【ベンツ 輸入車4年連続1位!!】日本人を裏切らない絶対王者 人気の秘密は?

■Eクラス 5位1万454台/蓋を開けるとBMW5シリーズを圧倒!

2016年7月に発売されたEクラス。デザイン的にはCクラスに似ているが乗って見ると違いがすぐにわかる。後席の居住性に不満なし

次いで売れたEクラスは、正直ちょっと意外な気がした。それはCクラスとのカニバリゼーション(共食い)が起こっていることと、以前ほどCクラスでなくEクラスでなければ得られないものが薄れたように感じていたから。

あるいは、SクラスのユーザーはSクラスを乗り継ぐが、CクラスやEクラスの人は意外と移り気だという話を聞き、競合するBMW5シリーズの出来がかなりよいので、そちらに目が向いた人が少なくないように思っていたのだが、フタを開けてみるとEクラスの圧勝だった。

そんなわけでEクラスがこれほど売れているとは筆者としては予想外だったのだが、やはりその人気は根強いものがあるということだろう。

加えて売れた理由のひとつとして、出来のよいワゴンの存在が小さくないように思う。いまやハイグレードなワゴンを探すと選択肢がかなり限られる中で、その急先鋒といえるのがEクラスワゴンだからだ。

また、W210からW212にかけてのEクラスはチャレンジングなデザインで新しい方向性を模索したものだが、賛否両論だったことを受けてか、W213ではCクラスやSクラスと共通性の高いデザインとされたのは見てのとおり。

当時のメルセデスとしては新境地を開拓したかったのだろうが、実際に購入するユーザーにとっては安定感のある定番的なほうが歓迎されるということのようだ。

■Aクラス 12位6465台/2019年はさらに激増すると予想

2018年10月18日から受注が開始された新型メルセデスベンツAクラス。A180が328万円、A180スタイルが369万円と、メルセデスのエントリーモデルとしてはお求めやすい価格

Aクラスは昨年の期間の大半がモデル末期だったにもかかわらず大健闘した。むしろ新型になった2018年10月18日から年末までの2カ月あまりで、まとまった台数の登録があり、それが数を押し上げたとも考えられる。

Aクラスはデビュー以来ずっと安定して売れている、基本商品力の高いモデルである。それがモデルチェンジして、より魅力的に成長した。

新装備「MBUX」の搭載や積極的なマス広告による話題性や、実車の展示を増やして人の目に触れる機会をつくったことなどが功を奏し、多くのユーザーに興味を持ってもらえたことが数につながったとメルセデスベンツ日本でも考えているという。

今年は販売台数が激増することが予想されるため、メルセデスベンツのラインアップのなかで1位になるのは確実だろう。

「ハイ!メルセデス」と呼びかけて起動し、自分の言葉や指先で操作できる最新のインフォティメントシステム、MBUXが話題沸騰中

■GLC 13位6316台/CクラスベースのミドルクラスSUV

CクラスベースのGLCのボディサイズは全長4660×全幅1890×全高1645mm

GLCはデビュー以来、それなりに高価なクルマでありながら常にJAIAのトップ20位以内に入る台数を販売しつ続ける、メルセデスSUVを牽引するモデルとなっている。

人気の要因として、堂々としたメルセデスらしいSUVスタイル、Cクラス譲りの質感をはじめ、充分な居住性、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド、ハイパワーモデルと多彩に取り揃えたラインアップなどが挙げられる。

次ページは : ■CLA 15位6169台/間もなく新型が日本発売!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!