デカッ!! 新型VWポロ初の3ナンバー化で考える“脱5ナンバー”の是非

 ついに先日ドイツでベールを脱いだ新型ポロは、外観もさることながらサイズも“ゴルフ化”が進み、ついに初の3ナンバーサイズに。

 日本ではノート、フィット、デミオ等が5ナンバーを守るいっぽう、同クラスの輸入車は、これでほぼ3ナンバー化した。こと日本において、コンパクトカーに3ナンバーのボディは必要なのか? それとも日本市場はまったく相手にされてないのか?? 

 コンパクトカーの車両サイズと実力について考察しました。

 文:大音安弘/写真:編集部、VW、TOYOTA、MAZDA


まるでゴルフ? 3ナンバー化した新型ポロ

 6月16日、ドイツ・ベルリンにて、フォルクスワーゲンを代表するコンパクトカー、ポロの最新モデルがワールドプレミアされた。

 6代目となる新型は、ゴルフやティグアンなど最新世代のフォルクスワーゲン同様に、生産モジュールMQBを採用。エッジの効いたスポーティなスタイルは、まさにミニゴルフといった感じだ。

新型ポロGTI。旧型はGTIも含めて5ナンバーだったが、新型では全長で約50mm、全幅で約60mm大きくなり、初の3ナンバーとなる  

 現時点で明らかにされたトピックだけでも、200psを発揮するGTIの設定や381Lまで拡大されたラゲッジスペース、歩行者検知機能付き自動ブレーキの標準化など様々なものがあるが、どうしても見過ごせない点がひとつある。そう、ボディサイズの拡大だ。

 新型ポロの寸法は、全長4053mm×全幅1751mm×全高1446mmと、ついに脱5ナンバーサイズに(※5ナンバー枠は全長4,700mm、全幅1,700mm、全高2,000mm、総排気量2.0Lまで。このいずれかひとつでも超えると3ナンバーとなる。もちろん日本の独自基準)。

 この寸法は、ゴルフ3程度だと思ってもらえれば分かりやすい。

 正確に言えば、ゴルフ3以上ゴルフ4未満なのだが、ウエスト(車幅)だけは、ゴルフ4よりポロのほうが上だ。もっともゴルフ譲りのスタイルを見て、ダイエットに成功し、より使いやすいゴルフが生まれたと前向きに受け取る人もいるだろう。

写真はゴルフIII。全幅こそ1695mmと細身ながら、全長は4020mmで新型ポロとほぼ同等のサイズ感だ  

 しかし、何処でも扱いやすいサイズが5ナンバーという、ひとつの指標を持つ日本人にとっては、ちょっと複雑な思いにかられてしまうのも確かだ。ポロもついに3ナンバーなのかと……。

 気が付けば輸入車Bセグメントは、既に3ナンバーが基本。残すは、FIAT500とVWポロだけとなっており、これでポロの離脱が決まったわけだ。

コンパクト肥大化の背景にはSUVブームも

 なぜ輸入車コンパクトは拡大の一途をたどるのだろうか。それには、衝突安全性能(特に側面衝突性能)の向上、キャビンの拡大、そして、デザイン性の追求などの理由が考えられる。

 これはコンパクトカーが高性能となり、1台で多くのことを賄えるようになったことで、ニーズも多様化。それと同時にユーザーがこれまで以上の広さや快適性、安全性の向上を望み、メーカーもそれに応えようとしたからだろう。

 また、シティコミューターであるAセグメント(パッソ/ブーン、ルノー トゥインゴ等が該当)の成長による下支えに加え、昨今のSUVブームにより、ある程度のサイズアップを寛容に受け入れる風潮も生まれたようにも思える。

 SUVを名乗る以上、力強いデザインや機能的なキャビンなどはマストだからだ。

 日本でもコンパクトクロスオーバーを例に挙げると、アクアに追加されたアクア クロスオーバーやデミオと基本を共有するCX-3のどちらも3ナンバーとなっている。

アクアは6月のマイナーチェンジでクロスオーバーを追加。通常モデルは全幅1695mmながら、クロスオーバーは1715mmで3ナンバーとなる  

日本では未だ根強い5ナンバー需要

 ところで、そもそも5ナンバーサイズという小型車の規定がいつ頃より施行されたかをご存じだろうか。その歴史は、なんと昭和33年まで遡る。東京タワーが完成し、スバル360が世に送り出された年だ。

 この時代より全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下という決まりに変更はないため、5ナンバーサイズに固執するのは、やや時代遅れにも思えてくる。

 しかし、最大のネックは、時代は流れても、元々小さなサイズで事足りていた過去の名残が現代まで残ってしまったこと。日本特有の小さな駐車場と狭い道路などだ。

 こればかりは、すべてを成長するクルマに合わせていくことは困難である。それだけに、今なお強い5ナンバーサイズ信仰があるのだろう。

 特にママさんユーザーが多い車種ではその傾向が見られ、シエンタやフリードは5ナンバーサイズであることを守り、ミニバンの主流となるノア、ヴォクシー、ステップワゴン、セレナも5ナンバーを基本としているのはこのためだ。やはり日本では、まだ5ナンバーサイズのニーズは大きいといえる。

セレナを始めノア/ヴォクシー、ステップワゴンクラスの1ボックスミニバンは、一部グレードを除き5ナンバーサイズを堅持している  

取り回しに重要なのは“幅”よりも“長さ”

 さて話を戻そう。国産車を含め、クルマのサイズアップは避けられない。しかし、小型車が小型車でなくなってしまっては本末転倒である。

 では、ポロが属するBセグコンパクトに的を絞った場合、どのくらいの大きさが日本で適正なのか。そこで日本のBセグコンパクト(フィットやデミオ、ノートなど)を見てみると、全長4m程度、車幅は1.7m以下が基本だ。

 この辺りが、やはり一つの指標となるだろう。そう考えると、ポロの全長は、デミオとほぼ同等であるため、まだその範疇にあるといえる。やはり取り回しには全長の影響が大きいからだ。

全幅こそ1.7m超の3ナンバーながら、全長はデミオ(4060mm)より僅かに短い新型ポロ  

 おそらく、VWもサイズ拡大によるネガティブなものとしないように取り回しや運転感覚は、旧型に近いものに仕上げてくるはずだ。

 結果としてポロは、Bセグとしての最大値に近づいているとはいえそうだが、期待を裏切ることもないはず。今は、その答えを持つ新型ポロの上陸を期待を込めて待つしかない。

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ