【キューブキュービックにあった…】「機能」がかわいそうなクルマたち


 クルマたちは「乗ってほしい」という志を持って世に送り出される。が、悲しいかな、開発の狙いや販売戦略がうまくいかない場合もある。たいていは販売不振に陥り、短命に終わる結果に……。

 その不遇さゆえに、「ざんねん、惜しいなぁ」のひとつ上いく「かわいそう」という思いを抱かずにはいられないクルマたちを、国産旧車をメインに取りあげる『かわいそうなクルマ辞典』。今回は「機能がかわいそう編」。

 ユーザーのことを思い、「これはイケる」と特有の機能や工夫を施したのに、かわいそうなことになっちゃったクルマたち8台をご紹介します……。

■前回の企画… 【志は高かった! しかし…】 かわいそうなクルマ辞典 「狙い」がかわいそう編

※本稿は2019年2月のものです。各かわいそう度は「10」が最高点
文:伊達軍曹(文末の「編」は編集部担当)
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■現場の人たちがかわいそう!? ホンダ 1300

 時代の趨勢が空冷エンジンから水冷へと変わっていった1960年代末期。しかし本田宗一郎は断固としたこだわりをもって「超高性能空冷エンジン」の採用に固執。

空冷エンジンにこだわったばっかりに…

 だがその結果、超高性能空冷エンジンは異様に大きく重くなってしまい、操安性も最悪といえるレベルに。創業者のこだわりは理解できるが、さすがに現場の人たちがかわいそう!?

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★★★★

■早すぎた灰皿オプション マツダ ペルソナ

 現在、40代男性の喫煙率は約35%。だがそれが65%を超えていたバブル真っ只中の1988年11月に、「灰皿とライターはオプション」という英断を伴って登場した4ドアピラーレスハードトップ、それがペルソナだ。

外観も内装も上質感を打ち出したが……

 しかし、タバコ命だった当時の男たちからは「なんだそりゃ!」とバッシングを受け、1992年3月には早くも廃番。今だったら「灰皿とライターはオプション」なんて当たり前の話なのに。登場がちょっと早すぎてかわいそう。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★★★☆

次ページは : ■ 名前負けでした… 三菱 デボネア300ロイヤルAMG

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ