【突然の災害にも役立つ! 】クルマで使える電化製品5選

 台風15号により、千葉県ではいまだ断水や停電が続いている地区がある。東京電力が被災地支援のために、EVを約40台派遣したというニュースもあったが、すべての家庭をカバーすることは難しい。

 そんな困った時に活躍してくれるのが、自宅にある愛車だ。EVほどのバッテリー容量はないが、エンジンをかけながらであれば、もっとも身近な発電機として活躍してくれて、電化製品を使用することも可能になる。

 今回はレジャーだけでなく災害時にも役立つ、車載式インバーターを持っていなくてもシガーソケット(DC12V)から直接使用できる電化製品を、なにわのカーグッズ評論家が解説する。

文/松平智敬
写真/編集部


■大震災をきっかけに生まれた「電気炊飯器」

「あったかいご飯が食べたい」……多くの日本人が持つ思いを、クルマの中でもかなえてくれたのがこのグッズ。

 最近は包装米飯のレベルも上がってきているが、やはり炊き立てのご飯を支持する声は大きい。機能が炊飯に特化されているために効率的ではないので、ディーラーオプションとなるのは難しく、カー用品店・バラエティグッズ店・通信販売などで購入するのが定番だ。

  ヒット商品のひとつ、「タケルくん」(参考価格:4800円)は東日本大震災をきっかけとして生まれた、防災グッズとしての側面を持つ。今ではトラック運転手やアウトドア愛好家にファンが多く、その性能はかなり高いと評判だ。

直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001/Amazon参考価格:4800円 ※画像をクリックすると詳しい商品情報が見られます

 電源はシガーソケットからとることができて、消費電力は110~120W程度と意外に小さい。炊飯量は1.5合(1~2人分)で、調理時間は炊飯30分と蒸らし10分で終了。コンパクトで収納しやすく使い方も簡単なので、秋の行楽シーズンにはもってこいのグッズである。

■クルマの揺れも問題なし「湯沸かし器」

 車載用湯沸かしポットは40年以上前から販売されている、元祖車載家電グッズだ。電熱などでお湯を沸かすというシンプルな構造は、以前からそれほど大きな変化はない。

 一番大きく変わったのは安全性である。なにしろ、誤ってかかれば大やけどをする100度近いお湯が沸くのだ。子供や高齢者が乗車し、ある程度揺れが予測できるクルマで使うには、相当の安全対策が必要だ。

 若者からファミリーまで、比較的人気が高いのは「シリコンボトル電気ケトル」(実勢価格:約5200円)だ。沸かせるお湯の量は500mlで、温度設定は50℃と95℃の2モードがある。

 ボトル底部はドリンクホルダーに収まる形状になっており、キャップは密閉型だから揺れに対する安全性もバッチリだ。

 さらに、同タイプは蛇腹のシリコン製でコンパクトにたたむことができる。消費電力は約100Wに抑えられている。これからのシーズンに、持っていると便利なグッズだといえよう。

セイワ「シリコンボトル電気ケトル」実勢価格:約5200円

■夏も冬も活躍する「冷温蔵庫」

 アウトドア需要が根強いこともあって、車載用冷蔵庫はディーラーオプションとして設定されるほど人気がある。当然、アフターマーケットでも古くから商品化されてきた。

 当初はクーラーボックスの延長のようなもので、冷却性能や消費電力がイマイチなものも多く、「贅沢なおもちゃ」といった位置づけであった。

 しかし、昨今は気化圧縮式(家庭用と同じ)・吸熱式(アンモニア式)・電子式(ペルチェ方式)といった冷却技術が進化し、高性能なものが増えてきた。なかには冷凍ができるものや、保温に切り替えられるものもある。

  売れ筋は、コンパクトな省電力タイプの冷温蔵庫。「D-CUDE S」(実勢価格:約2万1600円)などはその代表格だ。横235mm×縦30mm×奥行30mmと小ぶりだが、庫内容量5.5L(500mlペットボトル4本分)の広さがある。

 冷蔵5℃・温蔵60℃の性能を持ちながら、消費電力は42Wとわずかだ。

 ほかにも、用途に合わせて各メーカーからさまざまなものが発売されている。

ツインバード 「D-CUDE S」 実勢価格:約2万1600円

■人もペットも使える「ポータブルシャワー」

 お風呂のない場所に行く、本格的アウトドア愛好家には古くから必携のグッズである。タンクやバケツなどに入れた水を、ポンプで吸い上げてシャワーとして利用するという仕組みだ。

 今では、夏場の海や川遊びなどでも使う人が増えている。原理は灯油ポンプと同じなので、乾電池式でも相当のパワーがあって充分な実用性がある。災害時を想定するなら、電源のいらないプッシュポンプ式や吊り下げ式が便利だ。

 なかには、水を入れておく袋が吸熱タイプになっており、太陽光にさらせば暖かくなるというアイデアグッズもある。

 クルマで使うなら、シガーソケット電源式が一番便利。「パワードシャワーYD」(参考価格:4212円)はホースが2m、電源コードが6m、射水距離は2.6m。シャワーヘッドにある吸盤をドアの窓に吸着させれば、ハンズフリーで使用できるのも便利だ。水が50Lあると10分間使用可能。

 水が少ない場合もあるので、こういったスペックは要チェックだ。

ロゴス パワードシャワー(DC専用)/Amazon参考価格:4212円 ※画像をクリックすると詳しい商品情報が見られます

■女性からのニーズが高い「ドライヤー」

 かつては国内メーカーがOEMなどで盛んに製造し、カー用品店の定番商品として並んでいたが、現在では海外からロット注文で入ってくるものが多いようだ。したがって、同じ商品が安定的に供給されていないことが増えて、通信販売が流通の中心ルートになっている。

 車載用ならではの特徴はシガーソケット電源で使えることと、小型で折りたためるのでコンパクトに収納ができるということ。グローブボックスなどにも、すっぽりと収まる程度の大きさだ。

 100V家電タイプと比較するとパワー不足感は否めないが、充分用が足りるレベルのものが多い。雨の日には、ウィンドウの湿気取りにも役立つ。

 実勢価格は、2600円~6000円程度。SUNNY・MIFO・TKSといったブランドで販売されている。重量は250g程度と軽いので扱いやすい。温風が約65℃なので熱量は充分だが、消費電力は約200W程度になる。そのため、エンジンをかけた状態で単独使用することが望ましい。

TKS シガーソケットで使える車載用ヘアドライヤー 12V車専用 /Amazon実勢価格:2480円 ※画像をクリックすると詳しい商品情報が見られます

 今回紹介した以外にもDC12Vで使用できる電化製品は数多くありますので、チェックしてみると面白い商品に出会えることも。

 レジャー用のみならず緊急時用として持っておくことをお薦めします。

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ