最近急増中 対向車のヘッドライトが眩しい原因はこれだった!!!


■クルマのヘッドライトの特性が原因になっているケースもある

新型ポルシェ911カレラ4SのLEDヘッドライト

 だが、最近は、対向車の車種の特性に原因があるケースも増えてきた。これはヘッドライトの配光特性が変化してきたことにある。プロジェクタータイプやマルチリフレクタータイプのヘッドライトになって、照らす部分とそうでない部分がクッキリと分かれるようになってきた。それはロービームの上限ギリギリまで強い光が配光されているということだ。

 従来のライト表面のカバーにあるレンズが配光特性を決める従来のヘッドライトでは、HIDのところで書いたように周囲に拡散する光が、自車の存在を知らせて安全につながる要素も大きかった。

 ところがプロジェクタータイプのライトでは、光源が放つ明かりを照らしている範囲に集中させることで、よりクッキリと明るく照らしているのだ。

 これの何が問題かというと、路面の起伏や勾配による車体の動きにより従来であればロービームの上限の弱い光がチラチラと揺れる程度で済んでいたものが、、ロービームのままでもハイビームと同じような配光になってしまう状況が起きているのだ。

■現在、導入が進んでいるアダプティブ・ヘッドランプ

※動画はマツダのアダプティブ・LED・ヘッドランプ

 ドライバーが求める夜間の視界と、対向車への幻惑防止を兼ね備える手段として、現在導入が進んでいるのがAHL(アダプティブ・ヘッドランプ)だ。

 これは自動ブレーキが前方の障害物をカメラやレーザーで認識するのと同様、カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを認識してその明かりの方向だけLEDを消灯して複雑な配光を実現する。

 これによって先行車や対向車のドライバーを幻惑することなく、遠くまで照らし視界を確保してくれるのだ。このAHLは乗用車市場全体で見ると、採用している車種はまだまだ少ない。

 簡易型ともいえるAHS(オートマチック・ヘッドライト・システム)と呼ばれる、対向車などの有無によってライトのハイローを自動的に切り替えてくれる装備のほうが採用は進んでいるが、こちらは対向車がいると左側の視界まで照らす範囲を下げてしまう。

 AHLの導入以外では、国土交通省に道路の形状を改善してもらうよう働きかけるしか、対策方法はなさそうだ。

 少なくとも交差点の周囲では上り勾配から下り勾配へと変わるような起伏を避けるべきだろう。交差点の構造上、従来は割けられない問題でもあったが、クルマがこう進化している以上、道路も交差点を低く設定して上り勾配を避けるようにするべきだ。

次ページは : ■対向車のヘッドライトが眩しいと感じたらどう対処したらいいか?