ディーゼル車には相性の悪いオーナーがいる!【クルマの達人になる】

 ベストカーの国沢光宏氏の連載『クルマの達人になる』。連載回数480回を数える人気の連載だ。

 今回はディーゼル車と愛称の悪いオーナー像に迫ります。ディーゼルにしようか、ガソリンにしようか迷っている方は必見。

文:国沢光宏/写真:平野学、shutterstock
ベストカー2017年6月10日号『クルマの達人になる』より再録


魅力タップリのディーゼル車だけれど……

 いまや輸入車を見ると売れ筋はディーゼル車になってきた。たしかにガソリン車との価格差が少なく、燃料コスト分で取り戻せてしまう。買うならディーゼル車だな、と私も思う。

 しかし! ここにきてディーゼル車の問題点も見えてきた。チョイ乗りを繰り返すとトラブルが出てしまうのだった。あらためてディーゼル車の排ガス浄化装置について考えてみたい。

 まずエキゾーストから出た排ガスに、当然のことのようにPMと呼ばれる微粒子が含まれている。排ガスはふたつの経路に分かれる。

 ひとつは有害物質を還元する触媒や、PMをキャッチするDPFを経てマフラーに行く経路。もう1つが「EGR」と呼ばれる、排ガスを再度エンジン内部に戻す経路だ。

 前者から紹介しよう。マフラーから排出される経路で問題になるのがDPF。燃焼時に発生するPMをキャッチし、一定量になったら燃焼させる。

 PMの主成分はカーボン(炭)なので、熱を加えればよく燃えます。いわゆる「DPF再生」と呼ばれる”作業”だ。

 困ったことにDPFの再生は1分や2分じゃ終わらない。そもそも暖まっていなければ稼働せず、稼働にも時間がかかってしまう。

 季節や走り方にもよるけれど、15~30分くらいかかる。したがって15分以下のチョイ乗りを繰り返すと、暖気終わったあたりでDPF再生が始まるものの、終わらない間にエンジン停止&DPF再生も中止。

 次に乗る時も同じ。その繰り返しをしていると燃費は極端に悪化し、なんのためにディーゼルを買ったかわからなくなってしまう。

 EGR経路にも問題出てくる。高温になった排ガスは「EGRクーラー」で温度を下げ、吸気系と同流させ吸気バルブを通って燃焼室に入っていく。

 問題はEGRの前にDPFがついていないエンジンだ。エンジン始動直後の排ガスは水分を多く含んでおり、PMがEGRの流路に付着してしまう。

 酷いエンジンになると、流路の半分以上ふさがっている状態。さらにEGR系についてるセンサー類もPMがビッシリ付いて機能しなくなる。

 そんなこんなで、アクセル開度の少ないチョイ乗りを繰り返しているとDPFは詰まるワ、EFR系にPM付くワで、パワーダウンし調子が悪くなっていく。

 マツダのディーラーに聞くと「調子が悪いという場合、ダイアグノーシスによりチェックします。エンジン内部に異常なかった時は30分くらい負荷をかけて走ります。

 ほとんどが好調になります」。負荷をかけることでDPFは再生し、EGR系のPMも流速が上がるため剥がれて燃焼室に入り燃える。

 そもそもディーゼル車は高負荷連続運転を得意分野とする。チョイ乗り&トロトロ走るなら車両も安いガソリン車のほうがリーズナブル。

 そしてディーゼル車を買ったなら、1週間に1度は30分以上負荷をかけて走ってほしい。「私はアクセル開けて走りたくない」というなら、ハイブリッド車を選ぶことをすすめておく。

 チョイ乗りや低速走行メインで使うという人は、ディーゼルと相性悪いです。

国産車のディーゼルといえばマツダだが、DPF再生は機構上どうしても避けられない部分。そこをしっかり理解して、ディーゼル車のメリットを味わうのがベターだ

 国沢光宏氏のお薦め記事はこちら→ チャイルドシートの使用時はエアバッグに注意【クルマの達人になる】

日本で買える人気のディーゼル車たち

 ディーゼル車がほしいオーナーの皆さんに、ベストカーWEB編集部が日本で買えるディーゼル車の人気車種を集めてみました。

 国沢氏のアドバイスをしっかりみて、ディーゼル車が欲しいと思った人はぜひご参考にしてください。

【マツダ】
まずは国産車のディーゼルといえばマツダから。デミオ、CX-3、CX-5、アクセラ、アテンザにディーゼルラインアップがある。

デミオは1.5Lディーゼルを搭載。XD(6AT)が180万3600円。JC08モード燃費は26.4km/L
アクセラは1.5Lと2.2Lのディーゼルエンジンを搭載。2.2Lを搭載する22XDプロアクティブ(6AT)は278万1000円。JC08モード燃費は19.6km/L
アテンザは2.2Lディーゼルエンジンを搭載。22XDプロアクティブ(6AT)は327万7800円。JC08モード燃費は19.6km/L
CX-3は1.5Lディーゼルエンジンを搭載。XD(6AT)は237万6000円。JC08モード燃費は23.0km/L
CX-5は2.2Lディーゼルエンジンを搭載。22XDプロアクティブ(6AT)は300万2400円。JC08モード燃費は18.0km/L

【トヨタ】
トヨタにあまりディーゼルのイメージがない人も多いと思うが、実はランドクルーザープラドにディーゼルをラインアップしている。

 実用性、耐久性ともに信頼の高さが人気のランクルプラドだけに、トヨタ渾身のディーゼルエンジンだ。

ベースグレードのTXはJC08モード燃費11.8km/L。2160kgの巨体ながら45.9kgmの図太いトルクでグイグイ走る。396万4582円

【三菱】
三菱といえば日本のディーゼルをけん引してきた存在ともいえる。パジェロやデリカなどSUVでのディーゼルの採用の歴史は長い。

 現在ではアウトランダーPHEVなどプラグインハイブリッドの採用にも積極的だが、SUVでは依然としてディーゼル人気は高い。

デリカD:5は2.3Lのクリーンディーゼルを搭載。Dパワーパッケージは353万4840円。JC08モード燃費は13.0km/L。写真は「アクティブギア」

【BMW/MINI】
欧州勢でも日本市場に積極的にディーゼルを展開するBMWグループ。

 多くのラインアップが存在するがそのなかでもBMW3シリーズとMINIのディーゼルを紹介しよう

BMW320dは2Lディーゼルを搭載。JC08モード燃費は21.4km/Lを誇る。512万円から
MINIは3ドア、5ドア、クロスオーバーにクリーンディーゼルを設定している。クロスオーバーに搭載される2.0LのディーゼルエンジンのJC08モード燃費は21.3km/L。386万円から

【メルセデス】
メルセデスもBMW同様にディーゼルのラインアップに積極的だ。今回は日本での売れ筋であるCクラスセダンのディーゼルモデル、C220dを紹介。

C220dは2.2Lのディーゼルエンジンを搭載。JC08モード燃費20.3km/L。550万円から

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ