初代NSXは国産車の最高到達点か 【徳大寺有恒の名車リバイバル①】

 日本自動車界が黎明期の頃から活躍し、その文章力で「自動車評論家」という職業を確立した徳大寺有恒氏。

 ここではそんな徳大寺氏が『ベストカー』に寄せてくれた原稿のなかから、特に選りすぐった試乗記、それも伝説級の名車について語ってくれたレポートを、特別にお届けしたい。

 第1回となる今回は、初代ホンダNSX。デビュー時の1990年9月に掲載したものをWeb初掲載にてお届けします。

 いまの試乗レポートとはひと味ちがう、「徳大寺節」をぜひお楽しみください。これが日本における最高峰の新車試乗記です。

文:徳大寺有恒
掲載 ベストカー2015年1月26日号「追悼特集 徳大寺有恒スペシャル」より


■NSXのドライブフィール

 初めて日本の路上を走ったホンダNSXは、期待通りすばらしい走りを見せてくれた。280馬力、30kgm、ウェイトは1350㎏、上等だ。たいしたものだ。

 少々濡れたこの日の箱根をNSXはカン高い音を立てて走り回った。VTEC、3Lユニットは軽快に回る。

 しかし、それはやや軽すぎの感もなくはない。ただし、ただ回るだけでないところはたいしたものなのだ。

 大きなトルクを伴って回転は上昇する。もちろん、それに伴って強力な加速がどこまでも続く。私が軽いといったのは〝やっぱり6発〟という印象も間違いなくあるからだ。たとえそれが世界一のV6であっても。

 濡れた箱根のワインディングはコースにもよるが、セカンドがせいぜいというところ。セカンドの8000rpmはすでに120㎞/hなのである。コーナーを立ち上がり、次のコーナーへ向けて、私は少々気ぜわしそうにスロットルを開ける。

 少しばかり長めのホイールベースを持つNSXは、こんな時まだリアタイヤはサイドフォースをうけていることが多い。

 ほとんどどこからでも30kgmを発揮するVTECエンジンはリアの225/50ZR16タイヤを少しばかり滑らせるかもしれないが、それにかまわずスロットルを開け続ける。一瞬あとに完全に4輪は前を向き、伸びのある全力加速に入る。

 VTECエンジンが自然吸気でよかったな、と思う瞬間である。エンジンの回転の高まり、そしてスロットルオフによる回転ダウン、そのどちらもいい感じなのだ。

 V6にやや無念を残しつつも、〝こいつがなければ、このクルマはあり得ない〟とも思う。

 私にとってはこの日がNSXを路上で走らせる初めてだというのに、すぐにこのクルマに慣れ、タイヤの限界以外ほとんどが駆使できることに驚き、かつ感心した。このことこそホンダが狙ったコンセプトではなかったか。

徳大寺有恒氏

■NSXはスーパーカーか?

 実はこのNSXを初めて写真で見せられた時から、そうすばらしいボディスタイルだとは思っていない。

 まず、縦横比のバランスがよくない。幅に対して長すぎるのだ。トランクルームを付けたからと言い訳されるが、エンジンを横に置いたのだから、少なくともホイールベースはもっと短くできる。少なくとも2400㎜くらいにすべきだろう。

 ちなみにフェラーリ348はV8エンジンを縦に置きながらホイールベースを2450㎜に抑えている。328の時は2350㎜だった(こちらは横だった)。

 ボディに凹凸が多いのは、このクルマがフェラーリ328を横目で見ながら企画され、開発されたからだろう。

 もし、348を見ていたらこうなっていたろうか。すべては不慣れな、初めてのミドシップということもある。

 しかし、私はそうは思わない。NSXのスタイルは、多くのほかの国産車と同じように〝なにか〟に似ていることで、デザイナーも関係者も安心するやり方で育ったとしか思えないのだ。

 NSXはどんなスポーツカーだろう。800万円なる価格は高いだろうか、安いだろうか。

 私はNSXはスーパーカーではないと思う。スーパーカーというたぐいのクルマは、結局のところイタリアでしかでき得ないのではないだろうか。

 スーパーカーをもし定義づけるならば、〝過剰〟だろう。性能もスペックもスタイルも、そのパフォーマンスもすべてが、過ぎたるものでなければならない。そこには合理の正義が大手を振って通れないものがある。

 たとえば5L、V12。こいつはエンジンを選ぶためのエンジンだ。スタイルだってそうだ。過剰のうえにも過剰。テスタロッサの、ディアブロのそれを見ればわかる。348にもそれは脈打っている。

 これらのスーパーカーと比べればNSXは極めて論理的で理性的だ。むろんそれは実用性につながろう。

 NSXは最近、私が感じつつある「最高到達点に近づきつつある国産車」をシンボライズしている。セルシオとこのNSXは、そのメーカーの意気込みを含めてひとつの頂点にあると思う。

 正直言って私は、この日本でこんなクルマができるとは思わなかった。技術的にも経営という面から考えても、こういうクルマのゴーサインは出しにくいものだ。

 最後に、スポーツカーはまだ可能性を残している。NSXはそれを見事に証明している。〝このカッコ、もうちょっとなんとかならないか〟といいたいNSXの最大の美点はそこにある。

NSX

【HONDA NSX】 1990年9月誕生

 第二期F1参戦時に作られたフェラーリ328をライバルとしたピュアスポーツ。オールアルミボディを採用し、ミドに搭載された横置きのV6、3ℓはNAながらVTECによって、5MTモデルは自主規制数値一杯の280psを発生。

 ニュルブルクリンクサーキットでの走行テストによって開発されたことも革新的だった。発売当時はバブル期ということもあり、納車3年待ちという異常事態も生まれた

斜め横からみたNSX

◎NSX(5MT)テスト結果

  • ・0~400m加速 13.70秒
  • ・0~1000m加速 24.91秒
  • ・最高速度 266.0㎞/h

 ホンダNSXの中古車を知りたい方はこちらをご参照ください。2017年5月現在の相場は550万円!

「徳大寺有恒のリバイバル試乗記」は本誌『ベストカー』にて絶賛連載中です。

クリックすると、「徳大寺有恒のリバイバル試乗記」 が読めます!! 

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ