完成は20年後!? 絵空事か、現実か。 日本橋上空を塞ぐ首都高高架はなくなるのか?


 約50年前、首都高はまだ建設中で、日本橋から空をのぞむことができた。それから50余年経った2017年7月21日、国土交通省と東京都が「日本橋上空に架かる首都高の地下化を検討する」と発表。

 かつて、何度も頓挫した日本橋周辺の首都高地下化は、本当にこれで実現に向かうのか? 計画倒れなんてことはない?

文:ベストカーWEB編集部/写真:首都高速道路、shutterstock.com


何度も湧いては消えた日本橋周辺の首都高地下化案

「まずは最初の一歩という感じですね」

 首都高関係者は筆者にこう語った。「最初の一歩」と言うのにはワケがある。日本橋の直上にかかる首都高都心環状線は、これまで何度も地下化の提案がなされてきたからだ。国交省道路局経済調査室にこれまでの経緯を聞いた。

首都高速工事現場と日本橋

「2001年には扇千景国交相(当時)が、首都高の高架に覆われた日本橋の景観を一新すると発言されました。2006年には小泉純一郎元首相の指示で『日本橋川に空を取り戻す会』も結成されています。そして、2012年には“提言書”が出されています」

  “提言書”とは、2012年9月に発表された『首都高速の再生に関する有識者会議』の提言書のこと。同書では「都心環状線の高架橋を撤去し、地下化を含めた再生を目指すべき」と、日本橋周辺に架かる首都高の地下化に言及している。

『首都高速の再生に関する有識者会議 提言書の概要』出典:国土交通省

 ちなみに、こうした類の提言書の案は、必ず反映されるとは限らない。実際、首都高は「今ある高架部分は大規模更新・修繕をおこなうことで対応する」ことを基本方針としている。

 では、なぜ日本橋の上に架かる首都高の地下化が具体化したのか? 前出の道路局担当者は、その理由を次のように明かしてくれた。

「(日本橋直上の首都高地下化については)地元の方も熱心に活動をされていて、2017年6月には参議院に署名が提出されたという経緯があります」

 実は参院への署名提出に先立って、2015年9月に『首都高の撤去または移設を求める署名』が衆院に提出されている。こうした熱心な働きかけもあり、7月14日には、ついに地元自治体の中央区が、国と東京都に対して首都高の地下化を申し入れ。そして、今回の発表に漕ぎ着けたのだ。

国交省が明かす地下化の実現性

 正式に日本橋直上の首都高地下化方針が決まるまででこの紆余曲折ぶり。ならば、「本当に地下化なんて実現できるのか?」が気になるところ。

 そもそも、今回の発表まで、日本橋周辺の首都高都心環状線は、今使っている老朽化した高架橋を架け替える計画で進められていた。

【資料】首都高速道路の更新計画 出典:首都高速道路

【資料】は2014年に発表された首都高の更新計画で、竹橋〜江戸橋区間(日本橋区間)も大規模更新箇所に指定されている。

「地下化が本当に実現できるか? そうですね、該当区間の地下には地下鉄路線も数多く走っていますが、技術的にできないことではないです」

「費用はどうなるか? 従来の更新計画では1412億円かかる見積もりでした。はっきりとは言えませんが、(地下化すると)数千億円はかかる想定です」

 国交省道路局経済調査室の担当者は、このように説明する。

次ページは : 技術的に地下化は可能!! では完成時期は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ