最新版!! 売れ筋国産SUV&クロスオーバー 「ココがいい!」と「ココがダメ!!」

 世界的に人気が高まっているSUV&クロスオーバー。海外メーカーはもちろんのこと、国内各メーカーも力を入れてニューモデルが続々と投入されている。

 ここ最近を見ても、トヨタが3年ぶりにRAV4を国内に向けて復活させ、ホンダも2018年8月、一度国内での販売を終了させていたCR-Vをモデルチェンジするとともに改めて国内に向けて投入。

 レクサスからはコンパクトサイズのUXが登場したし、三菱は昨年3月にエクリプスクロスを投入。マツダはCX-5に続いてCX-8を投入した。

 軽自動車でも本格派クロスカントリーSUVとしてジムニーが20年ぶりのフルモデルチェンジで新型に切り替わった。

 いっぽうでハスラーキャストアクティバスペーシアギアeK Xのような、基本的には乗用車なんだけど、「雰囲気SUV」とでも言ったらいいのか、クロスオーバーテイストのモデルも登場し、人気を博している。

 まさにSUV&クロスオーバー人気の現われだ。

 今回ここでは、2019年3月の新車販売台数に即して国産SUV&クロスオーバーカーの売れ筋10台をピックアップ。この10モデルの「ココがいい!」と「ココがう〜ん!!」なポイントを徹底評価していきたい

※本稿は2019年5月のものです
文・採点:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■第1位 スズキ スペーシア ギア

●2019年3月の新車販売台数:18848台(スペーシア全体)
●価格帯:161万4600~181万3320円

●ココが「いい!」

 スライドドアを備えた背の高い軽自動車のスペーシアをベースに、外観をSUV風に仕上げた。車内は広く、後席を畳むと自転車も積みやすい。荷室とシートの背面に汚れを落としやすい加工を施して、屋外での使い勝手を高めた。居住性は前後席ともに快適だ。

●ココが「う〜ん!!」

 フロントマスクなどはSUV風だが、最低地上高は150mmで標準ボディと等しく、足回りの設定も変更されていない。ノーマルエンジンは実用回転域の駆動力が不足気味だ。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…4.5
・街中での取り回し…9.7
・動力性能…2.5
・4WDの性能…3
・インテリアの質感…4.3
・コストパフォーマンス…8

●「HYBRID XZターボ 4WD」主要諸元

全長×全幅×全高:3395×1475×1800mm
ホイールベース:2460mm
最低地上高:150mm
車両重量:940kg
エンジン:直3DOHCターボ、658cc
最高出力/最大トルク:64ps/10.0kgm
モーター出力/トルク:3.1ps/5.1kgm
JC08モード燃費:24.0km/L

■オススメグレード:ハイブリッドXZ

■第2位 トヨタ C-HR(1.8L HV)

●2019年3月の新車販売台数:8952台
●価格帯:261万4000~292万9200円

●ココが「いい!」

 ハイブリッドはJC08モード燃費が30.2km/Lと優れ、数値上は燃料代を1.2Lターボの約半額に節約できる。1.2Lターボと比べた時の価格も割安だ。加速は滑らかでノイズも小さい。インパネの周辺は質感が高く、インパネの中央部分をドライバーのほうに傾けたから操作性もよい。メーターパネルも見やすい。 

●ココが「う〜ん!!」

 SUVなのにハイブリッドでは4WDを選べない。せっかく走行安定性が高いのに動力性能は不足気味で、スポーティ感覚も乏しい。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…8
・街中での取り回し…3.5
・動力性能…6
・4WDの性能…5
・インテリアの質感…5.5
・コストパフォーマンス…6.5

●主要諸元

・全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm
・ホイールベース:2640mm
・最低地上高:140mm
・車両重量:1440kg
・エンジン:直4DOHC、1797cc
・最高出力/最大トルク:98ps/14.5kgm
・モーター出力/トルク:72ps/16.6kgm
・JC08モード燃費:30.2km/L

■オススメグレード…S・LEDパッケージ

■第3位 ホンダ ヴェゼル

●2019年3月の新車販売台数:8214台
●価格帯:207万5000~292万6000円

●ココがいい!

 コンパクトSUVだが、燃料タンクを前席の下に搭載したから、荷室の床が低めで積載容量が大きい。後席の足元空間もエクストレイル並みに広く、畳めばボックス状の荷室になる。排気量は1.5Lだが、直噴式の採用で動力性能に余裕がある。

●ココが「う〜ん!!」

 発売後に乗り心地を改善したが、今でも少し硬い。後席のドアノブは、高い位置に縦向きに装着されて操作性が悪い。ハイブリッドは燃費数値が不満で、走行状態によっては変速の滑らかさに欠ける。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…6
・街中での取り回し…8
・動力性能…5.5
・4WDの性能…5
・インテリアの質感…5
・コストパフォーマンス…7.8

●HYBRID X・Honda SENSING 主要諸元

・全長×全幅×全高:4430×1770×1605mm
・ホイールベース:2610mm
・最低地上高:170mm
・車両重量:1370kg
・エンジン:直4DOHC、1496cc
・最高出力/最大トルク:132ps/15.9kgm
・モーター出力/トルク:29.5ps/16.3kgm
・JC08モード燃費:23.2km/L

■オススメグレード…X・ホンダセンシング

■第4位 マツダ CX-5

●2019年3月の新車販売台数:6330台
●価格帯:257万0000~355万8600円

●ココが「いい!」……人気の高いミドルサイズSUVで、前後席とも居住性が快適だ。クリーンディーゼルターボは実用回転域の駆動力が高く燃料代は安い。ディーゼルなのにノイズも小さい。足回りの伸縮性が優れ、乗り心地も快適だ。以前は後輪の接地性が不足していたが先ごろ改善された。

●ココが「う〜ん!!」……ガソリンターボは高回転域の伸びが悪く、ガソリンらしいスポーティ感覚が乏しい。乗り心地に粗さはないが、時速40km以下で少し硬い。斜め後方の視界が悪い。

●主要項目

・オンロードでの乗り心地…8.5
・街中での取り回し…4
・動力性能…8
・4WDの性能…5.5
・インテリアの質感…6
・コストパフォーマンス…7

●XD L Package 主要諸元

・全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
・ホイールベース:2700mm
・最低地上高:210mm
・車両重量:1670kg
・エンジン:直4ディーゼルターボ、2188cc
・最高出力/最大トルク:190ps/45.9kgm
・モーター出力/トルク:―
・JC08モード燃費:16.6km/L

■オススメグレード…XDプロアクティブ

■第5位 日産 エクストレイル

●2019年3月の新車販売台数:6225台
●価格帯:223万1280~380万4840円

●ココが「いい!」……前輪駆動をベースにした4WDを搭載するが、価値観はオフロードSUV風で、水洗いの可能な荷室を備える。後席の頭上と足元の空間も広い。4WDはロックモードを備えて、走破力を高めた。運転支援機能のプロパイロットも採用する。

●ココが「う〜ん!!」……ハイブリッドは実用燃費があまりよくない。動力性能も高くない。取り回し性は平均的だが、先代型に比べると後方視界が悪化した。緊急自動ブレーキは、車両に対する作動上限速度が80km/hと、今時のモデルとしては低い。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…7
・街中での取り回し…5.5
・動力性能…5
・4WDの性能…6
・インテリアの質感…5.5
・コストパフォーマンス…8

●XD L Package 主要諸元

・全長×全幅×全高:4690×1820×1730mm
・ホイールベース:2705mm
・最低地上高:200~205mm
・車両重量:1640kg
・エンジン:直4DOHCハイブリッド、1997cc
・最高出力/最大トルク:147ps/21.1kgm
・モーター出力/トルク:41ps/16.3kgm
・JC08モード燃費:20.0km/L

■オススメグレード…20Xi

■第6位 スズキ ハスラー

●2019年3月の新車販売台数:6018台
●価格帯:110万0520~170万5320円

●ココが「いい!」……軽自動車では珍しくボンネットが見えるので、車幅やボディ先端の位置がわかりやすい。前後シートの間隔、荷室のアレンジなどは先代ワゴンRと同じだから、居住性や積載性も良好だ。最低地上高は175mm(4WD)だから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。

●ココが「う〜ん!!」……シートの生地が滑りやすく、やや着座姿勢が安定しにくい。最低地上高を高めたので、安定性を確保するために乗り心地が少し硬い。登坂路ではエンジンノイズが耳障りに感じる。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…3.5
・街中での取り回し…9.9
・動力性能…3.3
・4WDの性能…4
・インテリアの質感…4
・コストパフォーマンス…9

●Gターボ 4WD 主要諸元

・全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm
・ホイールベース:2425mm
・最低地上高:175mm
・車両重量:860kg
・エンジン:直3DOHCターボ、658cc
・最高出力/最大トルク:64ps/9.7kgm
・モーター出力/トルク:2.2ps/4.1kgm
・JC08モード燃費:26.2km/L

■オススメグレード…X

■第7位 トヨタ ハリアー

●2019年3月の新車販売台数:5074台
●価格帯:294万9480~463万4280円

●ココが「いい!」……LサイズSUVながら国内向けに開発され、内装は日本のユーザーの好みに合わせて上質。空間効率が優れ後席の足元空間も広い。ハイブリッドは加速が滑らかで静粛性も良好だ。

●ココが「う〜ん!!」……国内向けなのに全幅は1800mmを超えて、取り回し性がよくない。2Lのノーマルエンジンは登坂路で動力性能が不足する。安定性を改善したら乗り心地が硬めになった。SUVながら価値観がセダンやワゴンに近く野性味は乏しい。機能や装備のわりに価格が高い。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…8
・街中での取り回し…3.5
・動力性能…6
・4WDの性能…5
・インテリアの質感…7
・コストパフォーマンス…3

●ELEGANCE 主要諸元

・全長×全幅×全高:4725×1835×1690mm
・ホイールベース:2600mm
・最低地上高:160〜175mm
・車両重量:1690kg
・エンジン:直4DOHCハイブリッド、2493cc
・最高出力/最大トルク:152ps/21.0kgm
・モーター出力/トルク:68ps/14.2kgm
・JC08モード燃費:21.4km/L

■オススメグレード…ターボプレミアム

■第8位 スバル フォレスター

●2019年3月の新車販売台数:5049台
●価格帯:280万8000~309万9600円

●ココが「いい!」……現行型ではノーマルエンジンが2.5Lに拡大され、動力性能に余裕が生じた。最低地上高は220mmと高めだからデコボコを乗り越えやすく、そのわりに床が低いから乗降性もよい。走行安定性と前後席の居住性も優れている。ハイブリッドは価格が安い。

●ココが「う〜ん!!」……ハイブリッドは燃費数値がよくない。WLTCモードの郊外と高速道路の燃費は2.5Lに負ける。18インチタイヤ装着車は乗り心地が少し硬い。現行型の全幅は、先代型と違って1800mmを超えた。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…8.5
・街中での取り回し…6.5
・動力性能…7
・4WDの性能…6
・インテリアの質感…5.8
・コストパフォーマンス…7.5

●Premium 主要諸元

・全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm
・ホイールベース:2670mm
・最低地上高:220mm
・車両重量:1530kg
・エンジン:水平対向4DOHC、2498cc
・最高出力/最大トルク:184ps/24.4kgm
・モーター出力/トルク:─
・JC08モード燃費:13.2km/L

■オススメグレード…ツーリング

■第9位 ダイハツ キャストアクティバ

●2019年3月の新車販売台数:5033台(キャスト全体)
●価格帯:122万5800~171万1800円

●ココが「いい!」……キャストには都会的なスタイル、ターボ車のみのスポーツもあるが、SUVのアクティバは最低地上高を180mmに拡大した。デコボコを乗り越えやすく、15インチタイヤもアクティバ専用に開発した。安定性と乗り心地もいい。全高が1630mmの軽自動車だから車内も広く、4名乗車も快適。

●ココが「う〜ん!!」……エンジンが高回転指向で実用域の駆動力が少し低い。後席は床と座面の間隔が不足して足を前方へ投げ出す座り方になり、座面の柔軟性も乏しい。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…3.8
・街中での取り回し…9.9
・動力性能…2.8
・4WDの性能…3.5
・インテリアの質感…4
・コストパフォーマンス…8

●Gターボ “SA3” 4WD 主要諸元

・全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
・ホイールベース:2455mm
・最低地上高:180mm
・車両重量:890kg
・エンジン:直3DOHCターボ、658cc
・最高出力/最大トルク:64ps/9.4kgm
・モーター出力/トルク:─
・JC08モード燃費:25.0km/L

■オススメグレード…X SA3

■第10位 マツダ CX-8

●2019年3月の新車販売台数:4383台
●価格帯:289万4000~446万0400円

●ココが「いい!」……北米などで売られるCX-9の幅を狭めたボディを備え、全車が3列のシートを装着する。3列目はSUVでは最も快適だ。ボディや足回りの取り付け剛性が高く、ホイールベースも2930mmに達するから、安定性と乗り心地も優れる。

●ココが「う〜ん!!」……高価格だがフロントマスクなどが地味で、CX-5のロング版に見える。最小回転半径は5.8mと大回りだ。3列目の居住性は、ミニバンではフリードと同等かそれ以下だから、多人数乗りの長距離移動には適さない。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…9.5
・街中での取り回し…3
・動力性能…8
・4WDの性能…5.5
・インテリアの質感…7
・コストパフォーマンス…5

●XD 4WD 7人乗り主要諸元

・全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
・ホイールベース:2930mm
・最低地上高:200mm
・車両重量:1860kg
・エンジン:直4DOHCターボ、2188cc
・最高出力/最大トルク:190ps/45.9kgm
・モーター出力/トルク:─
・JC08モード燃費:15.4km/L

■オススメグレード…XD プロアクティブ

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ