ガソリン価格に異変あり!! フルサービスとセルフの価格差急接近 何が起こっているのか?


■税金が半分近くを占めているという特殊性

 ガソリン1Lの価格には53.8円のガソリン税(揮発油税と地方揮発油税の合計)、軽油には32.1円の軽油引取税が含まれている。さらに平成28年からは地球温暖化対策という名目で石油税が2.8円、ガソリンと軽油それぞれに課せられている。

 ガソリンの価格が安かった 2016年前半の頃は、販売価格のおよそ半分は税金だったのである。これほど税負担が大きい商品はちょっとほかには見当たらない。

 このガソリン税が含まれる燃料代に、さらに消費税が課せられるのは二重課税ではないか、という論争がある。課税派は、さまざま石油製品の原料には消費税が掛かっているのと同様、揮発油税の納税者は石油会社なので、製造コストに含まれるというのが、その根拠だ。

 しかしガソリンという製品に課せられる税金なのだから、消費税はガソリン税を除外した金額に課税すべきだと思うのはユーザーの自然な感情ではないだろうか。

 昔はガソリン税などの説明がレシートに記載されていたものだが、最近はガソリンスタンドで給油をしても、単価と数量、消費税だけしか記載されていないレシートが多い。これはきっと何らかの意図があって、ガソリン税や石油税を目立たなくさせているのではいだろうか。

■都道府県別ガソリンが安い県、高い県

 ここで資源エネルギー庁が3月13日に発表した、レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油の全国平均価格を紹介しておこう。レギュラー、ハイオク、軽油ともに前週より0.2円アップのレギュラー145.1円、ハイオク155.9円、軽油126.0円となっていて、4週連続の値上がりとなっている。

 では、都道府県別で、高い県と安い県はどこだろうか? レギュラーガソリンの店頭小売平均価格を見てみよう。

■レギュラーガソリンが高い都道府県上位5
1位/長崎県、157.1円
2位/鹿児島県、153.9円
3位/大分県、153.1円
4位/長野県、151.8円
5位/沖縄県、150.5円

■レギュラーガソリンが安い都道府県上位5
1位/徳島県、138.3円
2位/埼玉県、140.0円
3位/千葉県、140.8円
4位/岡山県、140.9円
5位/石川県、茨城県、141.4円

 最も高い長崎県の157.1円と、最も安い徳島県の138.3円では、なんと18.8円の差があった。ちなみに東京は145.7円。なぜ、ここまでガソリン価格の地域差が生まれるのだろうか?

 まず、こうした地域による価格差は、油槽所からの距離に応じた物流コストによって高くなったり、安くなったりする。また、販売量の多い都市部では競合も多くなり安くなる。

 地域別に見ていくと、埼玉、千葉、茨城などは油槽所に近いメリットと、競合する給油所、販売量の多さで、価格が安くなっている。安さ1位の徳島は安売りのガソリンスタンドが乱立し、価格競争が激化しているためだ。

 いっぽう、価格が高いのは九州全体で、特に長崎、鹿児島は離島を抱えているため高くなってしまうのは仕方がないところか。長野も内陸のため、物流コストがかさむため高くなっている。

 沖縄県はガソリン税が本土より7円減免されていて、ガソリンが安かったのだが、現在では一転して150.5円と高い県となってしまった。

 これには理由がある。2015年に沖縄で唯一の製油所が閉鎖されたため、本土からの輸送コストや備蓄タンクの使用量がかさんだため、コストアップとなり、それが価格に反映されているのだ。

次ページは : ■都心部ではフルサービスとセルフサービスであまり変わらない場合も