【ハリアー、フォレスター、CX-5ら参戦!!】ミッド~ラージクラスSUV最強位決定戦


 ディーゼルの強みなどで実用性の高いCX-5をはじめ、アウトランダーPHEV、エクストレイルなど、タウン派から本格派まで豊富な選択肢が揃い人気急上昇中のSUV・ミッド~ラージクラスカテゴリー。

 そのなSUV・ミッド~ラージクラスカテゴリー販売台数トップの15台から、自動車評論家5名の配点によるランキングを作成!

 新規投入・フルモデルチェンジを果たしたCR-V、フォレスター、エクリプスクロスに加え、定番の人気モデル、ハリアー、エクストレイル、レクサスNXなど、オンロードユースがメインのライトSUVモデルも多数ラインナップ。

 一方で、ランクルプラド、ランクル200、レクサスLX、パジェロといった本格的なヘビーデューティクロスカントリーモデルも健在で、激戦が予想される。

 将来的には、昨日ついに正式発表となったトヨタ・RAV4も加わり、俄然大注目!! のこのカテゴリー。全15車エントリーのランキングの行方は!?

※コンパクトSUVのランキングはこちらから。

●販売台数TOP15
1位 ハリアー 3382台
2位 CX-5 3288台
3位 フォレスター 3184台
4位 エクストレイル 2681台
5位 CX-8 2218台
6位 ランドクルーザープラド 1930台
7位 NX 1034台
8位 CR-V 891台
9位 RX 888台
10位 アウトランダーPHEV 755台
11位 エクリプスクロス 615台
12位 ランドクルーザー200 320台
13位 アウトランダー 157台
14位 LX 111台
15位 パジェロ 52台
※2018年8月~2019年1月の半年間の月販台数の平均値で順位付け

※本稿は2019年3月のものです
文:鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月10日号


■販売台数では10位の三菱 アウトランダーPHEVが首位に!

 まずは総合ランキングを見て、個々のポイントについて各評価者に話を聞いてゆこう。

●1位 三菱 アウトランダーPHEV(価格帯:393万9840~509万0040円)

昨年の改良で電池容量を12.0kWhから13.8kWhに増大し、満充電でのEV航続距離が60.8kmから65kmに延長。さらに魅力が増したアウトランダーPHEV

 2モーターによるEV走行性能と4WD機能などが評価され1位に!

●2位 スバル フォレスター(価格帯:280万8000~309万9600円)

 上の結果表のとおり、まさに僅差で2位。実用性も高い

●3位 マツダ CX-5(価格帯:257万~355万8600円)

 総合バランスで3位に。ディーゼルのアドバンテージあり

●4位 マツダ CX-8(価格帯:289万4000~446万0400円)

 開発時から3列シート設計で作られた点など、評価は高い。

●5位 ホンダ CR-V(価格帯:323万0280~436万1040円)

 日本で復活登場。今年、販売面を伸ばせるかが注目だ。

■ハリアーって、エクリプスクロスやCR-Vよりも評価は低いですか?

(TEXT/片岡英明)

 思い起こしてほしい。プレミアムSUVブームの火つけ役となったのがハリアーだ。

 日本専用のSUVモデルで、プラットフォームはヴァンガードのものに手を加え、使用した。エンジンは2Lの4気筒DOHCとターボ、2.5Lエンジンにモーターのハイブリッド車だ。

 ハリアーはファッション性の高い、目を引くスタイリングがウリで、インテリアも上質ムードの仕立てとなっている。質感の演出は上手だ。

 キャビンも不満のない広さを確保し、後席でもゆったりと寛げる。ラゲッジルームも実用になる広さで、ゴルフバッグなども積みやすい。

 そんなハリアーは今も安定した売れゆきを見せている。エコカー減税のあるハイブリッド車は買った後の経済性もバツグンにいい。

こちらも昨年登場、新顔のエクリプスクロス。三菱肝入りのスタイルとシステムが満載だ

 見栄えはいいし、走りの実力もそれなりのレベルにある。快適なファミリーカーとして使うには魅力的なSUVといえるだろう。

 が、最新のエクリプスクロスやCR-Vと比べると基本性能は1ランク低く、走りの実力は物足りない。また、登場から6年が経ち、すでに旬を過ぎている。これから買う人には積極的にはお薦めしにくいので順位を下げた。

次ページは : ■CX-8、特に大きいモデルなのに全体でも4位、個人でも2位。その高評価の理由は?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ