「アンダー200万円」で買える!! 国産MT中古車コレクション

「アンダー200万円」で買える!! 国産MT中古車コレクション

クルマ好きの大好物3ペダルMT。WEBベストカーでは以前、アンダー300万円で買える現行3ペダルMT車を特集。しかし「300万円では高すぎる」という意見もあったので、今回は中古車をメインに「アンダー200万円」のMT車選びを紹介しよう。スポーツを感じることができる車種をメインにセレクトしてみた。ぜひ中古車選びの参考にしてもらいたい。

文:WEBベストカー編集部/写真:ベストカー編集部、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スズキ、スバル



150万円〜200万円クラス


中古車でもっともホットなゾーンといえるこの価格帯。たいていの車種は手に入ると考えてもいいクラスだ。往年のあのスポーツカー、そして近年のコンパクトクラスなどよりどりみどり。さっそくみていこう。

■やっぱり86&BRZはかかせない
現行車でも注目度抜群だったのが86&BRZ。その性能、基本設計のよさは今更説明不要だろう。ただしこれらを新車で買うとゆうに300万円オーバー。いくら4シータ−とはいえ4人家族のお父さんがこれ1台ですべてをまかなうのは厳しい。

そもそも価格が大ネックだ。ところが、いまならこの2台も初期型を中心に160〜200万円で購入可能だ。走行距離は5万km前後にはなるが、まだまだオーバーホールの心配も不要。なにより嬉しいのが後記型のパーツなどが基本的にボルトオンで流用可能なこと。

また社外パーツも多く、カスタマイズの可能性だって多く残されている。中古価格は下がる可能性もあるだけに今後の展開にも注目!!

■グループAの興奮を再び
R32のGT-Rが200万円以下で買えるのはラストチャンスに近いかもしれない。数年前まで150万円前後で修復歴ナシ、ワンオーナー、走行7万kmぐらいの「上玉」が買えたのだが、近年は値上がり傾向がずっと続いている。アメリカへの輸出解禁、そしてクルマ自体が後世に遺す遺産として認められつつあるからだ。

そんなR32を200万円で買うには3つのポイントがあるという。元32オーナーの編集部員の解説をぜひお聞きいただきたい。

(1) 走行距離よりもサビを重視する
(2) 記録簿に気をつける
(3) フルノーマルに固執しない

サビに関してはR32は構造上の特性からリアフェンダーにサビが発生しやすい。そのサビがどんどんボディ全体を蝕み、すべて直すのに200万円なんてことも。とにかくエンジンなどよりボディの程度が大事になってくる。

さらに記録簿は重要で、どこのディーラー(もしくはショップ)で点検を受けていたかは明確にしたいところ。古い車種だけに得体の知れないパーツや、工作があることも多々あり、その個体の生い立ちをしっかりと見ることが重要なのだ。

さらにフルノーマル信仰が強いR32だが、あまりそこに固執しているとあっという間に300万円オーバーとなってしまう。社外部品を純正品に戻すことも不可能ではないから、コストをしっかり計算することをおすすめする。

あの直6サウンド、そしてR32に乗っていることの優越感は別格だ。維持費を別に200万円ほどは貯金しておくことを推奨する。きっと10年ほどするとその出費に必ず見合う価値が出てくるはずだ。

■ファミリーユースもバッチリな直6のサルーンを狙う
最近クルマ好きの間でもじわじわと注目が高まっている80スープラ。このクルマでターゲットにすべきは直6エンジンの2JZ。しかしターボモデルは高騰を続けていていて、ひと声250万円といったところ。おすすめしたいが、これでは今回の企画趣旨からは外れてしまうので、実用性もあるセダンながらスープラの3Lツインターボに近いエンジンを積むセダンを提案したい。

それが2.5Lの1JZ-GTEを搭載するチェイサーツアラーV(100系)だ。いまでは絶滅危惧種の直6エンジンを搭載するこのセダンは、なんと純正で5MTを搭載するスポーティモデル。いや、スポーティではなくスポーツといっても差し支えない動力性能だ。

ブーストアップやタービン交換などチューニングの選択肢が広いのも特徴だが、フルノーマルで乗っていてもどこか野性的で、有機的な味わいを感じるクルマでもある。注意点としてはドリフト需要の高騰で少しやんちゃな個体が多いこと。修復歴なしの走行距離8万kmくらいの個体なら160〜180万円で狙える。

次ページ:100万円〜150万円コース

100万円〜150万円コース


この価格帯になると現実的な選択肢は少し狭まる。とはいえ、セカンドカー、週末のストレス解消ドライブ用と割り切ればかなりのお買い得車が多い。「安物買いの銭失い」は避けたいので、目安として修復歴なしを基準に選んでみた。

■FRの名車の輝きはいまでも失われず
FRスポーツといえば日産シルビアを挙げるクルマ好きも多いはず。S13〜S15までシリーズがあるが、狙うとしたらS15のスペックR。搭載されるSR20エンジン自体はS13からそこまで進化は大きくないものの、ボディ剛性、電子機器の進化は大きい。あえてこだわりがないのであれば150万円をフルに使って、S15をおすすめしたい。

またシルビアの性格上、フルノーマルは諦めたほうが無難。エンジン自体は耐久性もあるから、たしかなショップなどで、ブーストアップ程度のチューニングがされた個体ならそこまでダメージは大きくない。しかしタービン交換などハードなチューニングが施されていると、イチかバチかの買い物となる可能性もある。オイル交換歴などしっかりと記録簿のある個体が望ましいのはシルビアも同じだ。

86&BRZよりもパワーを出しやすく、サーキット走行やワインディングでも楽しい走りをできることは間違いなし。S15なら初期投資こそ大きいが「故障」でお金が飛んでいくことは少なく、チューニングやコンディション維持に維持費を使える。

当然S13やS14が悪いわけではないが、古い年式だからといってターボモデルが格安というわけでもなく、S15との差は30〜50万円程度。この差額で整備を行うのも一考だから、どうしてもS13という方はぜひ意志を貫いてほしい!!


■希代の2シータ−スポーツがこの価格でいける
国産車で2シーターのピュアスポーツといえばロードスターかもしれない。数年前まではNA型が50万円程度で買えていたが、現在では程度の割に価格が少し高騰しているようだ。NC型も速さでいえば魅力的なのだが、どうしても価格帯が高く気軽に遊ぶには少し気が張る。

そうなると視野に入るのはNB型。1.6Lと1.8Lのモデルがあるが、できれば1.8Lモデルがおすすめだ。パワフルなエンジン、そして軽い車重で軽快なドライブを楽しめることまちがいなし。まだ純正パーツの供給もあるからリフレッシュして人馬一体を味わえる。

サーキットで走るのも最低限の装備で走ることができるし(国際サーキットではロールケージが必要な場合もある)、2人での1泊旅行ならば充分な積載性もあるから最低限の実用性は認められる。ドラテクを磨くには最適の教材ともいえる。

■コンパクトスポーツならこれしかない!!
コンパクトスポーツの雄、スイフトスポーツ。現在は走行距離2万km程のZC32型が130万円程度で買えるようだ。さらに160万円ほどの予算があれば走行距離5000km以下の個体もチラホラ。試乗車上がりのクルマと思われるが、お買い得に手に入れるには今がチャンス。

スイフト自体は昨年末にモデルチェンジが行われたばかり。次期型スイフトスポーツも間もなく登場がウワサされており、しばらく待てばもう少し値下がりも期待できるかも。実用性とハンドリング、そしてなによりコンパクトスポーツの楽しさが詰まったこのスイフトスポーツは決して損をしないクルマだ。

次ページ:アンダー100万円コース



アンダー100万円コース


最安価格帯で買うなら、この価格帯で選びたい。とはいっても、「安かろう悪かろう」は絶対に避けたい。そうなると軽自動車のホットモデルが候補の筆頭となる。順番に見ていこう。

■WRX STI乗りも一目置く軽スポーツ
スバルというとどうしてもWRXなど2Lスポーツに目がいきやすい。しかし軽自動車にも名作がある。それがヴィヴィオ。RX-Rと呼ばれるそのホットグレードはなんと5MTのみの設定。なんせキャッチコピーが「超高密度スポーツ集積マシーン」。なんじゃそりやぁ〜、となりそうだがこのクルマはタダモノじゃない。

最終のE型では軽自動車なのにハイオク仕様になるなどますますストイック(?)になっている。そこまでいくと軽自動車である必要があったのだろうか!? というツッコミもあるが、やはりこれこそスバルらしさ。

RX-RAというモータースポーツベースもあるが、エアコンレス、専用ECUなど尖りすぎていてもはや崇拝するしかないレベル。現実的には90万円前後のRX-Rがベストバランスになりそうだ。

■スズキも負けていないぞ!!
スズキといえばアルトワークス。旧型は現行アルトワークスよりも軽く、そしてパワフルなエンジンでバリバリ走る。戦闘力も依然として高く、まだまだ通用する走りも魅力だ。狙い目はK6Aエンジンを搭載する4代目〜5代目アルト。

チューニングすれば100psも超えることができるその実力は、その気になれば格上のスポーツカーと対等のパフォーマンスを狙える。軽自動車だけに維持費は比較的安く済むのも嬉しいところだ。90万円ぐらいの5代目アルトが狙い目。

■どうしても乗りたいRR
国産車で唯一ともいえるRR車。それがスバルサンバー。農道のポルシェの異名を持つサンバーだが、それはRRのレイアウトだけに注目した結果ではない。4輪独立懸架サスペンションなど、走りにこだわり抜いたスバルらしい姿勢への最大限の賛辞として「農道のポルシェ」と呼ばれたのだ。

とくに中古市場で狙いたいのが耐久性を極限まで高めた「赤帽仕様」。配達専用のためかなりの耐久マージンをとって作られた赤帽サンバーは、専用エンジンの採用で20万kmまでノンオーバーホールで使用可能。

当然ながら商用車だけに走行距離が伸びている個体も多いが20万km耐久スペシャルなので、10万kmなんてへっちゃらだ。90万円〜100万円の予算で5万kmの個体が狙える。今後歴史に残るスバルの名作に乗るなら、いまがぜったいチャンス。スバル360のような存在になる可能性だってある。

ちなみに写真のパネルバンではなく、荷台になっているトラックタイプもある。まったくダサくない!! 名車に乗っていると胸を張ってほしい!! 30年維持したらまちがいなく名車になる。