【知らなかったでは済まされない】愛車の寿命を縮める「うっかり運転」

 クルマを買ってから、乗りっぱなしにしている人はいないでしょうか?

 たしかに最近のクルマは耐久性が高くなり、クルマの平均寿命にあたる平均車齢は、乗用車が8.60年で26年連続で高齢化しています。

 しかし、そうは言っても知らず知らずのうちに、クルマにダメージを与える運転をしていては平均車齢も短くなってしまう。

 そこで、どんなうっかり運転がクルマをダメにするのか、モータージャーナリストの鈴木伸一氏が解説します。

文/鈴木伸一
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


車庫入れ時の据え切りはアウト!

車庫入れ時、クルマが止まった状態での据え切りは厳禁!

 現在のクルマは、乗りっぱなしでも余裕で10万㎞、丁寧に走らせれば15万㎞を走破できるだけのポティンシャルは有している (ただし油脂類、消耗品の交換は必須) 。

 それ以前の走行距離で壊れた場合、初期不良や無茶な扱いで寿命を縮めたり、引導を渡してしまった結果といえる。

 例えば、車庫入れでガンッとストッパーに当たってこれ以上回すことができない「据え切り」状態まで、ハンドルを切ってしまうことがままある。

 パワーステアリングが当たり前の現在、停止状態でも苦もなくハンドルが切れてしまうからだが、そんなハンドル操作を頻繁に繰り返しているとジワジワと足回りを傷め付けることなる。

 油圧式のパワーステアリングの場合、油圧経路には常に高圧がかかっている。ステアリングをフルロックさせるとその圧力の逃げ場がなくなるため、さらに圧力が高まる。

 そして、限界に達すればリリーフバルブが開いて圧を逃がしてくれるものの、パワーステアリングフルードは圧が高まるほどに発熱するため、頻繁に繰り返せばフルードの劣化を早めることに。

 そんな劣化したフルードを使い続ける油圧シリンダーのシールを傷め、フルード漏れなどのトラブルを誘発することになるのだ。

 また、ストッパーに当たっているにもかかわらず回し続ければ、ステアリングのリンケージ類に無用の負担をかけることになる。

 その結果、ホイールアライメントの狂いを引き起こす可能性がある。さらに、コンパクトカーでも車重が1トンを超え、1つのタイヤに単純計算で250㎏もの荷重がかかっているわけで、停止状態でハンドルをグリグリ切ればタイロッドエンドのガタを誘発したり、アームがしなるなどフロントサスペンションにまで負担がかかるのは自明の理!

 嘘だと思ったらパワーステアリングが動作しない状態にしてハンドルを切ってみるとよい。どれだけ無理して回しているかがわかるはずだ。

 この足回りへの負担、近年主流となっている電動パワーステアリングにもいえることなので要注意! 

 とにかく、パワーステアリングはタイヤが路面から受ける衝撃を感じにくいため、知らぬうちに足回りにダメージを与えていることが多い。だからこそ、丁寧な運転を心がけたい。

走行中にATをDからR、DからPに入れるのは厳禁!!

最近のクルマは、セーフティ機能が付いているため、走行中にDからRにシフトチェンジすることはできない

 さて、基本的にはやってはいけなものの、最新のモデルであれば大丈夫というケースもある。ATはその最たる例だ。

 ATのセレクトレバーは電気スイッチで、実際にはコンピュータが判断してギヤを切り替える油圧バルブを作動させており、最新のATには誤った操作をした場合、重大なトラブルに発展するのを防止するセーフティ機構が備わっている。

 例えば、走行中にDからRに入れたとしてもセーフティ機構が働いてNをキープするため、大事には至らずにすむ。

 トランスミッションのギヤを機械的にロックするがために、走行中にやってしまうと致命的なダメージを受けるD→Pも、一定の速度以上ではただちにロックされることはない。

 しかし、セーフティ機構が搭載されてない車種や低年式のクルマだったら、ATが致命的なダメージを受けることになる。

 また、最新ATでも何らかの不具合が重なったり、偶然条件が揃うことでセーフティ機構が機能しないケースも考えられる。

 その場合の修理費は安く見積もっても20万~30万円コース!

 間違った操作、やってはいけない操作が、取り返しのつかないトラブルを呼び寄せてしまうのは当然の結果。

 基本はクルマを停止してからATのシフトチェンジを行うこと。正しい操作を心がけるよう、くれぐれも注意したい。

クルマが発するサインを見逃すな!

ディスクブレーキは、車輪とともに回転するディスクローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側からはさみ、ブレーキパッドをローターに押しつけることによって自動車を制動する(減速・静止させる)ブレーキシステム 。キーキーと音がしている場合、ブレーキパッドが摩耗し、ローター本体を傷つけている

 クルマが発してくれているサインを見逃した、あるいは無視したがために大事に至るケースもある。

 フロントブレーキのブレーキパッドにはライニングが摩耗限界まで減るとディスクローターに接触して「キィーキィー」という金属を擦り合わる音(警告音)を発する「パッドウエアインジケーター」が組み付けられている。

 これが機能するのはブレーキペダルを踏んだときで、この音を発するということはライニングがかなり減った状態で「ただちに交換する必要がある」ことを意味している。

 そのまま乗っているとライニングがなくなり、ブレーキパッドのベースの鉄板がディスクローターに接触。

 金属同士で擦れ合ういわゆる「電車ブレーキ」状態で、効きが極端に悪化。摩擦熱でディスクルーターに深い傷が入ってしまうため、ブレーキパッドとセットで交換する必要が生じるからだ。

 このディスクローター、本来は消耗品で欧州車などではブレーキパッドとのセット交換が前提だったりもする。

 しかし、国産車の場合、寿命末期まで交換しないことほとんどで、いざ交換するとなると万単位の出費となるので注意が必要だ。

 しかも、とりあえずブレーキは効くため「そう言えばそんな音がしていたな」と、特に気に留めることなく過ごしてしまうことがよくある。

 虫歯や病気と一緒で、そのままにしておけば治るということはけっしてないのだから早め早めに処置したほうがいい。

 とはいえ、警告音は最初、蚊のなくような小さな音で周囲の雑音に紛れてしまいがち。

 ある程度の距離(2万~3万Km)を走ったら、ブレーキペダルを踏んだときと離すしているときの音の違いがないか注意したい。

 なお、ブレーキパッドが摩耗してくるとブレーキフルードの液面が下がるため、異音を発する前段階としてブレーキインジケーターが「パッパッ」と不規則に点くこともある。

 走行中にメーター内の赤いランプが点灯もしくは点滅したときは、とにかく要注意だ。

 また、ブレーキフルードの液面はボンネットを開ければ目視でチェックできるので、たまにLOWライン(下限ライン)近くまで減っていないかチェックすることをお薦めする。

ブレーキパッドは厚みが残っていても年数が経ったら寿命

ブレーキパッドはおおよそ新品が10mmで摩耗限界は2mmだが、5mm以下になったら交換を検討したい

 また、ブレーキッパッドはライニングの厚み(残)があるから大丈夫というものでもない。

 ブレーキパッドはライニングが摩耗することで止める力を生んでいるため、熱が加わりながら年数が経過すると硬化して摩耗しにくくなる。

 すると食いつきが悪くなるため、ブレーキの効きが悪化してくるのだ。特に峠道などでブレーキを使いすぎて焼けてしまったなど、過度のブレーキングで表面を焼いてしまったときは注意が必要だ。

 このため、極端な話、5年で1万㎞しか走らずに半分以上残っていたとしても、ダメなときはダメ。

 つまり、残量が第一要件なものの年数や使い方で考える必要もある。摩耗末期も同様の理由で確実に効きは悪化しているので注意したい。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ