ついに発表 最強STIコンプリートカーS209 日本未発売!? 「次」はどうなる!?!?


 日本時間2019年1月15日午前2時40分、アメリカ・デトロイトモーターショーにおいて、スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)がSTIコンプリートカー、S209を発表した。

 アメリカ市場では初めてSシリーズが発売することになったのだが、気になるのは日本でも発売するのかということ。限定何台で販売されるのか? 価格はいくらなのか? 

 発表されたS209の情報とともに、明らかにされなかった情報は関係者に取材。さらにS209の次に来る、STIコンプリートカーがどうなるのかも詳しく紹介していこう。

文/ベストカーWeb編集部小野正樹
写真/Subaru of America  STI


■アメリカで初めてSシリーズを発売!

ついに発表されたSTIのコンプリートカー、S209。限定200台で、2019年末に販売するというアナウンスがあった。ボディカラーはWRブルーパール/グレーホイール、クリスタルホワイトパール/ゴールドホイールの2色

シリーズ最新にして最強のS209。ドライカーボン製リアウイングが装着されている

 S209が発表された会場で流された映像には、STIコンプリートカーの架装を手掛ける桐生工業の組み立てライン、カモフラージュされたS209を筑波サーキットやヴァージニア・インターナショナル・レースウェイでのテスト風景、そして、平川良夫STI社長をはじめとするSTI開発陣の面々、ニュルブルクリンク24時間耐久レースシーンなどがドラマチックに映っていた。

 新しいSシリーズの発表の舞台が、アメリカ・デトロイトショーと聞いて驚いた人も多いのではないだろうか。今回、初めてSTIコンプリートカーの最高峰、Sシリーズをアメリカで発表したのには大きな意味があったのだ。

 中期経営ビジョン「STEP」で掲げるスポーツモデルの充実、STIモデルの進化の具現化を推し進めるため、日本だけでなくグローバル展開する布石として、STIが大きな舵を切った第一弾ということだ。

 アメリカでのSシリーズ発売を待ち望んでいる声が多く寄せられており、その声に応える形でSTIが開発を進めた。

 これまでアメリカ市場では2018年にWRX STIベースのタイプRAと、BRZ tSがそれぞれ500台で発売されたが、STIコンプリートカーの最高峰のSシリーズのアメリカでの発売は初となる。

 開発を主導したのはかつて現行WRX STIの開発主査を務め、現在はSTIに籍を置く、STI商品開発部部長の高津益夫氏だ。

※S209発表時の動画はこちら!

S209テスト現場でのSTI平川良夫社長

STI車両実験部の福田淳主査と山内英輝選手

■注目のエンジンは史上最強の341hp(345ps)を発生する2.5Lフラット4ターボ

329ps/44.0kgmを発生するEJ20のS208に対し、S209は約345psのEJ25を搭載する

鍛造ピストン、鍛造コネクティングロッド、強化バルブスプリング、大容量インジェクター、燃料ポンプなどが装着された専用チューニングのEJ25。左側手前は今回新規開発したエアインテークシステム。トランスミッションは6速MTのみ

 北米仕様のWRX STIタイプRAは、310hp(314ps)/40.0kgmを発生するEJ25型フラット4ターボを搭載しているが、S209はそれを大幅に上回る341hp(ps換算では345ps、開発目標値)を達成。最大トルクは公表されていないが46kgmあたりだろうか。

 今回S209を作るにあたって平川良夫STI社長は、8000rpmまで回るEJ20にするか、ピストンが重く高回転まで回らないものの、低中速トルクのあるEJ25か迷ったそうだが、最終的には北米で人気のある、EJ25を選択したという。

 あらゆる状況でも安心して気持ちよくアクセルを踏むことができるレスポンスを目指してSTIが専用チューニング。吸気系では専用の大型エアクリーナーと専用吸気ダクトを採用することで吸気抵抗を抜本的に低減、これまでにない吸入効果を上げた構造だ。

 専用開発のHKS製大径ターボチャージャー、大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラー(直径101mm、17%抵抗低減)、専用のECUなどを採用することで、歴代STIモデル最高となる、最高出力341hp(345ps)を発生している。

 ブースト圧は北米仕様のSTIの16.2psiに対し、18.0psiまで高められている。3600rpmでの中速トルクが10%向上したことにより、コーナーでの立ち上がりのスピードが速くなっているという。

 さらに、インタークーラーウオータースプレーを装備することで熱による性能低下を抑制しながら、専用設計の鍛造ピストンや鍛造コンロッドにより、量産エンジンとしての信頼性も確保している。

 ちなみに、2017年10月に発表されたS208のEJ20は329ps/44.0kgm(限定450台)、2018年7月19日に発表されたWRX STIタイプRA-R(限定500台)のEJ20も同じ329ps/44.0kgm。

次ページは : ■265/35R19サイズの幅広タイヤを収める専用ワイドフェンダー

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ