レクサスRC&RC Fサーキット試乗

 レクサスはどうやら、このRCシリーズによって、走りや官能性という、これまで不得意だと思われてきた分野においても、ようやく、プレミアムブランドの仲間入りを果たせたようだ。

 「RCでレクサスのイメージを変えたい」。試乗前のプレゼンテーションで、CEの草間栄一氏は、そう力強く宣言した。

 そして、一般道、ワインディングロード、そしてオートポリスサーキットにおいて、RCとRC Fを堪能した結果、〝塗装とハイブリッドとアフターサービス〟に加えて、〝走り〟もまた、レクサスは一級品になったということを、確認することができたのだ。

RC350Fスポーツの走りのよさにビックリ!

 まずは、ベースモデル、RCの試乗報告から。

 一般道とワインディングロードで試したハイブリッドモデルのRC300hのFスポーツには、正直いって、さほど心は動かされなかった。ハイブリッドシステムを積むといっても、40㎏程度の上乗せしかないから、車重というよりもむしろパワートレインの非力さとキャラクターが、ボディの強さが目立つRCにマッチしていないように思えたのだ。

 ここまでは、IS300hのクーペ版に留まっている、という印象が拭いきれなかった。

 ところが、どうだ。サーキットで駆ったRC350Fスポーツは、存分にスポーツカーになっていた。ISよりも明らかに回頭性がよく、フロントアクスルの手応えも秀逸、そして何より骨太なリアアクスルの反応と安定感、腰を中心に回る感覚が素晴らしい。

 ボディの強さが際立っており、アシが本当によく、きれいに、しなやかに動く。安心して、思い切りアクセルペダルを踏んでいけるようなスポーツクーペは、ここ最近の国産車にはなかった。

 この操縦感覚は、3シリーズに優るとも劣らない。否、純粋なスポーツ性と、自然吸気エンジンの官能性(サウンドなど)という点では、むしろ、335iを上回った感さえある。

 結局のところ、RCはクーペ専用ボディであり、ホイールベースまで3シリーズセダンと共通とする4シリーズとは、そもそも走りに対する考え方が違うと言ってもいいだろう。

 そのことを、いっそう強く印象づけられたのが、RC Fだった。IS Fの時とは違い、ベースの開発時から矢口幸彦氏率いるFチームが積極的に関与し、Fスペックの実現を根本的に考え直したという。

 逆にいうと、Fチームはベースモデルの基本性能の向上にも大きく寄与しているはず。そう、前述の、サーキットにおけるRC350の好印象は、Fチームの要求に骨格から応じた結果、とも言えよう。ボディの強さなどは、その最たるものだ。

2
RC350Fスポーツは操縦感覚、サウンドともに官能的。ボディの強さが際立っているのも特筆。

 RC Fでは、ベースモデルに前後ブレースなどさらなる補強を入れ、サスペンションパーツも新設計し、高性能パワートレイン搭載に対応している。

 そのパワートレインはIS F用を継承するとはいえ、5ℓ、V8NAのエンジンブロック以外はほぼ新設計パーツで占められ、8速ATも進化した。さらには、FR車世界初となるTVD(トルク・ベクタリング・ディファレンシャル)もオプションで設定するなど、電子制御系の進化も著しい。

 また、カーボン・エクステリア・パッケージの存在も見逃せない。エンジンフードとルーフパネル、アクティブリアウィングをCFRP製とすることで、およそ10㎏のダイエットを〝車体上部〟で達成したという。

4

 オートポリスでは、ノーマルエクステリアにTVDなしのRC Fと、カーボンパッケージにTVD付きのRC Fの2台を比較試乗することができた。

サーキットではカーボン・エクステリア・パッケージの効果大!

 まずは、前者のRC Fから。結論からいうと、性能、官能、ともにBMW M4を、わずかながら上回るレベルに達していたa 正直、RC Fがここまで完成度を上げてくるとは望外(失礼a)の喜び。文句なしに、楽しいハンドリングマシンである。

 ピットロードを走り出した瞬間は、ベースのRCよりもずっしりと重厚で、いかにも下半身を鍛え抜いたように感じられ、硬く分厚い平板な板と頑丈な骨組みのなかに押し込められたような気分になったが、コースへと進入し、アクセルペダルを思い切り踏み込んでみれば、RC350とは別格の、ぶっ飛んだ加速をみせてくれる。

 奏でるサウンドがすばらしい。回転をあげていく、精密なフィールもまた楽しい。そして、自然なタメにシャープさを加えた自在なハンドリングが、愛おしい。ブレーキの強さ、フィールも絶品で、ハードに攻めても決して音を上げない。沈み込むようなブレーキフィールは、まさに、世界レベルである。

 カーボンパッケージの効能も、サーキット走行においてはっきりと感じ取ることができた。ノーズの動きが格段にシャープで、高速コーナリング中のボディ上屋の安定感もよく、車体姿勢の落ち着きどころが決まるタイミングも早い。そのうえ、どこからでも、何がなんでもノーズを内に向かせて駆けぬけるTVDを機能させればもう無敵。

 特に、TVDサーキットモードでは、ほとんどLFAスタイルのドライビングを楽しむことができた。スラロームモードなら、振り回す楽しみがある。

 RC、RC Fは間違いなく、クラス世界トップレベルにある。コイツは新車で楽しめる最後の大排気量NAスポーツカーかも知れない。

走りとインテリアのギャップもRCの魅力

 インテリアはレクサスの得意とするところで、RC&RC Fでも素材、デザインにこだわっている。 前席は2人用の豪華でくつろげる空間を演出。リアシートは大人が充分に座れるスペースを確保。インテリアも官能的で満足感は高い。

in1
in2

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ