【10年10万km走ったら足回り交換??】新車のような乗り心地に蘇させる方法とは???

 5万kmを過ぎた頃からクルマにヤレた感じが出てきて、「コトコトガタガタ」とどこからともなく音がしてきたり、「なんか乗り心地が悪くなってきた……」と感じているオーナーの方いませんか?

 とはいっても、新車に乗り替えるお金もないので、せめて乗り心地を新車時のように蘇らせたい……。そんな淡い期待を持っているオーナーの方も多いハズ。

 そこで、新車の時のようにしゃっきりとした乗り心地に蘇させるにはどうすればいいのか、モータージャーナリストの高根英幸氏が解説します。

文/高根英幸
写真/ベストカーWEB Adobe Stock


長く乗るとあちこちがヤレてくる

弊社社有車の初代プリウスは約38万km走行しているがしっかりメンテナンスを行ってきた

 本格的な夏到来のこれから、行楽や帰省にクルマを使うとなると、心配なのが出先でのトラブル。お盆など真夏のドライブで多いのはパンクとバッテリー上がりだが、その最大の原因には部品の老朽化だが、背景にある問題も考えてほしい。

 クルマのメンテナンスフリー化が進んだため、自分でクルマをメンテナンスしない(できない)ドライバーが増えたことも大きいが、 クルマの平均寿命にあたる平均車齢は、乗用車が8.60年で26年連続で高齢化していることもクルマのトラブルが多くなった理由の1つだ。

 長く乗っているクルマでは当然、タイヤやバッテリーも老朽化しているが、そればかりかいろいろなところがヤレてくる。

 壊れるまでその部品を使い続けることが、その他の部品にもダメージを与えたり、立ち往生や余計な出費につながることだってある。

 そうならないためには定期的なメンテナンスが必要だが、壊れなければそのまま乗り続けてしまいがちな人も少なくない。

 その原因の1つに、乗り続けているとクルマがヤレてきて新鮮味が薄れることから、愛情も薄れてお金を掛けたくないという心理が働いてしまうことがある。

 新車の時にはカチッとした感触で、室内もシンプルで清潔そのものだが、いつしか薄汚れて何だかゴチャゴチャと小物に溢れてしまっていないだろうか。

 走りに関しても同様だ。新車時の落ち着きのあるしなやかな走りから、ゴトゴト、ガタガタ、ブルブルといった振動や異音が走行中に伝わってくるようになってくる。

新車時の乗り味を維持できるのは5万~7万km程度まで

黒いゴムの部分がサスペンションアームのブッシュ。ブッシュ類を交換することで見違えるほど乗り心地がよくなる

 新車の引き締まった感触が好きな人もいるが、正確には新車から1万km走行した程度、部品同士のすり合わせなどフリクションが抜けてより動きがしなやかになった状態が、クルマとしてはベストな状態と感じる人も多い。

 それでも、そこからは確実に劣化していく。昔は国産車なら3万kmを超えると、新車とは雲泥の違いのヒドいヤレ方をみせるクルマもあった(特にコンパクトカーの足回りや駆動系)。

 しかし、最近のクルマは、低燃費と衝突安全性のための軽量化と、ボディの高剛性化、部品の工作精度向上によりフリクションロスが軽減しているため、摩耗による劣化が少ないから、5万km~7万kmまではいい感じの状態を維持できている個体も多いのが一般的になってきた。それでも10万km前後になれば、アチコチがヤレてくるのは避けられない。

 毎日通勤で使っているだけのドライバーなら、少しずつ劣化していく車体の状態には気付かないだろう。

 しかし10万kmも走行すれば、ダンパーは抜け、ブッシュなどのゴム類も劣化が相当進んでいるハズだ。このあたりをリフレッシュしてやると、かなり走りがシャキッとスムーズになり、新車の乗り味にかなり近づくハズだ。

足回りをリフレッシュするための費用は?

足回りのブッシュ類はこんなにある(出典/TRD)

 乗り心地を復活させたい場合、サスペンションのリフレッシュ、ダンパー(ショックアブソーバーともいう)ばかりに意識が集まりがちだが、アッパーマウントやサスペンションの各種ブッシュ、ロアアームブッシュといったゴム類を交換するのもおススメだ。

 新車時の引き締まった、しなやかな感覚が、サスペンションを交換しても、この感じが元に戻らないのはゴム製品のブッシュ類が痛んでいるためだ。

 足回りのアーム類の付け根はゴムマウントでできていて(特殊な車両を除く)、このゴムの部分が硬くなったりひび割れたり、動かなかったり、動きすぎたりして調子が悪くなるので、ブッシュを交換するとこれが一気に蘇るというわけだ。人間でいうと関節をイメージしてもらえばわかりやすいかもしれない。

 費用の参考までに2代目ヴィッツの場合を紹介すると、アッパーマウントは4000円前後、純正ダンパーはフロント1本1万8000円前後、リアは1本5000円前後といったところ。ディーラーで交換してもらう場合は工賃を含めて12万~15万円くらいかかる。

 ブッシュ類は上記の図のように数が多く、車種によって変わってくるため、一概には言えないが(NAロードスターは22個と多いことで有名)、フルブッシュ交換となると10万~20万円(工賃のほうが高い)くらいはかかると見ておいたほうがいいだろう。ディーラーや足回り専門ショップに一度相談してみるとよい。

 ロアアームのブッシュ交換も同時にやっておくことで工賃を節約できる。車種にもよるが国産車のロアアームのフロント、リアの新品部品をディーラーで購入すると工賃込みで1万5000円~。

ロアアームはゴムのブッシュだけを交換することができず、アームごと交換になる

 ちなみにロアアームブッシュはサスペンションとロアアームをつなぐ部分に取り付けられており、乗り心地やハンドリングの調整をしていて、ゴム特有のたわみを使って乗り心地をよくしたり、クイックなハンドリングを実現したりしている。

 ただ、ロアアームブッシュの問題点は、ブッシュのみでの交換ができない点。基本的にロアアーム全体での交換となるのだ。

 より壊れやすいのは重いエンジンが載っているフロント側。道路の縁石への乗り上げなどの事故での損傷が多いのもフロント側。フロントロアアームにはリアよりも、格段に大きな負荷がかかっているのだ。

 費用を抑えたいなら街の整備工場やカー用品店、タイヤ専門店を利用するのも賢い手である。

 また純正部品にこだわらないのであれば、純正のダンパーを製造しているKYBのアフターマーケット用ダンパーを選択するという手もある。

エンジンマウントも替えると効果絶大

エンジン始動時のアイドリングが高い時に、フロント周りからかなりの振動音がしていたらエンジンマントが劣化している証拠。最悪、亀裂が入っていたり、ちぎれていたりすることもある。写真はTRD製の強化エンジンマウント

 エンジンをボディに装着する部品がエンジンマウントで乗り心地に影響を与える。

 FFなどの横置きエンジンの場合、エンジンマウントが大きく劣化してしまうと発進停止や加減速、変速の度にパワートレインが大きく揺さぶられ、それが駆動系や足回りに余計な力を与え、負担を増やしてしまうから、せっかく足回りをリフレッシュするのなら、エンジンマウントも交換するべきだ。

 2代目ヴィッツのエンジンマウントをディーラーで交換してもらった場合、仕様や店舗によって若干差はあるものの、費用は3万5000円~4万円といったところ。オートバックスなどのカー用品店や街の整備工場の方が安上がりなのは前述のサスペンション同様だ。

 忘れてならないのは足回りを脱着、交換したら、四輪アライメントテスターでホイールアライメントを計測、調整してもらうこと。

 これはディーラーではあまりやってくれない(もしくは外注に出す)から、タイヤ専門店や大きなカー用品店などで作業してもらうことになる。

 ただしヴィッツなどのコンパクトカーの場合、リアサスペンションがTBA(トーションビームアクスル)という左右連結型であれば、リアは基本的にはアライメント調整はできないが、シャーシの歪みも含めて四輪がキチンと配置されているか、診断してもらったほうがいい。

 部品自体をネットで探して安く購入するのもアリだが、部品持ち込みでの交換作業は、工賃が割高になる(お断りの販売店もある)場合もあるので愛、事前に近隣のお店を調べてから、購入方法を考えたい。

シートのヘタリも影響大 走行距離以外にもヤレる要因がある!

 これまで走行距離が増えるとヤレると説明してきたが、あまり雑誌やメディアで語られてこなかったことが2つある。

 それは、シートのヘタリも乗り心地に大きく影響する、ということだ。座面のウレタンスポンジだけでなく、背面のスポンジも交換すると腰へのホールド感が改善されて、より新車に近い感触でドライビングを楽しめるようになる。

 最後に知っておいてほしいのは、走行距離だけでシートや足回りのヘタリ具合を判断することはできない、ということ。

 走行距離が少ないといっても渋滞に遭遇している時間が長ければシートはヘタっていくし、近所の買い物だけに使用しているクルマなら発進停止が多いので、駆動系や足回りの負担は通常の使用より厳しいものになることもあり、走行距離から想定される以上に車体は劣化する。

 これは中古車を購入した際のメンテナンスにも応用できる。内外装の状態のいい個体を選び、エンジンや変速機にも問題がないことを確認すれば7万~8万km走行の中古車でも、購入直後にキッチリとメンテナンスをした後に乗り回せば、激安中古車でもしばらくは好調なまま、走りを楽しむことすら可能なのである。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ