【新刊情報】 『俺と疾れ!!』 自動車評論30年史 変革の21世紀編


◆『俺と疾れ!! 変革の21世紀編』徳大寺有恒著

 本誌ベストカーを創刊から支えてくれた徳大寺有恒氏。 その一筆一筆は日本のクルマ界に多大な影響を及ぼしてきた。

 そんな徳大寺氏が本誌に寄せてくれた膨大な遺稿のなかから、特に含蓄のある玉稿を厳選して収録した『激動の20世紀編』に続き、その続編となる『俺と疾れ!! 自動車評論30年史 変革の21世紀編』が 3月31日(水)、全国書店にて発売された!

 第二弾となる本書は2001年から2014年までに書かれた原稿からセレクト。
本書では、絶筆となった最終回も全文収録した。

 クルマ文化全体をとらえた徳さんの評論は、今読み返しても決して色あせることなく、むしろクルマが家電化したと言われる今だからこそ読み返したい。

内容紹介

 「運転が上手になるには、多くの時間クルマに乗ることしかありません。
安全運転を心がけながら、旅にでも出かけてください」(本文より)


『俺と疾れ!! 変革の21世紀編』徳大寺有恒著 

  • ・単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • ・出版社: 講談社ビーシー / 講談社
  • ・ISBN-10: 4062194139
  • ・ISBN-13: 978-4062194136
  • ・発売日: 2015/3/31
  • ・ 定価 : 1700円(税別)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ