クラウン vs BMW 320i、スープラ vs Z4…ほか 走りのガチ対決 5番勝負!!


 SUVを中心としたジャンル別5対決に続き、本企画では走りで鎬を削る10モデルで5番勝負を実施。自動車評論家松田秀士氏、斎藤 聡氏が、走りの質感やエンジン性能、ハンドリングなどの5項目で真剣比較。総合点で優劣を争う。

●ラインナップ
[Battle01]マツダ3 vs VW ゴルフTDI
[Battle02]トヨタ クラウンターボRS vs BMW 320i
[Battle03]トヨタ スープラ vs BMW Z4
[Battle04]ホンダ シビックタイプR vs ルノー メガーヌR.S.
[Battle05]スバル WRX STI vs VW ゴルフR

【画像ギャラリー】 “走りが良い”のはどれ!? いずれ劣らぬ10モデルを画像ギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:松田秀士、斎藤 聡/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■マツダ3 vs VW ゴルフTDI

(TEXT/斎藤 聡)

 マツダ3とゴルフVIIの印象をひとことで言い表わすなら、マツダは柔らかく、ゴルフは硬い、そんな印象がある。

 硬いからよく、柔らかいからダメとか、その逆だからダメということではなく、単純に乗り味から受ける感触がそんな印象なのだ。

 ゴルフは、このクラスを「ゴルフクラス」ともいうように、欧州Cセグメントの巨人。ボディは感心するくらいカチッと作られていて剛性感を感じるし、堅牢なボディに包まれている安心感がある。

●VW ゴルフTDI(253万9000~534万9000円)

Cセグメントモデルのベンチマークとして君臨し続けるのがVWゴルフ。現行型ゴルフVIIは2012年にデビューした末期モデルながら完成度抜群

 操縦性は操作に対する応答の精度が高く、クルマが思いどおりに動いてくれる。

 組み合わされるエンジンはダウンサイジングを実践した1.2Lと1.4Lの直噴ターボエンジン。新たに導入されたディーゼルエンジンは、欧州で一般的な150psを境にした税制に対応したもので、2Lディーゼルターボを搭載。150ps/34.7kgmを発揮する。

 2種類のガソリンターボは低回転域からターボがふわりと効き、100km/hくらいまでの力強い加速を実現。ディーゼルは34.7kgmの最大トルクが効いて、力強くかつ速い。

 一方、マツダは滑らか、しなやかといった感覚の乗り味があり、硬質なところがまったくない。

●マツダ3(218万1000~322万1400円)

アクセラから車名を変更し、日本国内でもグローバルと同じくマツダ3となった。搭載するエンジンは直4の1.5Lと2L、直4の1.8Lクリーンディーゼル。ウリとなるSKYACTIV-Xエンジン搭載車は遅れて今年末に追加設定となる。ファストバックとセダンのラインナップ

 それでいて操作に対する応答が素直。素直どころか、ドライバーの操作を一部補正しながらドライバーの操作の意図を汲んでくれるようなところがある。

 このマツダの操縦性は、広くあらゆるドライバーにとって優しいのだと思う。

 エンジンは、ミドルサイジングを提唱して、ガソリンが2Lと1.5LのNAエンジン、ディーゼルが1.8Lターボを用意している。

 エンジンの設定はみごとで、マツダ3のキャラクターを考えると、例えば160ml入るコップにすり切り一杯水を満たしたパワー感。必要十分だがプラスαの余裕がない。

 コンサバティブなゴルフに対して、新しい潮流のマツダ3といえるのかもしれないが、よくでき過ぎてキャラが薄い印象なのが物足りない。

■斎藤 聡の採点
・走りの質感…マツダ3 9点/ゴルフTDI 8点
・エンジン性能…マツダ3 7点/ゴルフTDI 8点
・ハンドリング…マツダ3 8点/ゴルフTDI 9点
・ファントゥドライブ度…マツダ3 8点/ゴルフTDI 8点
・コストパフォーマンス度…マツダ3 9点/ゴルフTDI 9点
・総合点…マツダ3 41点/ゴルフTDI 42点

■トヨタ クラウンターボRS vs BMW 320i

(TEXT/松田 秀士)

 320iが523万円、クラウンRSも518万4000円で、価格的にはイーブン。何で差がつくかと考えるが、これは非常に難しい戦いだ。

 走りの質感はBMW。エンジン性能はトランスミッションとの制御も関係するが、こちらも320iが僅差で勝る。

 だがハンドリングはクラウンが勝っている。コーナリング時の旋回軸のZ軸(ヨーイング)がフロント寄りにあって少ない舵角で曲げることができる。

 320iはリア寄りで安定志向に振っている。なので、ハンドリングのなかでも、特にファン・トゥ・ドライブ度はクラウンが勝る。

 320iもいいんだけど、それよりもクラウンが頑張っているといえる。この勝負は僅差ですがクラウンターボRSに軍配です。

●トヨタ クラウンターボRS(500万400~559万4400円)

●BMW 320i(523万~583万円)

クラウンターボRSはバンプラバーに当てて、カチッとしたフィーリングのコーナリングとしているが、320iはBMWの考え方だろうが、ある程度ロールさせながら曲げるセッティングになっている

次ページは : ■トヨタ スープラ vs BMW Z4

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ