クルマ好きなら知っている? 自動車会社の社風と慣習


 マイルールがあるように会社にも独自のルールがあったりする。いつのまにかそれが文化になり、会社の特色になるなんてことも多い。

 今回は自動車関連企業の「社内あるある」を教えてもらったのでいくつかみていこう。

 文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部、西尾タクト
ベストカー2016年6月26日号


社風に見る自動車会社の素顔

 どこの会社にも社風があるように、ベストカーのコンテンツを作っている講談社ビーシーにも社風があったり。

 例えばみんなクルマ好きだからどこに行くにもクルマを使うのは日常茶飯事。編集部のある東京から名古屋に行くのはもちろんクルマ、下手したら本州内ならクルマでOKという編集者も。

 またスポーツカーの広報車をメーカーに借りにいくと、なかなか帰ってこないなんてことも多々あったり。ひととおり好きなだけ運転しないと気が済まないというクルマ好きオジサンたちの集まりでもある。

 こうなると気になるのが自動車会社やパーツメーカーにも、同じような社風があるのだろうかということ。そこで今回は各社の協力のもと、ユニークな社風や慣習を集めてみたので紹介しよう。

部下が運転するのはむしろ失礼!? クルマ好き集団の企業たち

 【スバルの場合】

 「うちの会社では、特に開発部門の社員がクルマで出張に出る際、誰が運転するかでもめるんです。たいていの場合、上司が権限にものをいわせてハンドルを握ってしまうのです。

 そこで部下が運転席を確保して譲らなかったりすると、上司がちょっとふくれっ面になったりするシーンをそこかしこで見かけます。

 また冬の雪道がある場所への出張の際はAWDの性能を確認するためか、その傾向はもっと強くなります。もはや闘いなんです」

 【オーテックジャパンの場合】

 「ウチもスバルさんと同じで外出時の運転は上位職が積極的にやりたがります。ウチは小規模な会社なので、社用車は8台しかありません。そのうち2台がMT車なのですが、まずこのMT車から使用予約が埋まるんです」

 両社とも運転を上司が進んでしてくれるなんて、一般の会社からしたら嬉しい事態。でも部下もクルマ好きだから運転したくてたまらないというのが少し異なるところかも!?

スカイランの父、櫻井眞一郎氏をルーツにもつオーテック。社員のクルマ好き度は各社のなかでもずば抜けて高そう。写真はオーテック製のスカイラインGT-R 4ドアバージョン(BCNR33改)

次ページは : 鈴木さんの悩みは自動車会社にも