レヴォーグ、インプレッサ、レガシィのモデルチェンジ全情報!!


レガシィB4の国内販売終了、アウトバックは2020年10月発売!

2019年2月のシカゴショーで初公開された新型レガシィ。残念ながらレガシィB4の国内生産は終了となる
新型レガシィアウトバックの日本発売は2020年10月になる見込み

 新型レガシィおよびアウトバックは、2019年7月29日から北米仕様の生産が開始され、今秋から北米市場で発売開始される。

 普通に考えれば、日本では2020年4月あたりに発売されるはずだが、首都圏のスバル店によると「来春はない。2020年の秋か年末あたりではないか」という回答。

 たしかに2020年4月には新型レヴォーグが発売されるので、同じ時期に新型レガシィの発売される可能性は低いのではないか、ということだ。

 現行モデルを見ると、レヴォーグが2014年4月で、レガシィは2014年10月、半年ほどレヴォーグのほうが早かった。

 これから予想すると新型レガシィは2020年10月ということになり、これが順当とする見方が強い。

 さて、今回、スバルは重大な決定をしたようだ。国内販売で台数が望めないレガシィB4 の国内生産を中止する見込みなのだ。それはつまりB4の国内販売終了を意味する。
※編集部注:2019年1~6月はB4/523台、アウトバック/1951台、北米では月販1万5000台以上)

 思えば、セダンのB4は、好調なツーリングワゴンの影でひっそりと生き続けてきた印象が強いが、ツーリングワゴン亡き今、レガシィはアウトバックのみ生き残るということになる。

SGPを得てどんな走りをみせてくれるのか楽しみだ

 さて、新型アウトバックの進化はどのようものか見ていきたい。一見すると、マイナーチェンジなのでは? と思ってしまうが、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用した新規の6代目となる。

 ボディサイズは全長4860×全幅1855×全高1680mm。先代に比べ全長がプラス40mm、全幅がプラス15mm、全高がプラス20mm(X-BREAK同士の比較)と若干大きくなった程度で、2745mmのホイールベースも先代と同じだ。

 SGPの採用によって、ねじり剛性とフロントサスペンション剛性が旧型比プラス70%。フロント横曲げ剛性とリアサブフレーム剛性がプラス100%となっており、ハンドリング精度と動的質感が大幅に向上している。

 また、前面/側面衝突においては、そのエネルギー吸収は40%以上改善され、より高い衝突安全性能を実現しているという。

 北米仕様のアウトバックには、フォレスターと共通のFB25型2.5L直噴エンジン(182ps/239Nm)に加え、アセントに初搭載されたFB24型2.4L直噴ターボ(260ps/376Nm)の2種類のエンジンが用意される。

 注目は、XTというグレードに搭載されている2.4L直噴ターボ。アウトバックにターボ復活! と喜んでいるスバリストがいるかもしれないが、残念ながら日本にはFB25型のみのラインアップとなる見込み。

 トランスミッションは、インプレッサ以降に採用されている新世代のリニアトロニックを搭載。チェーンピッチを小さくして変速比を大きく取り、レシオカバレッジを拡大。高速巡航時の使用回転域を下げて燃費向上を図っているCVTだ。

 AWDシステムはX-MODE付きのアクティブトルクスプリットAWDの改良版。X-MODEの切り替えは11.6インチの大型ディスプレイのタッチスクリーンで行う。

 さて、新型レガシィアウトバックの発売は2020年10月。見た目以上に進化した新型アウトバックに早く乗ってみたい!

最近のスバルデザインの流儀に則り、視界のいいコクピットと質感の高いダッシュボードが特徴
センターコンソールには巨大な11.6インチのディスプレイを設置。ナビ、カメラ画像、車輌情報、エアコン操作、AVなどインフォティメント機能がここに集約される
日立オートモティブとの協業で開発が進められてきたアイサイトは今回のレガシィおよびアウトバックで最後となる。新型レヴォーグ/WRX S4からスウェーデンのオートリブ製ハードウェアへ換装されるという

■首都圏のスバルディーラー 営業マンの証言

 B4の国内販売終了の影響はないのだろうか? 首都圏のスバルディーラーの営業マンに聞いた。

「レガシィは最近マーケットニーズが極端に小さくなっています。B4は特に売れゆき不振なので、次期型でなくなっても支障はありません。寂しいですけれど……。

 アウトバックはSUVブームに支えられているので、新型になれば売れゆきが高まります。

 XV、フォレスターの上級シフトユーザーの受け皿になれるので次期型には期待が持てます。

 SGPを採用してボディ剛性や走りの性能が大幅に向上していると思いますので、相当期待できるのでは。

 現行モデルはモデル末期なので、大幅値引きをしないと売れなくなっています。逆にユーザーから見ると狙い目ではないでしょうか」。