スバル レヴォーグ&トヨタ ハイラックスの特別仕様車! ほか、最新モデルチェンジ・一部改良・限定車情報!!


テレビCMなどで大々的に報じられなくとも、地味にひっそりとリリースされた限定車やマイナーチェンジ車たちが、目にした人の心を鷲掴みにすることは決して珍しいことではありません(余談ですが本企画担当も、今まさにとある特別仕様車に心を絶賛奪われ中だったりします)。

そんなわけで、2018年末から2019年初めまでの特別仕様車ほか、最新情報をまとめてご紹介! トヨタ ハイラックス、スバル レヴォーグ、ダイハツ タントの特別仕様車…などなど、人気国産車・輸入車の特別仕様車、マイナーチェンジ、一部改良情報、さらには昨秋のパリサロンで発表されたメルセデス・ベンツGLEの試乗記も掲載!

「いろいろ見てるけどなんかどれもイマイチなんだよな〜」という方、ぜひご覧になってみてください!

※本稿は2018年11月・12月のものです
文:飯田裕子、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月26日号、2019年1月10日号


■トヨタ ハイラックス「Zブラック・ラリー・エディション」(特別仕様車・11月12日発表)

ハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車が登場。その名は「Zブラック・ラリー・エディション」だ。

Zグレードをベースにフロントグリル、バンパー、アルミホイールなどを専用に仕立て、ブラックの塗装で統一されている部分に存在感あり。さらにオーバーフェンダーも特別仕様ならではの装備となっており、18インチにサイズアップしたタイヤは白文字で記されたホワイトレターを採用。格好よさが引き立つ。

“ブラックテーマ”は外観だけではない。内装も、ダッシュボードやステアリングホイールの一部などにブラックメタリックを加飾。専用オプティロンメーターも装備し、気分も盛りあがる。

もちろんタフな走りはそのまま。スポーティで個性際立つモデルは、12月17日に発売開始。ぜひともチェックを!

フロントグリルやバンパーなどが専用デザイン、ブラックで統一。かなりの「男前」である

■価格:394万7400円

■スバル レヴォーグ Vスポーツ(特別仕様車・1月15日発売)

スバル、レヴォーグにスバル60周年記念特別仕様車1.6GT Eye Sight Vスポーツが11月27日に発表され、2019年1月15日に発売される。1.6GT Eye Sightをベースに、ビルシュタイン製ダンパーと18インチアルミホイールを装備して運動性能を向上。内外装もスポーティーに仕上げている。ボディカラーは、STIスポーツにのみ設定されていたWRブルー・パープルを含む3色から設定可能。

10種類の特別装備が搭載される。価格はベースグレードより21万6000円のアップとなる

■価格:307万8000円

次ページは : ■ダイハツ タント VSシリーズ(特別仕様車・12月3日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ