【海外では前向き駐車が基本!!】なぜ日本では後ろ向き駐車が常識なのか??


 大型スーパーやファミレス、コンビニなどの駐車場に車両を停めようとすると「前向き駐車をお願いします」という看板をたまに見かける。

 教習所では後ろ向き駐車が基本と教えられてきたが、なぜ後ろ向き駐車がダメなんだろうか? また、前向き駐車してくださいという看板があっても、前向き駐車にしなかった場合、法的には違反になるのだろうか?

 そこで、なぜ前向き駐車をお願いしているのか? 前向き駐車を推奨している都内の大型スーパーマーケットチェーンに取材し、その理由を聞いてみた。

 また、前向き駐車は、安全面でも危険を伴うリスクがあるという。そのあたりを含め、前向き駐車、後ろ向き駐車について、まじめにじっくりと考えていきたい。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


前向き駐車は近隣家屋への配慮が一番

都内のスーパーマーケット・サミットの駐車場。この駐車場は前向き駐車のお願いと、午後8時以降は利用できませんと書いてある看板が設置されていた。駐車場の後ろは一軒家。たしかに後ろ向き駐車だと排気ガスや排気音で一軒家のお住いの方にとっては迷惑。配慮のあるしっかりとした対応だ

 普段、クルマを駐車場に停める場合、日本では後ろ向き駐車が一般的だ。そのなかにあって、「前向き駐車をお願いします」という看板を駐車場に掲げているファミリーレストランや大型スーパーなどがある。

 まずは店舗側の考え方を聞くために、東京都内にスーパーマーケットを展開するサミット株式会社(以下、サミット)に問い合わせみた。

 サミットでは近隣からの苦情などを避けるために、あらかじめ店舗に駐車場を設置する際には、周囲に住宅などの家屋があれば基本的に「前向き駐車」を推奨としているという。

 「たとえば複数階の屋内駐車場でも、1階では近隣に配慮して前向き駐車を指定していても、2/3階などでは後ろ向き駐車として、適宜対応しています」とのこと。

 住宅地のなかにあるコンビニエンスストアなら、排ガスはもちろん騒音に関しても、塀などに反響する排気音などにも配慮が必要になるから、前向き駐車を推奨することになるのは当然かもしれない。

 駐車場に植え込みがある場合でも、直接排ガスが当たって傷んでしまわないように、前向き駐車を推奨することもあるようだ。

前向き駐車をしても違反にはならない

前向き駐車のお願いがあっても、従わず後ろ向き駐車にしたら、法的に問題はないのか?

 気になるのは、たとえば前向き駐車をお願いする看板を設置している駐車スペースで指示どおりに駐車しないと、法律に違反して訴えられるケースがあるのかということだ。

 この点に関しては、そもそも法律が存在しないうえに、店舗の敷地内は公的な場所とはいえあくまで私有地であって、警察の管轄外だから法律による取り締まりの対象にならないので不安にかられる必要はない。

 しかし、「前向き駐車をお願いします」という看板を見たら、やはりやむなき事情を鑑み、ましてや私有地に停めるのだから、前向き駐車をするべきだろう。

次ページは : 海外では前向き駐車、バック退出が当たり前