【販売を押し上げた? それとも…?】 あの話題の追加モデルは孝行息子? 放蕩息子?

 追加モデル(新顔)を登場させて、販売面でのテコ入れを図る。クルマ界では以前からある戦略だ。そして、その新顔が高評価になることもあれば、逆もある。

 現行国産車の追加モデル(新顔)たちとその売れ行きを取りあげ、「すげぇ評判で影響大。おかげでモデル全体の販売台数が増えたよ!」という「孝行息子」なのか、あるいは「あ~あ、期待してたんだけどさっぱり売れないねぇ~」という「放蕩息子」なのかをチェック。

 ある意味各メーカーの戦略にメスを入れる企画。各新顔の評価をしてくれたのは自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏だ。

※本稿は2019年3月のものです。「孝行息子度」「放蕩息子度」は10点満点です。写真下の販売台数は2019年1月の月販台数。一部、追加モデルの台数を公表していないモデルもあります
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月10日号


■まさにアイデアの勝利 スペーシアギア

 昨年、日本で最も多く売れた車種はN-BOXで、2位がスペーシアだった。今は新車販売の約36%が軽自動車で、N-BOXやスペーシアのような全高1700mm以上の軽スーパーハイトは、軽乗用車の40%以上を占める。

 つまりスペーシアは最も元気のいいカテゴリーに属する。なので、スズキも力を入れて売りたい。そこでスペーシアギアを投入。SUV好調の背景を受け、軽スライドドアで初のSUV風仕立て。シートには溌水加工を施した。オプションでは、駐車時にボディの脇に設営するタープも用意され、コンセプトはヒットモデル、ハスラーに近い。

 しかも価格はスペーシアカスタムよりも8万円近く安い。人気の新顔になる材料が満載。アイデアで勝利の孝行息子だ。(孝行息子度:9点)

■月販台数(モデル全体):1万4350台/ギアのみの台数は非公表だが、ヒット中だ

■荷室長が2m超え! シエンタ(2列モデル)

 現行プリウスは先代と違い、販売が伸びない。さらにアクアやポルテ&スペイドなどの売れゆきも芳しくない……。

 最近のトヨタ車、やや活気がなかったが、そんななか白羽の矢を立てられたのがシエンタ。その策は“2列シート仕様”の追加だ。

 シエンタは薄型燃料タンクを採用しているから荷室の床は低い。その利点を活かしたのが2列仕様で、後席を床面へ落とし込むように畳めるから、平らな荷室長が2mを超える。これは大きな武器。優れた積載性は他を圧倒する。

 そのウリが市場に受け、2列シート仕様車は現在シエンタ全体の約40%を占める。確かに凄いが、最初から2列仕様があってよかったかも。(孝行息子度:8点)

■月販台数(モデル全体):8600台。そのなかの約40%が2列シート仕様車/シエンタに活力を注入!

■比率99%と主役に! ホンダ ジェイド(2列モデル)

 2015年に発売されたジェイドは、無理の伴う商品だった。ミニバンだが、全高は立体駐車場にも入る1550mm以下だから、3列目がかなり窮屈。2列目は座面の奥行が1列目に比べて55mm短く、座り心地が悪い。しかも3ナンバー車ボディで、発売時点ではハイブリッドのみだったから価格も高い。走りはいいが……。

 そこでまずはターボのRSを加え、その後に2列シート仕様も追加。3列シート車の2列目に比べて、このモデルはかなり快適。さらにRSは、4名が快適に乗車できて走りもいい。1月の販売台数は全278台と少ないが、このうちの250台が2列仕様。すでに頼みの綱となっている!?(孝行息子度:10点)

■月販台数(モデル全体):278台。2列仕様車はそのなかの250台/もう「中途半端」とは呼ばせない

■新顔で起死回生! ノートe-POWER

 ノートは視界が優れ、後席も広い。そのよさもあり相応に売れていたが、2016年11月にe-POWERを加えるとさらに伸びた。2017年上半期は、前年の1.6倍も売れ、販売台数トップに大躍進! まさに孝行息子だ。

 このモデルが好調な理由は2つ。まずはリーフのユニットを使ったe-POWERの商品力。動力性能が高く、加速も滑らかでアクセルペダルだけで速度調節ができる楽しさがある。

 2つ目は日産の新型車が乏しいこと。販売を終えたティーダ、設計の古いキューブなどのユーザーが、「普通のノートでは物足りないが、e-POWERなら許せる」と判断して購入。つまりノートe-POWERの好調な売れゆきは、今の日産に対する不満の裏返しでもある。(孝行息子度:10点)

■月販台数(モデル全体):1万1448台。このなかでe‒POWERは8049台/アイデア炸裂で1位に

■長い航続距離でお出まし リーフe+

 e+はリーフの上級シリーズで、駆動用電池の容量を40hから62hに増大。1回の充電で走れる距離(WLTCモード走行)は、40hでは322kmだが、62hになると458kmに。距離が1.4倍に伸びた。ユーザーがEVに期待する長い航続距離、これに応えたカタチだ。

 動力性能も向上。40hの性能をガソリンエンジンに当てはめると3Lクラスだが、62hは走行状態によっては4L並みに感じられる。

 そして、e+にはXと上級グレードのGがあり、前者の価格は416万2320円。装備の違いを補正して、e+は40hよりも約39万円高い。買い得とはいえないが、高性能なEVの走りを満喫できる。

 e+の販売比率は約26%、価格が高い割に販売は堅調だ。追加モデルの成功例といえそうだ。(孝行息子度:7点)

■月販台数(モデル全体):2832台。このなかでe+は744台/EVらしい走りの楽しさも炸裂!

■女性による女性向けの… ミラトコット

 ミラトコットは、ミライースの派生車種ともいえるだろう。若い女性に向けた商品で、企画の初期段階から女性スタッフが手がけている。ダイハツの女性ターゲット軽自動車、今までは男性が女性の意見を聞きながら開発したが、ミラトコットでは初めて女性が中心に進めた。「男性目線」を排除したわけだ。

 その結果、デザインはシンプルに。運転のしやすさや馴染みやすい雰囲気は女性を意識した結果。でも男性から見ても好感が持てるデザインだ。しかもサイド&カーテンエアバッグやバイアングルLEDヘッドランプなどを、全車に標準装着して価格は割安。これは高評価だ。

 ミライースに比べると実質4万円で内外装を上級化。ミラトコットの販売比率は、イースを含めたミラ全体の約25%だから相応に売れている。“孝行娘”といっていい。(孝行息子度:7点)

■月販台数(モデル全体):9176台。このなかでミラトコットは2271台/男性目線排除で誕生

■その登場、遅すぎた… アクアクロスオーバー

 ここ数年の世界的SUV人気の流れを受け、アクアにもSUVテイストを! ということで、2014年、アクアにXアーバングレードを加えた。

 しかし、フェンダーアーチにブラックの樹脂モールが装着されず、SUV風の派生車らしく見えない。外観は正直、間が抜けた印象になった。さらに価格は、標準ボディで最上級となるGと比べても9万円以上高い。魅力が乏しく割高で、販売は低迷した。

 そんななか、改めて設定したのがクロスオーバーだ。フェンダーアーチモールなどを装着して、価格はGと同額に抑えた。Xアーバンに比べて買い得だが、最初に失敗した痛手は大きく、クロスオーバーの販売比率は約15%と低迷中。どうにも放蕩息子だ。(放蕩息子度:7点)

■月販台数(モデル全体):8875台。そのなかでクロスオーバーは約15%/存在感なし

■高価格で、タルガだけど! ロードスターRF

 現行ロードスターは、2015年に1.5Lエンジンの標準モデル、ソフトトップを発売。翌年に電動開閉式ハードトップと2Lエンジンを搭載するRFが追加モデルとして誕生した。先代型の高い人気を受けて、現行型もRFを開発していたわけだ。

 ただし現行型は先代型に比べて全長が105mm短く、電動機能とルーフの格納スペースを確保するのが難しい。そこで現行RFは、リアピラーを残すタルガトップに。価格はRFのRSが381万2400円だから、ソフトトップに比べて55万円以上も高い。

 思いきった価格設定だが、それでもRFはボディ剛性の向上と排気量の拡大で運転感覚が上質になり、ロードスター全体の約39%を占める。高価格でも堅調に売れてマツダに利益をもたらす孝行者だ。(孝行息子度:7点)

■月販台数(モデル全体):432台。そのなかでRFは170台/人気者にRFという孝行息子まで登場

■先代を彷彿とさせる丸目だけど…? コペン セロ

 コペンはボディ剛性を高めて生産も合理化するため、骨格に樹脂外板を貼り付けている。それゆえ購入後に外板を着せ替えることも可能。発売当初、これをやたらアピールしていた。そして、追加グレードのセロも外板に互換性がある。この点、素晴らしい。

 丸型ヘッドランプなどで先代コペンの面影を濃厚に感じさせるセロ。テールランプも丸型で、先代モデル好きにとっては待望の追加といえる。

 セロの価格はローブより5万4000円高いが、LEDヘッドランプがバイアングル方式で外装パーツも上級化。セロはローブやSUV風のXプレイに比べると雰囲気が柔和で、先代コペンのイメージに合うため注目のモデルになった。が、販売を押し上げるまでにはなっていない。(孝行息子度:6点)

■月販台数(モデル全体):289台/孝行息子度が低いということは放蕩息子度が高いということ。新顔(追加)にはぜひ頑張ってほしいところ

■能力は認めるが価格が…… クラリティPHEV

 リース契約のクラリティの新顔が、プラグインハイブリッドのPHEVだ。1.5Lエンジンは主に発電を行い、モーターを駆動して走る。駆動用電池の容量は17hと大きく、プリウスPHV(8.8h)の約2倍。1回の充電で101kmを走行できる(WLTCモード走行)。

 魅力的なスペックだが、価格が588万600円と高い。

 カーナビなどを標準装着するが、プリウスPHV・Sナビパッケージよりも200万円以上高い。「むむむ」である。

 CEV補助金(2018年度)は、クラリティフューエルセルなら208万円だが、プラグインハイブリッドは一律20万円にかぎられる。

 よって購入予算は(フューエルセルはリースだが)、PHEVのほうがかなり高くなる。販売低迷もナットクで、放蕩息子度、上昇中!(放蕩息子度:9点)

■月販台数:7台。※フューエルセルはリース/車両価格だけで約600万円はキビしいっス

■人気ミニバンの新顔たち。1番の孝行息子は!? エスクァイア&セレナe-POWER&ステップワゴン

 かつてネッツトヨタ店はヴォクシー、トヨタカローラ店はノアを扱い、販売も好調。そしてトヨタ店のミニバンは設計の古いエスティマとアイシスのみ。トヨペット店もアルファードとマークXジオだったから、ミドルサイズミニバンを選べない。そこで両系列のブランドイメージも考えて、装備と質感がやや高いエスクァイアを加えたワケだ。

 エスクァイアは低重心ゆえ走行安定性はいいが、ACCなど運転支援機能搭載が遅れているのが痛い。(孝行息子度:6点)

 その点でステップワゴンは、機能のバランスが3車中最もいい。低床設計で走行安定性が優れ、3列目は床下格納だから広い荷室に変わる。安全装備と運転支援機能も充実。特に追加のハイブリッド(HV)は魅力的。高速巡航時にはエンジンが直接駆動して、燃費を節約する。動力性能も高く加速は滑らか。走りは3車のなかで1番だ。(孝行息子度:8点)

 セレナe-POWERも動力性能が高く、JC08モード燃費は26.2km/Lだから3車中で最良だ。3列目シートも一番広く快適、多人数の長距離移動に適する。ただし床が高く、乗降性、走行安定性、操舵感はイマイチ。(孝行息子度:7点)

 結果“孝行度”評価なら1位がステップワゴンHV、2位がセレナe-POWERだが、居住性を重視すると1、2位の順番が逆になる。

■エスクァイア(HV含む)月販台数:2720台(※3兄弟占有率は約19%)
■セレナe-POWER 月販台数:3962台(※全車占有率約39%)
■ステップワゴンHV 月販台数:1666台(※全車占有率約35%)

【番外コラム】 突然の別れ! アルトターボRSはなぜ「追加設定なし」になったのか?

 2014年に現行スズキアルトが発売され、2015年3月に5速AGSを備えるアルトターボRSが追加された。この時、「アルトワークスの復活」を希望する声が高まった。往年のモデルを知るファンは多く、期待の高さは相当なもの。

 それに応えるように2015年12月にアルトワークスが追加で登場。アルトワークスは5速MTとあわせて5速AGSも用意される周到ぶり。乗り心地が少し柔軟で価格が安いターボRSだったものの、アルトワークス登場で売れゆきは大幅に下がった。

 そして2018年12月、アルト改良にともないターボRSは廃止となった。スポーツ性の高いワークスの登場で、ターボRSの役割が終わったといえるだろう。デュアルセンサーブレーキサポートの設定など、モデル(グレード)が増えると開発コストも高くなるゆえ、ラインナップ数を抑えたい事情もある。

蒸発息子?

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ