こうしていれば売れたかも!? とてもステキだったガッカリ絶版車 7選

 売れずにひっそりと姿を消した悲しき生産終了車たち。もし、売れなかった原因、がっかりポイントを直していれば、生産終了にならずに済んだかも……。

 そんな生産終了車7台を、モータージャーナリストの清水草一氏が惜別の意味を込めて、お届けする。

文/清水草一
写真/ベストカーWEB編集部


■こうしていれば、もうちょっと売れただろうに!

 クルマたちは生まれては消えていく。諸行無常である。といっても、消えるクルマがないと、車種は無限に増えてしまう。よって、売れないクルマが消えないと新しいモデルが出せない。

 新陳代謝は必要なのだが、我々日本人は滅びゆくものが好き。生産終了が決まったモデルたちに、惜別の意味を込めて、「こうすればもうちょっとよかっただろうに!」というレイクエムを送ろうではないか。

■トヨタFJクルーザー:生存期間/2010年12月~2018年1月

人気の高かったランクル40風のレトロデザインを採り入れたFJクルーザー。ランクルプラドと同じラダーフレームに4L、V8を搭載。ピラーレスの観音開きドアも特徴のひとつ

 このクルマは実にステキだった。あのレトロマンガチックなデザインを実車化しただけで凄いのに、それを324万円という、兄弟的な立場にあるランクルプラドよりはるかに安い価格で売ってくれてたんだから! この内容でこの価格は、トヨタの奉仕品としか言いようがなかったのでございます。

 なのにFJクルーザーはさっぱり売れなかった。どーして? やっぱりこういう遊びの入ったデザインは、本格的なクロカンを志向するユーザーには刺さらないのでしょうか。

 個人的には、FJクルーザーは燃費が悪すぎたとは思います。エンジンは4L、V6のみ。JC08モード燃費は8.0㎞/L。実質5~6㎞/Lしか走らない。

 ランクルの一員だけにしかたないとはいえ、見た目がライトなのでこれがキツかったんじゃないか?

■もしこうしていれば、売れたかも!?

  アメリカでFJクルーザーを売り始めたのは2006年3月。日本で売ったのは2010年12月。その間、並行輸入で日本に入ってきていた。

 トヨタは日本で売れるかどうか心配だったのかもかもしれないが、日本で売りはじめたのが遅すぎた。ちょっと旬を過ぎてから日本で売ったという感じがあったよね。

 車両重量は約2トンだけど、今の時代、2トンくらいのクルマは、2Lターボでも走らせられるはず。やはり大排気量ガソリンエンジンは税金高いし、時代遅れ。

 あとはディーゼル! もうちょい気軽に乗れるエンジンが積まれていれば、もうちょっと長生きできたでしょう。

■トヨタアベンシス:生存期間/2011年9月~2018年4月

欧州では2009年1月から販売された3代目アベンシス。日本ではステーションワゴンのみ販売。デザインはトヨタヨーロッパ、生産工場はトヨタ英国工場。欧州仕様には2Lおよび2.2Lディーゼルエンジンが用意されていたが日本仕様は2L、直4ガソリンのみ

 2代目アベンシスが日本で発売されたとき、そのプロトタイプに乗って本当に感動したもんです。トヨタって欧州向けにはこんなに足回りのいいクルマ売ってるのか! って。これは逆差別だ! とすら思いましたよ。

 でも、日本に逆輸入されたアベンシスは売れなかった。でもぜんぜん売れなかった。

 それでもトヨタは、3代目アベンシスも日本に逆輸入した。なぜ? どーして? とは思いました。国内向けのステーションワゴンのラインアップがないから、って話だったけど、まぁとにかくアベンシスは3代目も逆輸入され、そしてやっぱりウルトラ販売不振で販売終了となりました。

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 アベンシスもいいところは、なんといっても欧州向けそのまんまのシャシーの味付けにあったわけだけど、3代目アベンシスの最大の欠点は、見た目があまりにも地味だったこと! 

 ヨーロピアンな雰囲気も皆無で、ただただセンスのない、「私は地味でございます」みたいな日陰のデザインだった。

  ヨーロピアンな走りをするんだから、デザインもヨーロピアンだったらなぁ。初代プリメーラみたいな感じでよかったんだけど。あとは値段(300万円弱)ですね。もうちょっと安かったら、売れてたのに……と思います。

■マツダプレマシー:生存期間/2010年7月~2018年1月

NAGARE(ながれ)のデザインを具現化したミニバンが3代目プレマシー。ボディサイドのキャラクターライン、NAGAREラインは非常に凝ったものだったが、2011年6月に日産へOEM供給されたラフェスターハイウェイスターにはNAGAREラインは採用されなかった。このプレマシーをもってマツダのミニバンラインアップは消滅した

 プレマシーはいいクルマだった。ハンドリングはミニバンNO.1! だったんじゃないか。 マツダのZOOM ZOOMな走りがそのまんまミニバンで実現! こんなヨーロピアンな走りをするミニバンはプレマシーだけ! だった。

 でも、プレマシーは売れなかった。こういう背の低いミニバンという時点で、時代にそぐわなくなっていたんだよね。でもビアンテも売れなかったし、「背を高くすりゃよかったのに」とも言えない。

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 じゃどーすりゃよかったのか? 個人的には、プレマシーの最大の欠点はカッコよくないことだと思ってました。

 サイドの水が流れたみたいなキャラクターラインはあんまり意味ないというか、気づく人いなかったんじゃないでしょうか。せめてデザインでハッとさせてくれれば、売れなくても「惜しいクルマをなくしたなぁ」っていう思いは増したはず。

 プレマシーは登場の時期が悪かったんだよね。マツダデザインが現在の前田育男体制になったのは、プレマシー発表2年後くらい。このプレマシーは前任ローレンス・ヴァン・ デン・アッカーがデザインしたもの。

 前田さんの「魂動デザイン」が注入されてりゃなぁ。RXヴィジョンみたいな超スタリッシュなフォルムのミニバンだったら、売れそうな気がしませんか? まあコワモテがウケる今の日本のミニバン市場じゃ、売れないでしょうけど……。マツダは歌舞伎顔のビアンテでも失敗しているしね。

■マツダMPV:生存期間/2006年3月~2016年3月

デザインコンセプトは「刀の研ぎ澄まされた質感」、CMキャッチコピーは「スポーツカーの発想でミニバンを変える」。ボディサイズは全長4860×全幅1850×全高1685㎜と国内ミニバン最大級のサイズだった

 MPVは実にステキなミニバンだった。走りはマツダらしくメッチャよかったし、デザインもミニバンとしては猛烈にカッコよかった。アメリカンで大らかな雰囲気があって、所帯じみた感じがまるでなくて。これに乗ればガイジン家族になれる! みたいな。

 でも、MPVは売れなかった。全幅は1850mm。やっぱりサイズがアメリカン過ぎたような気がする。でもアメリカでは売らなかったんだよね、先代が販売不振で……。アメリカで売れず、日本で売れず、中国でもアジアでも売れず。世界中で売れなかった。ナゼ!?

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 アメリカでは小さすぎて、日本では大きすぎたんでしょうか。少なくとも日本ではデカすぎたし、その割に顔がシュッとヨーロピアンで、アルファード系みたいな押し出し感は皆無。いいクルマ過ぎて、理想を追い過ぎて売れなったとしか言いようがない。

 だからって、顔をアルファードっぽくすれば! とも言えないしなぁ。あえて言えば、「せめて全幅が1800mm未満だったら」くらいの感じでしょうか。MPVは理想を追って滅んだのだからアッパレじゃ! うむう。

■日産ウイングロード:生存期間/2005年11月~2018年3月

2018年3月24日に販売終了したウイングロード。3代22年の歴史に幕を閉じた。これに伴い、日産の3/5ナンバー登録のステーションワゴンがすべて消滅となり、ステーションワゴン市場から撤退。なお、派生車種のNV150ADは生産販売を継続している

 初代、2代目のウイングロードは、「クルマはこれでいいじゃん!」という、いい意味での割り切りが感じられるステーションワゴンだった。私はウインロードの前身であるADワゴンに乗ってたことがあるけど、貧乏フェラーリオーナーのふだんの足として重宝しましたよウフフ~。

 しかし3代目ウイングロードは、デザインで大失敗した。余計な部分がないのがウイングロードの美点だったのに、あのヘンテコなツリ目ヘッドライト、変なルーフラインは何!? そういえば、ウナギイヌと揶揄されてもいましたね。

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 2代目ウイングロードは2001年のビッグマイナーチェンジで一気にフロントマスクのデザインを変えてスマッシュヒット。

 でも3代目は最後まで変えなかった。そもそも元のデザインがよくないですが……。売れなくなって、コスト的にボディパネルの設計変更ができなくなったんでしょうかねぇ。

 ウイングロードは、2代目の時のように、なんにもしない「素」のデザインでいれば、もうちょっと長生きできたでしょうに。ウイングロードはシンプル・イズ・ベストに徹すればよかったのに。

■スバルエクシーガ・クロスオーバー7:生存期間/2008年6月~2018年3月(クロスオーバー7)

ミニバンモデルの「エクシーガ」として2008年6月から2015年3月まで製造され、同年4月からミニバンから大きく路線変更し、大幅改良を施したクロスオーバーSUVモデル、エクシーガ クロスオーバー7を発売。2018年3月に販売終了

 国内市場はミニバンがなきゃどーにもならない! でもOEMのトラヴィックは大失敗! じゃあしょーがない、レガシィをベースにミニバン作ったる! ということで生まれたのが、エクシーガでございますね。

 でもエクシーガは売れなかった。やっぱ3列目が狭いし、乗り降りも大変だったしなぁ。結局背の低いミニバンはダメ! ってことで、エクシーガはクロスオーバー7という名のクロスオーバーSUVに衣替え。それでもやっぱり売れなった。

 まぁ、売れないのはわかりますよ。スバル車ってのは、全身全霊を打ち込んで作られてるからこそ輝くんであって、なんかこう中途半端だったんだよね、エクシーガって。

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 これなら、フォレスターのロングホイールベース版に3列シートをブチ込んだ、マツダCX-8のスバル版みたいなものだったらよかったのに。

 なんつって、CX-8が成功したから言ってるけど。後出しジャンケンでスマン。とはいってもアメリカで販売している3列7人乗りの大型SUV、アセントは大きすぎて日本じゃ売れないだろうしねえ。

■トヨタiQ:生存期間/2008年11月~2016年4月

全長2985×全幅1680×全高1500㎜というトヨタのマイクロコンパクト。エンジンは1Lと1.3LでCVTと組み合わせている

 iQのデザインは大変インプレッシブでステキだったが、コンセプトはあまりにも中途半端だった。なによりイカンのはあのリアシート! あんなところに人間が座るか! 子供だってキツイ! 追突されたらモロ潰れるだろうし。

 トヨタは、2人乗りじゃスマートフォーツーの二番煎じと思ったのか、とにかくiQは、2列シート(4人乗り)という中途半端さがイカンかった! 

■もしこうしていれば、売れたかも!?

 iQは2人乗りで、もっと全長が短かったら、まだしも存在感を発揮できたかもしれない。少なくとも、スマートフォーツーの路駐縦止めが認められてる欧州では。日本ではまぁ、何やっても台数は出なかったでしょうけど。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ