【新型スカイラインの超進化を見た!!】 プロパイロット2.0は異次元の安心感がここに

 待ちに待ったマイナーチェンジ版のスカイラインを試乗できる時がやってきた! ベストカーとしてはやはりV6、3Lツインターボエンジンを搭載したモデルが気になる。

 このV6、3Lツインターボにはチューニングの違いで304ps/40.8kgm仕様の「GT」系と、405ps/48.4kgm仕様の「400R」の2タイプが用意されている。

 当然400Rが気になるのだが、今回の試乗会では残念ながら400Rの準備がなく、ベースモデルともいえる304psモデルのインプレッションをお伝えしたい。

 もちろん、世間的にもっとも注目が集まっているであろう、高速道路同一車線でのハンズオフを可能とした「プロパイロット2.0」についてもたっぷりご紹介する。

【画像ギャラリー】スカイライン“らしさ”を取り戻した!!? ニューモデルの外観をギャラリーでたっぷりと!

※本稿は2019年9月のものです
文・写真:ベストカー編集部(撮影:奥隅圭之)
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号(試乗日:8月28日)


■先代から大きくリファインされた外観

 まずはマイチェンスカイラインの全体像。大きく印象を変えたフロントマスクや丸形テールランプを採用したリアコンビランプなど、エクステリアのリファインが第1のポイント。

V6、3.5Lハイブリッドモデルの外観

 そしてV6、3.5Lハイブリッドモデルには前述の『プロパイロット2.0』が標準搭載されたのが技術的には大きなポイントとなる。

 一方で、北米モデルには以前から搭載され、国内モデルへの待望論が大きかったV6、3Lツインターボエンジン搭載モデルが登場し、直4、2Lターボエンジンが廃止された。この3Lツインターボモデルには『プロパイロット2.0』はオプションとしても搭載されない。

■V6、3Lツインターボ搭載モデルは軽快なスポーツセダン!

 では3Lツインターボを搭載するGTタイプPで走り出そう!

 エンジン自体は特に荒々しいことなどもなく、思ったほどの強烈なインパクトはないのだが、それでも2000rpmあたりからアクセル踏力に応じてグググググと立ち上がるトルク感は気持ちがいい。

304ps/40.8kgmを発揮するV6、3Lツインターボを搭載するスカイラインGT。427万4640円からという価格設定はハイブリッドよりも100万円以上お安く、軽快なハンドリングや気持ちのいいエンジンフィールなど、「スカG」らしさを味わうにはベストモデル

 そのままアクセルを踏み込んでいけば7000rpm直前まで淀みなく吹け上がり、車速はグイグイと上昇する。クルマ全体が軽くなった印象だ。

 実際、ハイブリッドモデルと比べると110~120kg軽いのだが、そうした物理的な軽さと同時に、アクセルワークに対してレスポンスよく車体が反応してくれることから感じる「軽快感」が気持ちいい。

 これまであった直4、2Lターボでは感じられなかったフィーリングだ。

 この軽快感はハンドリングからも伝わってくる。ハイブリッドモデルがドッシリとした重厚な操舵感なのに対し、3Lターボは操舵に対して俊敏にノーズが反応し、スッスッと向きを変えてくれる。

こちらはハイブリッドモデルだが、外観上はフロントフェンダーサイドの「HYBRID」エンブレム以外に大きな違いはない。ただ、走り味は軽快なターボモデルに対し、やや重厚な操舵感となるなど、明確にキャラクターの違うモデルとしてチューニングされている

 今回のマイチェンで国内仕様のスカイラインはすべてのグレードでバイワイヤー式の「ダイレクトアダプティブステアリング」(DAS)が標準装備となっているのだが、初期モデルで感じた違和感はすっかり影を潜め、操舵に対する車体の反応、逆にタイヤ側から入ってくる反力に対するステアリングでのキックバックなど、ドライバーが感じ取る『操舵感』がとても自然で洗練されている。

 予備知識がなければDASであることはわからないだろう。それほど自然で、しかもハイレベルのハンドリングチューニングを実現している。

 これならスカイラインはスポーツセダンだ! と自信を持ってオススメできる。

V6、3Lツインターボ405psの「400R」もラインナップ。赤キャリパーや黒ドアミラーなどが特徴となる
最大トルク48.4kgm/1600-5200rpmを発揮するV6 3Lツインターボ搭載の「400R」が新設定されたのは、国内のスカイラインファンにとっては大きなトピックといえるだろう。8月25日時点で400Rは約380台の受注で、これは全体の24%に相当する
400Rのインテリアはブラック基調となり、本革シートはキルティング模様とレッドステッチが施される専用タイプ。インパネやセンターパネルは本アルミのフィニッシャーを採用する

【画像ギャラリー】スカイライン“らしさ”を取り戻した!! ニューモデルの外観をギャラリーでたっぷりと!

■手放しでコーナーもスムーズ走行!! 「プロパイロット2.0」は未体験ゾーンに!

 プロパイロットは高速道路における同一車線走行を基本としており、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作の支援をする。ドライバーは常にハンドルに手を添えている必要がある。

 これに対し「2.0」は「高速道路の複数車線」を対象としている点が最大の違い。そしてカーナビで目的地を設定し、ルートガイド状態にある場合、一定の条件を満たせばハンズオフ、つまり手放しでのドライブが可能となっているのがトピックスだ。

 極端な話、100km/hでACC(アダプティブクルーズコントロール)を作動させながら高速道路を延々と手放し状態で走り続けることができるのだ。

メーターパネル内のプロパイロットモニター画面の表示がブルーになっていることがおわかりいただけるだろうか!? この状態になるとハンズオフ運転が可能となる

 これには3D高精度地図データの存在が不可欠。プロパイロット2.0には高速道路の大部分の区間を網羅する3D高精度地図データがインストールされており、年数回自動的にアップデートされるようになっている。

 さらにフロントのミリ波レーダー、3眼カメラ、4つのサイドレーダー、7つのカメラ、12個のソナーによる360度センシングにより自車周辺を検知。

 周辺車両の存在はもちろんのこと、白線や標識などを見ている。

 GPSによる自車位置情報と3D高精度地図の情報を照合し、数センチ単位で自車の位置を把握して車線内のセンターをキープするように制御する。

 カメラの情報から車線内をキープする一般的なLKA(レーンキープアシスト)がリアクティブ制御なのに対し、プロパイロット2.0のLKAはアクティブ制御ということだ。

 さらに高精度地図情報により、カメラで把握するよりも前方の道路形状(曲率や勾配等)がわかっているため、コーナーの曲率に合わせた滑らかな自動操舵やACCの速度コントロールが可能となる。

 実際、ACCの加減速はスムーズで動きはベテランドライバーのアクセル操作と遜色ない印象だ。

最初は手の置きどころに戸惑ってしまったハンズオフドライブ。高速道路のコーナー区間も車線のど真ん中を安定してビシッとトレースするので安心感は高い

 メーターパネル内のモニター画面がグリーンで表示されている時は手放し不可の状況。例えば中央分離帯のない対面通行区間だったり、分岐や合流が多い区間や車線がなくなる料金所手前など。

 制限速度でACCが作動してしばらくすると、このグリーンだった表示がブルーに切り替わる。ハンズオフが可能となった合図だ。

 むむむむ……、最初は恐る恐る手を離してハンドルの近くに漂わせていたのだが、直線はもちろんのこと、コーナー区間でもビシッと車線中央をキープして淡々と走り続けるので、こちらも次第に安心感が高まってくる。一般的なLKAの操舵支援システムとは次元が違う。

 車線内で小刻みにフラフラするようなことはいっさいなく、そこにレールが敷かれているかのごとく一直線に安定している。すると今度は手の置き場が気になってくる。

右側下のブルーのマークがプロパイロットのメインスイッチ。中央部のセットボタンを押すと作動開始となる。ルートガイド走行時、車線変更の必要が生じるとクルマ側からその提案がなされ、承認する場合は右上のスイッチを押す

 右肘を窓枠に乗せてみたり、アシストグリップを握ってみたりするのだが、イマイチ落ち着かない。結局、膝の上に置くのがなんとなく収まりがいいと感じた。

 分岐点に近づくとモニター画面に車線変更を提案する文字が出る。ステアリングのスイッチで承認すると自動的にウインカーが点滅。ここでブルーからグリーンに表示が変わりステアリングに手を添える。

 後方モニターカメラが車線変更の安全を確認するとスススとステアリングが動きスムーズに分流車線に移動しウインカーは消灯。現時点では車線移動時のハンズオフは法規制上できないのだが、技術的には充分可能だろう。

 とはいえ今後の課題もある。技術的というよりも法規制面の問題なのだが、ハンズオフは制限速度の領域でしか機能しない。また60km/h以下では作動しない。

 例えば分岐車線で制限速度が50km/hとなるとキャンセルされる。現実的な交通の流れを考えると、多少の速度超過を許容する現実的な運用も必要になってくるだろう。行政当局との綿密な調整が必要だ。

高速道路出口ではクルマが自動的に車線変更を提案:中央道上野原インターで本線から分流して行く場面。ハンドルに手は添えているが、ウインカー動作から操舵までクルマまかせの状態
スカイライングレード展開と価格表
スカイライン主要諸元

【画像ギャラリー】スカイライン“らしさ”を取り戻した!! ニューモデルの外観をギャラリーでたっぷりと!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ