アルファードはベンツに勝てるのか? 国産vs世界 ガチンコ5番勝負 ミニバン編


 輸入車の売上が年々伸びている。2018年度の外国車販売台数は、前年度比1.2%増の30万7682台と、4年連続のプラス。国内新車販売に占めるシェアは9.2%(軽自動車を除く)と、過去最高を更新中だ。

 見方を変えれば、日本車の人気が押され気味、という言い方もできる。ボルボが2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している昨今でもある。日本車は、輸入車に太刀打ちできないのだろうか?

 国産の人気ミニバン5車種に、輸入車5台をぶつけるガチンコ勝負。コストパフォーマンスも加味して検証してもらった。判定人は自動車ジャーナリストの岡本幸一郎氏だ。

※本稿は2019年5月のものです
文:岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■トヨタ アルファード/ヴェルファイア vs メルセデス・ベンツ Vクラス

●トヨタ アルファード/ヴェルファイア(価格:337万6080~750万2760円)

いわずとしれた日本の皇帝は輸入車に対しても無双を貫けるか?

VS

●メルセデス・ベン Vクラス(価格:738万円)

「商用車ベースだから」という見方もあるかもしれないが。高級ミニバン界の戦いは厳しいのだ

 そもそも生い立ちが違って、ミニバンの形をした“高級車”を突き詰めてきたアルファード/ヴェルファイアに対し、Vクラスは商用バンを高級に仕立てたクルマ。

 ブランド力はもちろん、高速巡行時の安定感はさすがのものがあるし、日本向けに「スポーツ」を設定したり、アウトドアユースに対応するオプションを用意したりしているが、このクラスで大事なのはいかにラグジュアリーな雰囲気を味わわせてくれるか。

 その点でアルファード/ヴェルファイアの圧勝だ。

■判定:アルファード/ヴェルファイアの勝ち…商用車ベースではベンツ車とて勝ち目ナシ!

■トヨタ ノア3兄弟 vs ゴルフ トゥーラン

●トヨタ ノア(価格:250万9920~328万6440円)

ハイブリッドも用意し、5ナンバーボディのなかに魅力を全部積み込んだ

VS

●VW ゴルフトゥーラン(価格:293万9000~411万9000円)

ドイツ車らしく走りは優秀。ディーゼルが選べるのも利点といえる

 背高箱型vsワゴン派生とタイプの違うクルマではあるが、いずれも“定番”的でそつがない点では共通している。

 そのうえで、走りを求めるなら重心が低く欧州仕込みのトゥーランに軍配で、このサイズながら3列目まで大きな不満もなく使えるパッケージングの巧みさはなかなかのもの。

 とはいえ、圧倒的な広さやシートアレンジ性など、やはりミニバンとしての利便性においては、ノア三兄弟のほうが優れていることには違いない。

■判定:ノア3兄弟の勝ち快適な乗員スペースこそミニバンの本懐だ

次ページは : ■ホンダ ステップワゴン vs シトロエン グランドC4スペースツアラー