新型CX-30投入の意味と理由 変わるマツダが狙う新たな立ち位置


マツダの商品ラインナップが新たな段階に入ろうとしている。

新型マツダ3(従来の日本名:アクセラ)は、2019年3月上旬から一部の販売会社で予約受注を開始し、5月中旬に発売される。プラットフォームは刷新され、ディーゼルのような圧縮着火を併用する新しいガソリンエンジン「スカイアクティブX」も搭載予定だ。

そして、2019年3月5日にジュネーブモーターショーで、新型SUVのマツダ CX-30を発表した。このモデルも新プラットフォームやエンジンを搭載して、2019年夏から欧州を皮切りに順次発売される。

この新型CX-30、サイズは小型SUV「CX-3」とミドルSUV「CX-5」の中間に位置するとはいえ、両車との違いは僅か。一見するとCX-30の立ち位置はハッキリしないようにも見える。

しかし、このサイズは立体駐車場に収まる都市型クロスオーバーの寸法で、スバルのXV等と極めて近い大きさ。これは今までのマツダ車にはなかったキャラクターといえる。車名に“二桁の数字”を与えられたCX-30から、名実ともに“新しいマツダ”が始まりそうだ。

文:渡辺陽一郎
写真:Newspress Ltd.、MAZDA、SUBARU


単なるCX-3と5の“間”じゃない!! CX-30の新たな立ち位置

ブラックのフェンダーアーチがSUVらしさを主張する新型CX-30。フォルムはマツダの新世代車種第一弾となる新型マツダ3に近い。SUVながら1550mmという低めの全高もトピックだ

CX-30はコンパクトサイズのSUVに分類される。全長は4395mm、全幅は1795mm、全高は1540mmだから、CX-3に比べると120mm長く、30mm広く、10mm低い。

CX-5に比べると150mm短く、45mm狭く、150mm低い。現在のマツダのSUVでは、CX-3とCX-5のサイズ格差が大きいため、この間を埋めるのがCX-30といえそうだ。

CX-30のホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2655mmで、CX-3に比べると85mm長いから、後席の足元空間も拡大される。CX-3の後席と荷室は、デミオに近い最小限度のスペースで、内外装と運転感覚は上質でもファミリーカーとして使いにくい。CX-30は後席の居住性や実用性を高めたから、さまざまな用途に利用できる。

ただし、CX-30は、CX-3とCX-5の間を単純に埋めるSUVではない。全高は1540mmで、SUVの中では背を低く抑えた。外観は5ドアハッチバックに近い。

ボディを真横から見ると、基本的なプロポーションはCX-3に似ているが、CX-30の方が低くて長いからスマートに見える。デザインも異なり、CX-3に比べると、サイドウインドウのラインを水平に近付けた。

一方でドアパネルやフェンダーにはボリュームのあるラインが描かれ、基本形状はシンプルでも、CX-30はボディパネルの映り込みが美しい。SUVの野性味は乏しいが、都会的なスペシャルティカーの雰囲気を強めた。中国で販売される5ドアクーペ的なCX-4ほど個性的ではないが、CX-3やCX-5とは持ち味が異なる。

マツダによるCX-30の説明文も「日々の生活の中で(中略)人生を豊かに過ごしていただきたい」とされ、広い室内など日常的に使いやすいSUVであることをアピールしている。

CX-30はスバルXVに近い「クロスオーバー」

スバル XVのサイズを示した図。CX-30はこれに極めて近いサイズを持つ。スバルがインプレッサをベースにXVを作ったように、CX-30もマツダ3に対するクロスオーバー的な位置づけといえる

このCX-30の位置付けは、日本車ではトヨタ C-HRとスバル XVに近い。両車とも全長は4400mm前後に収まり、全高は1550mmだ。CX-30とほぼ同じ大きさで、立体駐車場も利用しやすい(C-HR・4WDの全高は1565mmになる)。

輸入車であれば、BMW X2、アウディ Q2などに近い位置付けだ。X2とQ2も、全高が1550mm以下に収まる。SUVの流れの中では、いずれも新しいタイプに位置付けられる。

過去を振り返ると、SUVはジープに代表される悪路を走りやすい車として誕生。日本でも初代パジェロが発売された1982年から1990年代の前半まで、好景気に乗ってオフロードSUVがブームを迎えている。

しかし、需要は長続きしなかった。オフロードSUVは悪路走破力を高めたシャシーと足まわり、駆動力を増幅させる副変速機を備えた4WDなどを搭載するため、ボディが重く価格は高いからだ。デコボコの激しい悪路を走ればメリットを実感できるが、街中だけで使うと欠点ばかり目立ってしまう。

そこで登場したのが、乗用車のプラットフォームや駆動システムを使うシティ派SUVであった。ボディはさほど重くないから、走行安定性、動力性能、燃費などが優れ、共通化によるコスト低減で価格もあまり高まらない。悪路走破力はオフロードSUVに劣るが、雪道程度なら十分に走破できるから、日本のような都市部を中心にした使い方では不満が生じにくい。

そして、従来のカテゴリーでは得られなかったシティ派SUVの魅力に「格好良さと実用性の両立」があった。ボディの下側は、大径タイヤの装着などにより、オフロードSUV風で迫力が伴う。

ボディの上側はワゴンや5ドアハッチバックに準じた形状だから、居住性が快適で荷物も積みやすい。オフロードSUVに比べて床が低いため、乗り降りがしやすく、全高が同じであれば室内高も確保しやすい。

格好良くて実用的なシティ派SUVは、北米、新興国の中国も含めて人気のカテゴリーになり、各国の自動車メーカーが一斉に参入した。

このシティ派が、SUVの第2世代に位置付けられる。「格好良くて実用的」な万能タイプだから、日常的に使いにくかった第1世代と違って需要が廃れることはない。マツダでいえばCX-5のようなSUVは、今後も主力車種として生き残る。

次ページは : マツダがいまCX-30を発売したワケ