トヨタ驚愕のFCV戦略を暴く!


 VWグループの影が背後にせまる中、トヨタは世界一の座を強固にすべくいかなる戦略を採るのか!?

文:国沢光宏

トヨタが燃料電池を推進する不思議

   世界的に見ると小排気量過給ガソリンエンジンとディーゼルが、少なくとも今後20年はパワーユニットの中心だと思われる。原油の埋蔵量は依然として少なくないうえ、ここにきて『コンデンセート』(豊富に取れ始めたシェールガス由来の液体。ガソリンや軽油になる)という新顔など登場。すでに10月から日本に入荷しており、継続的に供給される模様。今後ガソリンも軽油も、これ以上高くなるようなことはないだろう。

 ちなみに1L=160円のままだとしても、リッター100円の時より燃費が40%向上すれば実質的な燃料コストは同じ。10年前に買った普通のガソリン車からハイブリッドや最新の軽自動車、クリーンディーゼルに乗り替えれば、燃料高騰ぶんはチャラにできる。電気自動車もランニングコストを考えたら安価。ということで、当面は低燃費ピストンエンジン&電気自動車になると思う。

 そんな状況のなか、トヨタは燃料電池に注力している。なぜか? 自動車業界7不思議のひとつに入れてもいいくらい理解しにくいのだった。水素を作る段階から考えれば、総合エネルギー効率で電気自動車より悪く(現状だと二酸化炭素の排出量も電気自動車のほうが少ない)、エネルギーコストはハイブリッドやディーゼルに勝てない。どちらかと言えば『夢』や『理想』に近いパワーユニットかもしれません。

効率では劣るFCVをトヨタが推進する理由

 なぜトヨタが夢や理想を追いかけてるのか? 最初から大上段になってしまうけれど、おそらく日本という「国」の将来設計図に共感したんだと思う。御存じのとおりトヨタより積極的に水素社会を推進してるのが日本政府である。今や水素社会実現のためならどんな予算でも付く、という状況。戦後、お金をバラ撒いて原子力発電所の建設を推進した時とまったく同じ動きだ。国策になってます。

 原子力発電の「発電コスト」は、廃炉や使い終わった燃料の廃棄コスト、事故のリスクなどまったく考えず出したもの。それと同じで、日本政府が打ち出す水素社会は熱効率やエネルギーコストを度外視している。もちろん原子力発電所より水素社会のほうが圧倒的に好ましいですけど。何より安全だ。だからこそ私も燃料電池車を買います。そして「瓢箪から駒」もあり得るかな、と期待している。

 なんで燃料電池車紹介の文頭にこんなヤヤこしいことを書いているのかといえば、答えは簡単。総合的なエネルギー効率からすれば、燃料電池使った乗用車なんかあり得ないからだ。常識的に考えるなら文頭に書いたとおり、少なくとも20年は二酸化炭素の排出量でも、コストでもピストンエンジンや電気自動車と勝負できない。この点、トヨタだって充分わかっている。それでも夢を追いかけたい、というのが燃料電池車の原点です。

次ページは : FCVにおいてトヨタが考える自社の役割とは

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ