日産セレナの魅力と短所とは? ミニバン王者の風格で販売1位快走中!!


 2018年のミニバン販売台数NO.1達成に加え、2019年上半期もミニバン販売台数NO.1(53,662台)も達成。

 そして、2019年8月も、シエンタ、プリウスに続き、登録車第3位(7,714台)を達成するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの日産のミニバン『セレナ』

 8月のマイナーチェンジで、押し出しが強いド派手なフロントフェイスとなり、ノア/ヴォクシーやステップワゴンに比べて控えめだった見た目も、ライバルに引けを取らないものを手に入れた。

 しかし、パーフェクトなクルマなんて世の中にはそうはなく、弱点は存在する。

 今回セレナのいいところ、よくないところについて、元日産開発エンジニアの筆者が古巣に忖度なく解説する。

  文:吉川賢一 、写真:日産、トヨタ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】ミニバン販売台数No.1セレナとライバル車

 新型セレナの試乗記はこちら→【安心! 快適!! かっこいい!!!】日産Newセレナが売れてる理由がわかった


室内空間が大きく広い!! そしてカッコよくてコスパが高い!

日産セレナ(2019年マイナーチェンジ)

 セレナを選ぶ人の多くが、セレナの室内の広さやボディの大きさ、そしてカッコよさに惹かれているという。特にハイウェイスターは、セレナの代名詞ともいえるグレードであり、日産の力の入れようも半端ない。

 そして、何といっても一番の魅力はe-POWERにあるだろう。ハイブリッド車であるのに、他メーカーのハイブリッド車と比べると、価格がだんぜん安いのだ。

 ちなみに、セレナ e-POWERハイウェイスターVとライバル車であるトヨタヴォクシーとホンダステップワゴンの3車種の価格を比較してみると、

  • ・セレナe-POWERハイウェイスターV:車両本体318万1000円
  • ・トヨタ ヴォクシーHYBRID ZS:車両価格328万6440円~
  • ・ホンダ ステップワゴンSPADA HYBRID G Honda SENSING:車両価格335万0160円~

 となる。この3台の比較ならば、廉価なe-POWERシステムを搭載したセレナが、最もコスパが高いといえる。

トヨタ アルファード
一番良いグレード価格で700万円もする

 最上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアには予算的に届かないまでも、大きめなミニバンが欲しいという方には、このミドルクラスミニバンの中では、セレナがベストチョイスなのだ。

運転席からの視界が良く安心感が高め

開放感が非常に高く、視界良好である

 運転席に座るとまず感じるのが、視界の良さだ。フロントウィンドウやサイドウィンドウ、そしてAピラー下の小窓まで合わせると、非常に大きなガラスエリアとなっており、開放感が非常に高い。

 また、ドライバーの着座位置が高く、上から見下ろすようになる視界となっているため、爽快感も味わうことができる。

 この開放的な空間を味わえるだけでもセレナには価値がある。しかも、1列目だけでなく、2列目や3列目でも、視界は優れており、家族や仲間たちと長距離旅行の際など、セレナはベストチョイスだといえるだろう。

広めの車内空間があり、大人数においてもゆったりと過ごせる
(画像は2018年にセレナe-POWERが登場時の内装)

次ページは : カタログ燃費と実燃費の乖離が大きい

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ