スペーシアギア、ノートたちの追加モデルは孝行息子? 放蕩息子?


 追加モデル(新顔)を登場させて、販売面でのテコ入れを図る。クルマ界では以前からある戦略だ。そして、その新顔が高評価になることもあれば、逆もある。

 現行国産車の追加モデル(新顔)たちとその売れ行きを取りあげ、「すげぇ評判で影響大。おかげでモデル全体の販売台数が増えたよ!」という「孝行息子」なのか、あるいは「あ~あ、期待してたんだけどさっぱり売れないねぇ~」という「放蕩息子」なのかをチェック。

 ある意味各メーカーの戦略にメスを入れる企画。各新顔の評価をしてくれたのは自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏だ。

※本稿は2019年3月のものです。「孝行息子度」「放蕩息子度」は10点満点です。写真下の販売台数は2019年1月の月販台数。一部、追加モデルの台数を公表していないモデルもあります
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月10日号


■まさにアイデアの勝利 スペーシアギア

 昨年、日本で最も多く売れた車種はN-BOXで、2位がスペーシアだった。今は新車販売の約36%が軽自動車で、N-BOXやスペーシアのような全高1700mm以上の軽スーパーハイトは、軽乗用車の40%以上を占める。

 つまりスペーシアは最も元気のいいカテゴリーに属する。なので、スズキも力を入れて売りたい。そこでスペーシアギアを投入。SUV好調の背景を受け、軽スライドドアで初のSUV風仕立て。シートには溌水加工を施した。オプションでは、駐車時にボディの脇に設営するタープも用意され、コンセプトはヒットモデル、ハスラーに近い。

 しかも価格はスペーシアカスタムよりも8万円近く安い。人気の新顔になる材料が満載。アイデアで勝利の孝行息子だ。(孝行息子度:9点)

■月販台数(モデル全体):1万4350台/ギアのみの台数は非公表だが、ヒット中だ

■荷室長が2m超え! シエンタ(2列モデル)

 現行プリウスは先代と違い、販売が伸びない。さらにアクアやポルテ&スペイドなどの売れゆきも芳しくない……。

 最近のトヨタ車、やや活気がなかったが、そんななか白羽の矢を立てられたのがシエンタ。その策は“2列シート仕様”の追加だ。

 シエンタは薄型燃料タンクを採用しているから荷室の床は低い。その利点を活かしたのが2列仕様で、後席を床面へ落とし込むように畳めるから、平らな荷室長が2mを超える。これは大きな武器。優れた積載性は他を圧倒する。

 そのウリが市場に受け、2列シート仕様車は現在シエンタ全体の約40%を占める。確かに凄いが、最初から2列仕様があってよかったかも。(孝行息子度:8点)

■月販台数(モデル全体):8600台。そのなかの約40%が2列シート仕様車/シエンタに活力を注入!

次ページは : ■比率99%と主役に! ホンダ ジェイド(2列モデル)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ