新型登場目前!! ホンダフィットの中古車を買う絶好の時期判明

 ホンダは、新型フィットを今秋に開催される東京モーターショーで発表する。

 そして、オデッセイやステップワゴンなどに搭載されている2モーターハイブリッドシステムi-MMDを新型フィットに搭載される。

 秋のフルモデルチェンジが予告され、現行型フィットはモデル末期を迎えているにも関わらず2019年1~6月の販売台数は4万5089台対前年比94%と大きな落ち込みもなくキープしているのはさすがベストセラーモデルと言える所以だ。

 今回はコンパクトカーのベストセラーモデルである現行型ホンダフィットの中古車事情について紹介しよう。

  文:萩原文博 写真:ホンダ


まず、今までのフィットを振り返る

 3代目となる現行型フィットは2013年9月に登場。プラットフォームは一新され、先代モデルに比べて全長とホイールベースが延長され室内空間が拡大。

 さらに搭載するパワートレインも全面刷新され、ガソリン車は1.3L、1.5L直列4気筒DOHCエンジンを搭載。トランスミッションはCVTを中心に、一部グレードに5速MT、6速MTを用意。

 また、ハイブリッドシステムも一新され、スポーツハイブリッドi-DCDと呼ばれる1.5L+1モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。ミッションは7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用した。

 しかし、デビュー当初このDCTの制御系でリコールを連発してしまい、ややネガティブなイメージが付いてしまった。2017年6月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともにホンダ独自の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を多くのグレードに標準装備し安全性を向上させている。

  現在、現行型フィットの中古車は約3900台流通しており、フィット全体の約56%を占めておりフィットの中古車の中心といえる状況だ。フィットがコンパクトカーのベストセラーモデルというのは中古車の年式分布にもしっかりと表れている。

  一般的なクルマはフルモデルチェンジした1~2年後の流通台数が最大で、その後減少し商品力を磨いたマイナーチェンジでやや盛り返し、その後フェードアウトという形になる。

  フィットの場合確かに2013年にフルモデルチェンジを行い、翌年の2014年が約1200台と最大となっているが、その後も約400~500台をキープし、マイナーチェンジ後の2018年に約900台という流通台数を記録。この爆発力こそベストセラーモデルの実力なのだ。

現行型はいくらで買えるのかを検証

ホンダフィット 買い物のしやすさもほど良い車で人気もある。
では中古車市場ではいかに?

 現行型フィットの中古車の平均価格の推移を見てみると、最大の需要期後の4月が約121万円。そして今月も約121万円と多少の変動はあるものの実質的には横這いとなっている。

 一方の流通台数は3カ月前が約3380台、そして現在が約3900台とわずか3カ月で500台以上も増加し、選び放題と言える状況だ。一般的に中古車は3年、5年、7年と車検サイクルを迎えた年に値落ち幅が大きくなる傾向がある。

 それは買取する際に残車検期間が半年を切ると車検切れと同じと見なされ査定額が下がってしまうからだ。フィットでこの法則を当てはめると5年落ちの2014年、3年落ちの2016年となる。

 しかしここでは5年落ちの2014年とマイナーチェンジを行い先進運転支援装備「ホンダセンシングが」が装備された後期型の2017年式で比べてみたい。

2014年式と2017年式どちらが狙い目?

 絶対的な価格の安さを求めるならば、年式の進んだモデルだけ紹介すればよいだろうが、中古車購入を検討している人にとってこれから何年間もパートナーとして付き合うクルマだ。ニュースで交通事故が毎日のように報道されている昨今、個人的には安全装備を無視して中古車を奨めることはしたくないからだ。

  まずは2014年式フィットの中古車事情を見てみよう。流通台数の多いグレードはトップがハイブリッドLパッケージとなり僅差でハイブリッドFパッケージが続き、ガソリン車の1.3G Fパッケージは3位となっている。最も多いハイブリッドLパッケージの平均価格は3カ月前の107万円から102万円へ5万円の値落ち。

  一方のガソリン車の最多グレード、1.3G Fパッケージの平均価格は88万~82万円へと7万円の値落ち。この結果、価格差は20万円となっている。この両グレード、新車時の価格差は約50万円もあったので、ハイブリッドLパッケージが大きく値落ちしていることがわかる。

  ただ、1.3G Fパッケージは諸費用込みでも100万円以下で購入できる物件が圧倒的に多く、やはりいくら燃費が良いといっても20万円差は大きいので、この年式ならばガソリン車の1.3G Fパッケージがオススメだ。

  続いてはマイナーチェンジを行いホンダセンシングを装着した2017年式を見てみよう。ホンダセンシング付きで絞ってグレードを調べてみると最も多いのがハイブリッドLホンダセンシングで、続いてハイブリッドSホンダセンシング、そして1.3G Lホンダセンシングとハイブリッド優勢のグレード構成は初期モデルと変わらない。

  平均価格の推移はハイブリッドLホンダセンシングが3カ月前は約180万円、今月も同じ約180万円で横這い。一方の1.3G Lホンダセンシングも3カ月前そして今月ともに約150万円と横這いとなっている。

  中古車の価格帯はハイブリッドLホンダセンシングが約138万~約192万円、1.3G Lホンダセンシングは価格の異常に安い修復歴車を除くと約108万~約169万円とかなり重なっている。この状況であれば、予算やボディカラーなどがマッチですればハイブリッド車の方がお得感は高い。

中古フィットを買うなら…秋がおすすめ

  現行型フィットの中古車は年式の進んだモデルならば、ガソリン車、安全装備が充実した高年式車ならばハイブリッド車のほうが割安感は高くなっている。

  また、現在は横這いとなっている中古車相場だが、秋にフルモデルチェンジを行えば、一気に値落ちが加速するはず。特にホンダセンシングの装着した後期型はモデルチェンジ後が買いのタイミングとなるはず。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ