を行うドアハンドルの「向き」だ。

 N-BOXが多くの乗用ミニバンと同じく、横向きのスライドドアハンドルを採用しているのに対し、N-VANは縦型のドアハンドルを採用。開発者によると、この形状には「理由」があると言う。

 実は商用車に限ると縦型のスライドドアハンドルを採用している車は多い。登録車ではハイエース、NV350キャラバン、タウンエース、NV200バネット。軽自動車ではエブリイ、ハイゼットカーゴなど、いずれもスライドドアに縦型のドアハンドルを備えている。

 なぜ、商用車には縦型のドアハンドルが根強く残っているのか? その背景には、プロが使う道具ならではの利便性が関係している。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、DAIHATSU、TOYOTA


プロの仕事支える手動スライドドアと縦型ハンドル

センターピラーレス構造が話題のN-VANは、ベースのN-BOXが横型ハンドルを採用するのに対して縦型のスライドドアハンドルを採用。開発者は「電動機能の有無と使用用途の違い」を差別化の理由にあげる

 商用車のドアハンドルが縦向きに装着される理由は、開閉時に力を入れやすいからだ。商用バンのスライドドアには、ミニバンのような電動スライド機能がほとんど採用されず、手動式になるからドアハンドルも縦向きになった。

 商用バンのスライドドアが手動式なのは、必ずしも価格を安く抑えるためだけではない。商用バンの開発者は「手動式には素早く開閉できるメリットもある」と指摘する。

 スライドドアは開閉に多少の力を要するから、電動式が便利だが、開閉速度をあえて遅めにしている。子どもが乗車するミニバンなどで電動開閉速度を早めると、閉める時に恐怖心を抱いてしまう心配があるからだ。

 ただし、ビジネスで使う商用バンでは、勢い良く閉めて作業を迅速に進めたい。そのために商用バンのスライドドアは手動式で、ドアハンドルは縦向き。電動式が中心のミニバンは、外観の見栄えも良い横向きになった。

 ちなみに1982年に発売された日産の初代プレーリーは、後席側にスライドドアを採用したが、商用バンと同じくドアハンドルを縦向きに装着していた。これが1988年に発売された2代目では、横向きに変更されている。

 三菱 RVRは1991年の初代、1997年の2代目ともに、後席側のスライドドアハンドルは縦向きに装着されていた。3代目の現行型は、スライドドアを廃止して横開きドアになる。

 日産 エルグランドは1997年発売の初代、2002年の2代目ともに後席側のスライドドアハンドルが縦向きで、3代目の現行型で横向きに変わった。

乗用車では少数派! 縦型ハンドルを採用したユニーク車は?

1991年発売のバネットセレナ。その高い基本性能でも話題となったが、リアのスライドドアだけでなく、フロントのヒンジドアにも縦型ハンドルを採用したユニークな例だ

 ユニークなのは、横開き式のヒンジドアにも、ドアハンドルを縦向きに装着する車種があることだ。1988年に発売された3代目アルトの3ドアは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が当時の軽自動車ではかなり長い2335mmだった。そうなるとドアパネルの前後長も伸びるから、デザイン性も考えてドアハンドルを縦向きに装着した。

 3代目アルトには3ドアボディの左右ドアをスライド式にした「スライドスリム」という仕様も用意され、ドアパネルの前側に縦長のドアハンドルを装着している。

 このほか1986年に発売されたダイハツ リーザ、1990年のジェミニクーペ、翌年に発売されたジェミニ3ドアハッチバックなども、横開きのドアに縦向きのドアハンドルを組み合わせていた。

 1990年発売の初代パネットセレナは、前側の横開きドア、後ろ側のスライドドアともに、ドアハンドルは縦向きになる。前後ともに縦向きになる車種は珍しい。

 横開きドアで、ドアハンドルが縦向きに装着されていると、見栄えは良くても使い勝手が悪い。最も使用頻度が高いのは運転席側で、左側から右側へ開くから、一般的には右手を使う。この時にドアハンドルが縦向きに装着されていると、逆手で(右手の甲が車両の後ろ側を向くように)握らねばならない。これでは開閉しにくい。

 そのために前席側のドアハンドルを縦向きに装着するデザインは長続きせず、早々に廃れた。前述の3代目アルトも、マイナーチェンジでドアハンドルを横向きに改めている。

“デザイン重視”で縦型ハンドル採用の現行車も

スイフトはリアドア内にスッキリ収まってみえる縦型ハンドルを採用。このほかヴェゼルやジューク、輸入車ではルノー ルーテシアなどが同様のハンドル配置で縦型を採用している

 それなのに、現行型でも横開きドアに縦向きのドアハンドルを組み合わせる車種がある。

 ヴェゼルやスイフトの後席側のドアだ。これは外観を2ドアクーペ風にスッキリと見せるため、ドアハンドルをリアサイドウインドウの後ろ側に、リアピラー(柱)と一体に見えるように装着している。

 この位置でドアハンドルを横向きに付けるのは難しく、縦向きにしたが、前述のとおり使いにくい。しかも、ヴェゼルやスイフトでは高い位置に装着されるから、背の低い子供は一層使いづらくなってしまう。機能性や実用性を犠牲にして、デザイン性を優先させた。

機能性とデザインの鉄則表わすドアハンドルの向き

アクティからN-VANに商用バンを一新したホンダ。N-BOXベースとなることで乗用車寄りとなったが、商用車ならではの使い方に配慮した細かな工夫も。そのひとつがドアハンドルの向きに象徴されているのだ

 このように見てくると、縦向きのドアハンドルは、手動で素早く開閉する商用車のスライドドアだけに相応しい。

 家屋のスライドドア、つまり「引き戸」に使われるドアハンドルも、大半が縦向きで横向きはほとんどない。力を入れにくいからだ。一方「開き戸」のドアハンドルには、縦向きと横向きの両方が使われる。

 デザイン性だけで採用され、機能的な必然性の乏しい装備やデザインは、短期間で終わってしまう。ドアハンドルの縦向きと横向きは、この鉄則を端的に表現している。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ