【C-HR、ハリアー、ハスラー…】売れ筋国産SUV&クロスオーバー 〇と× 2019年版


■第3位 ホンダ ヴェゼル

●2019年3月の新車販売台数:8214台
●価格帯:207万5000~292万6000円

●ココがいい!

 コンパクトSUVだが、燃料タンクを前席の下に搭載したから、荷室の床が低めで積載容量が大きい。後席の足元空間もエクストレイル並みに広く、畳めばボックス状の荷室になる。排気量は1.5Lだが、直噴式の採用で動力性能に余裕がある。

●ココが「う〜ん!!」

 発売後に乗り心地を改善したが、今でも少し硬い。後席のドアノブは、高い位置に縦向きに装着されて操作性が悪い。ハイブリッドは燃費数値が不満で、走行状態によっては変速の滑らかさに欠ける。

●評価項目

・オンロードでの乗り心地…6
・街中での取り回し…8
・動力性能…5.5
・4WDの性能…5
・インテリアの質感…5
・コストパフォーマンス…7.8

●HYBRID X・Honda SENSING 主要諸元

・全長×全幅×全高:4430×1770×1605mm
・ホイールベース:2610mm
・最低地上高:170mm
・車両重量:1370kg
・エンジン:直4DOHC、1496cc
・最高出力/最大トルク:132ps/15.9kgm
・モーター出力/トルク:29.5ps/16.3kgm
・JC08モード燃費:23.2km/L

■オススメグレード…X・ホンダセンシング

■第4位 マツダ CX-5

●2019年3月の新車販売台数:6330台
●価格帯:257万0000~355万8600円

●ココが「いい!」……人気の高いミドルサイズSUVで、前後席とも居住性が快適だ。クリーンディーゼルターボは実用回転域の駆動力が高く燃料代は安い。ディーゼルなのにノイズも小さい。足回りの伸縮性が優れ、乗り心地も快適だ。以前は後輪の接地性が不足していたが先ごろ改善された。

●ココが「う〜ん!!」……ガソリンターボは高回転域の伸びが悪く、ガソリンらしいスポーティ感覚が乏しい。乗り心地に粗さはないが、時速40km以下で少し硬い。斜め後方の視界が悪い。

●主要項目

・オンロードでの乗り心地…8.5
・街中での取り回し…4
・動力性能…8
・4WDの性能…5.5
・インテリアの質感…6
・コストパフォーマンス…7

●XD L Package 主要諸元

・全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
・ホイールベース:2700mm
・最低地上高:210mm
・車両重量:1670kg
・エンジン:直4ディーゼルターボ、2188cc
・最高出力/最大トルク:190ps/45.9kgm
・モーター出力/トルク:―
・JC08モード燃費:16.6km/L

■オススメグレード…XDプロアクティブ

次ページは : ■第5位 日産 エクストレイル