近藤真彦監督独占インタビュー「若い子たちにクルマに関心を持ってほしい」

近藤真彦監督独占インタビュー「若い子たちにクルマに関心を持ってほしい」

 スーパーGT、スーパー耐久などでおなじみのKONDOレーシング。その監督を務めるのが近藤真彦監督だ。

 今回はWEBベストカーが近藤監督に独占インタビューする機会をいただき、若者とクルマに関してインタビューを実施。監督は若者にクルマの楽しさを知ってほしく熱心に活動中。

 チームのピットに日産大学校の生徒を招き入れ、本物の空気を体感させようとするほど熱心だ。そんな近藤監督の熱い言葉をお届けしよう。

 文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


若い子たちにクルマの仕事に携わってほしい

 BC:スーパー耐久シリーズチャンピオンおめでとうございます。スーパーGTも2勝をあげましたが、どのような1年でしたか?

 近藤監督:ありがとうございます。初チャンピオンなので嬉しいですね。2017シーズンもGTもスーパー耐久もさらなる頂点を目指して頑張ります。

 BC :スーパー耐久で日産自動車大学校とのコラボレーションプロジェクトをしていますが、近藤監督ご自身の思いはどのようなものですか?

 近藤監督:2016シーズンで5年目を迎えたプロジェクトですが、日産自動車大学校の学生をレース現場で教育するというものです。

 教育プロジェクトですから、学生たちを育てなければならない。プロジェクトの最初期は大変でしたよ。

 BC:現場からの反発もあったのですか?

 近藤監督:学生をピットのなかに入れるまではよかったのですが、ある日メカニックから電話があったんですよ。

 「監督、本当にこの子たちをこれからも現場に入れるんですか?」って。プロの目から見たらまだ技術的にも、年齢的にも若いから当然の反応ですよね。

 BC:それでもやるとおっしゃったのですか?

 近藤監督:僕をはじめ、日産自動車大学校の先生方なども必死に説得してくださってこのプロジェクトが始まりました。

 BC:レースの現場にいわば素人の学生たちを入れるリスクはあると思いますが、そこまでする原動力はなんだったのでしょう?

 近藤監督:とにかく若い子たちに自動車産業に感心を持ってもらいたい。日産自動車大学校に行ってみて、つまらなければ辞めてもいい、日産自動車に就職しなくてもいい。

 でも、とにかくクルマっておもしろいということを多くの子に理解してもらいたかったんです。

1月9日開催の第7回イイコトチャレンジにてインタビューを実施。近藤監督は多忙のなか、ベストカーだけに熱い思いを語ってくれた
1月9日開催の第7回イイコトチャレンジにてインタビューを実施。近藤監督は多忙のなか、ベストカーだけに熱い思いを語ってくれた
日産で2016シーズン唯一のチャンピオン獲得でニスモフェスティバルで表彰されたスーパー耐久24号車。学生の頑張りもあった
日産で2016シーズン唯一のチャンピオン獲得でニスモフェスティバルで表彰されたスーパー耐久24号車。学生の頑張りもあった

次ページは : 子どもの教育に関して望むこと

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ