北米で販売開始した新型CR-V ヴェゼル似で新型ZR-Vよりカッコいい!? 日本でなぜ販売しないのか?

北米で販売開始した新型CR-V ヴェゼル似で新型ZR-Vよりカッコいい!? 日本でなぜ販売しないのか?

 北米ホンダは9月22日から6代目となる新型CR-Vを発売すると発表した。新型CR-Vは今年7月12日に初公開したがいよいよ市場に投入されることになった。

 日本向けのCR-Vは、初代こそトヨタRAV4とともにライトクロカンブームを牽引したが、大きくなりすぎて、高過ぎる価格もいけなかったのか、売れ行きもさっぱり。2022年8月末をもって5代目となる現行モデルの国内生産を終了、在庫を残すのみとなった。

 厳密にいうと、4代目が2016年7月に生産終了した後、北米では2016年10月に5代目が登場したものの、日本では約2年も遅れて2018年8月にようやく発売となったのだが、結局日本市場から撤退してしまった。そりゃ、一番売れるメイン市場の北米を優先して日本軽視の作りじゃ売れんわという声も多かったのは事実。

 そんななか、ホンダはCR-Vの日本販売を諦め、ヴェゼル以上CR-V未満の新型ZR-V(北米市場ではHR-V)を実質的な後継車として、日本で販売することを決定。当初は今秋の発売予定だったが、半導体などの部品供給不足を理由に来春に発売延期となった。

 新型CR-Vを見て、ヴェゼルに似てカッコいいじゃないか、ZR-Vよりいいかもと思った人も多いのではないだろうか。

 そこで、新型CR-Vはどんなモデルなのか、日本再々登場はないのか、解説していこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部、Honda

【画像ギャラリー】北米で販売される新型CR-Vは来春発売の新型ZR-Vとはどう違う?(9枚)画像ギャラリー

■ヴェゼルにも似てカッコいいエクステリアデザイン

新型CR-V。塊感のある力強いボディとハニカム構造のグリル、最近のホンダデザインの共通するヘッドライトが特徴。写真はSport Touring
新型CR-V。塊感のある力強いボディとハニカム構造のグリル、最近のホンダデザインの共通するヘッドライトが特徴。写真はSport Touring

 まずは新型CR-Vのエクステリアデザインを見てほしい。兄貴分のSUV、パスポートやピックアップトラックのリッジラインと共通するデザインテイストで、ヴェゼルにも雰囲気が似ている。

 新型CR-Vのエクステリアは「タフで洗練されたデザイン」で、より長く、より広く、より低くなった水平ベルトラインによる大幅に広いスタンスを採用することで新しいホンダのデザインの方向性を示しているものだという。

 ハイブリッドモデルには専用のエクステリアが与えられる。よりアグレッシブな造形のフロントとリアのフェイシアとグリルメッシュがグロスブラックのアクセントで強調されており、長方形のエキゾーストフィニッシャーが備えられており、上級グレードのSport Touringにはブラックの19インチ5本スポークアルミホイールが装着される。

 さて、気になるボディサイズは全長約4694×全幅約1864×全高約1692mmでホイールベースは約2700mm。日本で8月末に生産終了した5代目CR-Vのボディサイズは全長4605×全幅1855×全高1680mmと、新型はひと回り大きくなっている。

ボディサイズは全長約4694×全幅約1864×全高約1692mmとRAV4とほぼ同じサイズ
ボディサイズは全長約4694×全幅約1864×全高約1692mmとRAV4とほぼ同じサイズ

次ページは : ■ハニカムメッシュパネルなど最新のホンダデザインを採用したインテリア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!