令和のカローラは53年間守った5ナンバーをなぜ捨てたのか?


 トヨタは、約7年ぶりにフルモデルチェンジする12代目「カローラ」および「カローラ ツーリング」を紹介するティザーサイトを2019年6月12日にオープンさせた。 

 すでに欧州や北米で先にカローラセダンおよびカローラツーリングスポーツがデビューしているが、日本仕様の発売日はアナウンスされておらず、ティザーサイトには、2019年秋にデビューと掲載されている。

 そこで、もっと新型カローラを知りたい! という人のために、今わかっている新型カローラのすべてをお届けしよう! 

文/遠藤 徹
写真/トヨタ


新型カローラは国内専用ナローボディになる!

6月12日に新型カローラのティーザーサイトがオープン 。しかし、写真は海外仕様のカローラセダンとツーリングスポーツ(ワゴン)。 新型カローラのトヨタティザーサイトはこちら。
https://toyota.jp/the-new-corolla/

 まずは、新型カローラのティザーサイトに書かれていたポイントを紹介していこう。

1/グローバルモデルとTNGAプラットフォームを統一。
2/国内専用のナローボディを開発し、日本の道路事情に合わせた使い勝手の良さを実現。
3/カローラのイメージを一新させる、スポーティなワイド&ローシルエット。
4/グローバルモデルと共通のプラットフォーム(TNGA)を採用し、走行性能の向上と上質な乗り心地を実現。さらに、さまざまな道で走行実験を重ねてチューニングを施したサスペンションを搭載。
5/先進の予防安全パッケージ、Toyota Safety Senseを全車標準装備に加え、インテリジェントクリアランスソナー、パーキングサポートブレーキ(静止物)も採用。
6/優れた燃費性能とゆとりある走りを追求したハイブリッドシステムを採用。

 ティザーサイトに書かれていた内容は、ざっくりとした内容のものばかりだが、最大のポイントは国内専用のナローボディ(オーバーフェンダーがなく全幅が狭い)となる点だ。ではさっそく、今わかっている情報を順次紹介していこう。

日本発売は2019年9月17日、ツーリングは1カ月遅れて発売

欧州仕様のカローラセダン・プレステージモデル。日本仕様のデザインとは異なる。 「シューティング・ロバスト」(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)がコンセプト
欧州仕様カローラセダン・プレステージモデルのリアスタイル。この角度だとフェンダーの膨らみがよくわかる。全幅は1780mm、日本仕様はナローボディとなり、全幅は1745mmとなる

 現行モデルは、セダンがアクシオ、ワゴンがフィールダーという車名だったが、新型はそれぞれ、カローラセダン、カローラツーリングという車名に代わる。

 日本発売日は、2019年9月17日に発表、セダンは同日発売、ツーリングは1カ月遅れて発売される。5ドアハッチバックのスポーツはそのまま継続販売する。

 新型カローラセダン、ツーリングで注目したいのは前述したが、現在欧州や北米、中国で発表されているカローラセダン、ツーリングとは違い、国内専用のナローボディとなることだ。

 ただし、1966年の初代モデル以来、53年間続いてきた5ナンバーサイズボディ(カローラルミオンなど派生モデルを除く)をついに捨て、3ナンバーボディとなる。現行モデルはヴィッツと同じBプラットフォームを共用化しており、全幅は1695mmにとどまる。

現行モデルのカローラアクシオ。全幅1695mmの5ナンバーサイズ
カローラフィールダーは5ナンバーサイズのステーションワゴンとして貴重な存在だった

次ページは : 日本仕様のボディサイズは全幅1745mmとなり3ナンバーに!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ