ついに発表 最強STIコンプリートカーS209 日本未発売!? 「次」はどうなる!?!?

 日本時間2019年1月15日午前2時40分、アメリカ・デトロイトモーターショーにおいて、スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)がSTIコンプリートカー、S209を発表した。

 アメリカ市場では初めてSシリーズが発売することになったのだが、気になるのは日本でも発売するのかということ。限定何台で販売されるのか? 価格はいくらなのか? 

 発表されたS209の情報とともに、明らかにされなかった情報は関係者に取材。さらにS209の次に来る、STIコンプリートカーがどうなるのかも詳しく紹介していこう。

文/ベストカーWeb編集部小野正樹
写真/Subaru of America  STI


■アメリカで初めてSシリーズを発売!

ついに発表されたSTIのコンプリートカー、S209。限定200台で、2019年末に販売するというアナウンスがあった。ボディカラーはWRブルーパール/グレーホイール、クリスタルホワイトパール/ゴールドホイールの2色

シリーズ最新にして最強のS209。ドライカーボン製リアウイングが装着されている

 S209が発表された会場で流された映像には、STIコンプリートカーの架装を手掛ける桐生工業の組み立てライン、カモフラージュされたS209を筑波サーキットやヴァージニア・インターナショナル・レースウェイでのテスト風景、そして、平川良夫STI社長をはじめとするSTI開発陣の面々、ニュルブルクリンク24時間耐久レースシーンなどがドラマチックに映っていた。

 新しいSシリーズの発表の舞台が、アメリカ・デトロイトショーと聞いて驚いた人も多いのではないだろうか。今回、初めてSTIコンプリートカーの最高峰、Sシリーズをアメリカで発表したのには大きな意味があったのだ。

 中期経営ビジョン「STEP」で掲げるスポーツモデルの充実、STIモデルの進化の具現化を推し進めるため、日本だけでなくグローバル展開する布石として、STIが大きな舵を切った第一弾ということだ。

 アメリカでのSシリーズ発売を待ち望んでいる声が多く寄せられており、その声に応える形でSTIが開発を進めた。

 これまでアメリカ市場では2018年にWRX STIベースのタイプRAと、BRZ tSがそれぞれ500台で発売されたが、STIコンプリートカーの最高峰のSシリーズのアメリカでの発売は初となる。

 開発を主導したのはかつて現行WRX STIの開発主査を務め、現在はSTIに籍を置く、STI商品開発部部長の高津益夫氏だ。

※S209発表時の動画はこちら!

S209テスト現場でのSTI平川良夫社長

STI車両実験部の福田淳主査と山内英輝選手

■注目のエンジンは史上最強の341hp(345ps)を発生する2.5Lフラット4ターボ

329ps/44.0kgmを発生するEJ20のS208に対し、S209は約345psのEJ25を搭載する

鍛造ピストン、鍛造コネクティングロッド、強化バルブスプリング、大容量インジェクター、燃料ポンプなどが装着された専用チューニングのEJ25。左側手前は今回新規開発したエアインテークシステム。トランスミッションは6速MTのみ

 北米仕様のWRX STIタイプRAは、310hp(314ps)/40.0kgmを発生するEJ25型フラット4ターボを搭載しているが、S209はそれを大幅に上回る341hp(ps換算では345ps、開発目標値)を達成。最大トルクは公表されていないが46kgmあたりだろうか。

 今回S209を作るにあたって平川良夫STI社長は、8000rpmまで回るEJ20にするか、ピストンが重く高回転まで回らないものの、低中速トルクのあるEJ25か迷ったそうだが、最終的には北米で人気のある、EJ25を選択したという。

 あらゆる状況でも安心して気持ちよくアクセルを踏むことができるレスポンスを目指してSTIが専用チューニング。吸気系では専用の大型エアクリーナーと専用吸気ダクトを採用することで吸気抵抗を抜本的に低減、これまでにない吸入効果を上げた構造だ。

 専用開発のHKS製大径ターボチャージャー、大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラー(直径101mm、17%抵抗低減)、専用のECUなどを採用することで、歴代STIモデル最高となる、最高出力341hp(345ps)を発生している。

 ブースト圧は北米仕様のSTIの16.2psiに対し、18.0psiまで高められている。3600rpmでの中速トルクが10%向上したことにより、コーナーでの立ち上がりのスピードが速くなっているという。

 さらに、インタークーラーウオータースプレーを装備することで熱による性能低下を抑制しながら、専用設計の鍛造ピストンや鍛造コンロッドにより、量産エンジンとしての信頼性も確保している。

 ちなみに、2017年10月に発表されたS208のEJ20は329ps/44.0kgm(限定450台)、2018年7月19日に発表されたWRX STIタイプRA-R(限定500台)のEJ20も同じ329ps/44.0kgm。

■265/35R19サイズの幅広タイヤを収める専用ワイドフェンダー

S209のオーナメント、フロントアンダースポイラー、クローム加飾付きバンパーベゼル、バンパーサイドカナード、そして片側21mmずつ拡大したワイドフェンダーで武装するS209。フロントフェンダー上のエアダクトはエンジンルーム内の熱を逃がす、これまでにない構造

S208と同じドライカーボン製リアウイングにはS209のロゴが入る。

BBS製9J×19インチの鍛造アルミホイールにダンロップSP SPORT MAX GT600A 265/35R19タイヤを装着。住友ゴムと共同でゼロから開発し、グリップ性能のレベルはかなり高いという。シルバー塗装のブレンボ製ブレーキはS208と同じ

S209のロゴが入ったサイドガーニッシュ

 エクステリアで目立つのは、フロント、サイド回りでは専用のワイドフェンダーやフロントフェンダーのエアアウトレットとフロントバンパーサイトのカナード、S209ロゴ入りサイドガーニッシュだ。

 ちなみにフロントフロントバンパーのカナードは、ダウンフォースを発生させ、コーナリング時の速度を向上させる役割を持っている。

 フロントフェンダー上のエアアウトレットはエンジンルームに溜まった熱を逃がす構造になっており、これも新規開発。

 リア回りでは2つのエアアウトレットが開けられたリアバンパーやS209ロゴ入りのドライカーボン製リアスポイラーがスペシャル感を演出。

 特に22B-STIをリスペクトしたようなワイドフェンダーは迫力満点。このフェンダーに収まるのは歴代STIモデルで最大の幅を持つ265/35R19サイズのダンロップ製SP SPORT MAX GT600Aと伝統のゴールドカラーが眩しいBBS製鍛造19インチアルミホイールだ。専用タイヤは住友ゴムとゼロから開発したものでかなりの高グリップ性能だという。ちなみにS208が255/35R19、タイプRA-Rが245/40R18、北米仕様のタイプRAが245/35R19。

 サスペンションは、専用開発のビルシュタインダンパー(フロントストラットは倒立式)に専用コイルスプリング、強化ブッシュが装着されている。

 シャシー開発にあたってはニュルブルクリンク24時間レースに参戦しているレースカーから、その多くをフィードバックしている。

 今回、後席とトランクをつなぐボディとの境目に設置された新開発のリアのドロースティフナーやストラットタワーバー、ピロボールブッシュ・リアサスリンクといったSTI独自のフレキシブルパーツなどがそれだ。また軽量かつ車体剛性を高めるカーボンルーフ(S208ではNBRチャレンジパッケージに装着)を採用。

フロントフェンダー上に設置されたエアダクト

リアフェンダー後ろ、リアバンパーサイドに設置されたエアダクト

S208にも採用されたカーボンルーフを装着

■S208との違いはどこ?

2017年10月26日発表、11月12日までの期間限定450台。内NBRチャレンジパッケージ仕様は350台。価格:S208/626万4000円、S208NBRチャレンジパッケージ・カーボントランクリップ仕様/689万400円、NBRチャレンジパッケージ・カーボンリアウイング仕様/710万6400円。EJ20エンジン:329ps/44.0kgm。車両重量:1510kg。タイヤサイズ:255/35R19

 ここで改めて、S208との違いについて挙げてみたい。まず足回り&メカニズム。エンジンは前述の通り、S208は329ps/44.0kgmのEJ20、2L、フラット4ターボだが、S209はEJ25、2.5L、フラット4ターボが搭載され、341hp(345ps)を発生する。

 ただ、ベースとなるエンジンが異なるため、専用チューニングが異なるのは当然のこと。吸気系では大型エアクリーナー&専用エアクリーナーボックス、大径吸気パイプ、低圧損ダクトブーツ&インテークダクト、大径ターボチャージャー(S208はボールベアリングターボ)はS209専用品で、S208のウリのひとつだった専用髙出力バランスドエンジン&クラッチカバー&フライホイールはS209には採用されていない。

 鍛造ピストンや強化バルブスプリングのほか、低背圧パフォーマンスマフラーやインタークーラーウオータースプレー(パドルスイッチ付き)、VDC、アクティブトルクベクタリングなどはS208にも採用されていたパーツだ。

 足回りでは、まずタイヤとアルミホイールが違う。S209は265/35R19サイズのダンロップ製SP SPORT MAX GT600Aにゴールド塗装の9J×19インチのBBS製鍛造アルミホイールを組み合わせるのに対し、S208は255/35R19サイズのダンロップSPORT MAXX RT(吸音スポンジ付き)に8.5J×19インチのBBS製鍛造ホイールを装着している。S208のアルミホイールの色は標準仕様がシルバー塗装、NBRチャレンジパッケージがブラック塗装となる。

 最大のポイントはS208のフロントに採用されているビルシュタイン製倒立式可変ダンパー、ダンプマチックⅡがS209に装着されていないことだろう。このダンプマチックⅡによって上質な乗り心地を両立させていただけに、これが装着していないとなると、足は相当固く感じるかもしれない。

 そのほか、ブレンボ製ブレーキやSTI製フレキシブルタワーバーフロント、ドロースティフナー、ピロボールブッシュ・リアサスリンク、サポートフロントは共通採用パーツとなっている。

 細かいところを挙げれば11:1のクイックステアリングやSTIフレキシブルサポートサブフレームリアがS209には採用されておらず、逆にSTI製ショートストロークギアシフトレバーがS209に採用されている。

 エクステリア関係では前後のワイドフェンダーが大きく違う。ボディサイズをスペックで比べてみたが、S209が全長4620×全幅1839×全高1476mm、S208が全長4635×全幅1795×全高1470mmと、目立つのは全幅。なんとワイドフェンダーによって全幅が片側21mmずつ、計44mmも拡大していた(すべてインチをmm換算した数値)。

 さらにS209ロゴ入りサイドガーニッシュやフロントフェンダー上のエアアウトレット、バンパーサイドカナード、ブラックカラードアミラー(S208はサテンメッキ)などがS208と違う。

 ちなみに車両重量はS208が1510kg、S209が1580kgと、S208比70kg増だった。

 さて、S209はどのようなクルマに仕上がっているのか? これまでの情報をまとめると以下のようになる。

 ニュルブルクリンクのレースカーからフィードバックしたノウハウを注入して限界領域を上げ、S208を上回る速さを持ちながら、質感や快適性を兼ね備える。つまり普段使いを犠牲にしていないスーパースポーツ、それがS209といえそうだ。

 

STI製ウルトラスウェード巻きステアリングやSTI製本革巻きMTシフトノブ、インパネセンターバイザー、センターコンソール、ドアアームレストなどにシルバーステッチが入る

レッド塗装のS209のロゴ入り加飾パネル

センターコンソールに設置されたS209のシリアル入りナンバープレート

サイドステッチ+シルバーアクセント、STI、S209のロゴが入ったRECARO製フロントシート。リアシートはシルバーステッチ、シルバーアクセントが入る

S209のブースト圧は北米仕様のSTIの16.2psiに対し、18.0psiまで高められている

■アメリカのみ限定200台、日本販売はまったくなし。予想価格は日本円で750万〜800万円

S209が仕立てられる桐生工業。S208は日産3〜4台だったがS209は日産2台という

 S208に施されたチューニング内容に加えて、さらに1.5倍増しになった感のあるS209だが、当然アメリカだけでなく、日本でも販売されるだろうとSTI関係者に聞いてみたが、きっぱりと言われてしまった。

「このS209は開発当初からアメリカ仕様のEJ25を搭載したWRX STIを開発したもので、はじめから日本での発売はまったく想定していません」

 ちょっぴり期待していたのだが、がっかり……。

 ちなみに、S209は限定200台で2019年末に発売されるそうだ。価格は発表されていないが、2018年に北米で発売されたタイプRAが4万8995ドル(約550万円)、ドライカーボンリアウイングやカーボンルーフの付いたS208NBRチャレンジパッケージが710万6400円ということを考えると、S209の予想価格は750万〜800万円くらいだろうか。

■S209の次ははたしてあるのか?

200台限定で北米のみ販売するとはもったいない! 欲をいえば次回作は22B-STIバージョンのようなブリスターフェンダーにしてほしい

 しかし、STI関係者からS209の次のコンプリートカーの開発を検討している、という情報を掴んでいる。当分、2019年末までにS209の生産が日産2台で行われるが、2020〜2021年にかけて、EJ20を積んだ現行VAB型WRX STIベースのSTIコンプリートカーが登場する予定。それが、S209になるのか、20B-STIバージョンになるのか、350〜380psになるのか、まだわからないが、いずれにしても最後のEJ20を積んだWRX STIベースのSTIコンプリートカーとなる。

 これまでのSTIコンプリートカーは発表した途端即完売ばかり。それでもなかなかSTIは次のコンプリートカーを出さないものだから、業を煮やしたスバリストのために、群馬のスバルディーラーが製作したTC380や南アフリカ・スバルが製作したダイアモンドエディションが登場した。案の定、すぐに完売してしまった。このように、STIのコンプリートカーに対する要望が年々高まっているのだ。

 そのようななかにあって、STIがなかなかコンプリートカーを出さないのはなぜか? 私は常々、STI車両実験部の森さんや高津さん、福田さんから、「闇雲にエンジン馬力をあげるならとっくにやっている」という話を聞かされている。開発や耐久試験のハードルが高いSTIだけに相当神経質に開発をしていることが想像できるから、日本ではなかなか厳しいのではないかと思っている。

 でもやはり海外勢の状況を見ていると、出してほしいというより、日本のスバリストのためにスーパースポーツを出すべきではないかと思う。

 さて、S209に続く新しいSTIコンプリートカーは、開発が順調に進めば、早ければ今秋の東京モーターショーで発表される予定。その名がS210になるのか、20B-STIバージョンになるのか、まだわからないが、情報が入り次第、すぐにお伝えしよう。

 日本のスバリストがS209に続くSTIのコンプリートカーを発売して、という要望をSTIにもっと出すべきではないだろうか。その声がSTIに大量に届けばSTIコンプリートカーの発売が早くなるかもしれない。

■S209の専用装備品一覧

【メカニズム】

●STI製ビルシュタイン フロントストラット(倒立式)&コイルスプリング
●STI製ビルシュタイン リアダンパー&コイルスプリング
●STI製BBS19インチ×9.0J鍛造アルミホイール
●ダンロップ製SP SPORT MAX GT600A 265/35R19タイヤ
●ブレンボ製前後ベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロックキャリパー<前:対向6ポット、後:対向2ポット、シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド>)
●STI製フレキシブルタワーバーフロント
●STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント/リアシートバック)
●STI製ピロボールブッシュ・リアサスリンク(ラテラルリンク前後)
●STI製サポートフロント
●鍛造ピストン
●鍛造コネクティングロッド
●強化バルブスプリング
●強化クラッチ
●大容量インジェクター&燃料ポンプ
●専用低圧損インテークダクト
●大型エアクリーナー&専用エアクリーナーボックス
●大径吸気パイプ
●低圧損ダクトブーツ
●大径ターボチャージャー
●低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)
●専用ECU
●パフォーマンスシュラウド
●インタークーラーウオータースプレー(パドルスイッチ付き)
●モチュール製5W-40エンジンオイル
●エンジンソレノイドブラケット(シリアルナンバー入り)
●VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
●アクティブ・トルク・ベクタリング
●STI製ショートストロークギアシフトレバー

【操作性・計器盤】

●ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付き、STIロゴ入り)
●マルチファンクションディスプレイ(STIロゴウェルカム画面表示付き)
●インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き+シルバーステッチ)
●ウルトラスエード巻きステアリングホイール(STIロゴオーナメント付き、シルバーステッチ)
●STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
●STI製本革巻きMTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)およびシフトブーツ(シルバーステッチ)

【オーディオ】

●6スピーカー(フロント4点+リア2点)
●スターリンク7.0インチマルチメディアオーディオ
●ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

【内装】

レカロフロントシート(シルバーステッチ+シルバーアクセント、STIロゴ+S209ロゴ入り、SRSサイドエアバッグ、シートヒーター付き)
●シルバーステッチ+シルバーアクセント付きリアシート
●インパネ加飾パネル(レッド、S209ロゴ入り)
●サイドシルプレート(S209ロゴ入り
●ドアアームレスト(シルバーステッチ)
●センターコンソール加飾パネル(シルバーステッチ)
●シリアルナンバープレート(コンソール)
●サブトランク(タイヤパンク修理キット付き)

【外装】

メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S209オーナメント付き)
●フロントアンダースポイラー
●サイドアンダースポイラー
●リアサイドアンダースポイラー
●バンパーサイドベゼル(スチールメッシュ&クロームメッキ加飾付き)
●バンパーサイドカナード
●ワイドフェンダー(フロント+リア)
●フロントフェンダーエアアウトレット
●S209ロゴ入りサイドガ―ニッシュ
●リアバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付き)
●S209リアオーナメント
●ドライカーボンルーフ
●ブラックカラードドアミラー
●ドライカーボンリアスポイラー(S209ロゴ入り)

S209と同時に発表された2019年モータースポーツ仕様のカラー。WRCファンには懐かしい伝説のWRCカラーが復活した。これはWRC復活への足がかり?

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ