【シエンタとフリードどっち買う? 】ハイブリッドというだけでは売れない時代がやってきた

 世はなべてハイブリッドカー全盛期。初代トヨタ・プリウスが発売されてから約20年、専用車だけでなく、多くの車種に(純ガソリン車グレードと並んで)ハイブリッド仕様が用意されるようになりました。

 そのいっぽうで、「ハイブリッド=売れ筋車」でもない……という現象も多く見るようになりました。

 先般お伝えしたフィット、C-HRらを買うなら、ハイブリッドを選ぶべき? それとも純ガソリン仕様? という企画が成立するように、「純ガソリン車を選んだほうがいい車」がたくさんあるのも事実。

 ではその「境目」はなんなのか。ハイブリッドグレードよりも純ガソリン車のほうが魅力的な車種の特徴ってどんなの? そして販売比率がほぼ五分五分のホンダフリードとトヨタシエンタは、どっちを選ぶべき??

文:ベストカー編集部
2017年9月26日号


■「ハイブリッド」という言葉にはまだ神通力はあるのか

文:ベストカー編集部

 10年ほど前であれば、ハイブリッドというだけで圧倒的な販売競争力を持っていたのだが、現在ではエコカー減税の縮小もあり、ハイブリッド車の優位性は小さくなった。

 特にヴィッツやフィット、カローラアクシオのように、社用車や営業車などとして販売されるケースが多いモデルでは、低価格のガソリン仕様グレードが販売の多くを占めることもあり、ハイブリッドモデルの販売比率が低くなる傾向がある。

◎ヴィッツのハイブリッド比率 約33.0% ガソリン仕様との価格差約28万〜34万円
◎フィットのハイブリッド比率 約45.6% ガソリン仕様との価格差約39万円
◎カローラアクシオのハイブリッド比率 約36.5% ガソリン仕様との価格差約40万円

ハイブリッドを追加した時は「これで一気にハイブリッド化が進む」と言われていたヴィッツだが、実際にはハイブリッドグレードは販売の1/3程度に留まるヴィッツ

 アルファード/ヴェルファイアも12~20%程度と圧倒的にハイブリッド比率が低い車種だが、売れ筋の2.5Lガソリンエンジン車(FF)に対して、ハイブリッドはリアモーター駆動の4WDとなることもあり、約92万円高となることが大きく影響しているのだろう。やはりハイブリッド比率が13.1%と低いハリアーも同様の理由と考えられる。

 いっぽうクラウンは約75%がハイブリッドグレードとなるのだが、ロイヤルではV6、2.5Lとの価格差が約55万円となるところに加えて、ハイブリッドがもたらす新鮮なドライブフィール、圧倒的な燃費メリットが大きく影響している。

 アスリートには直4、2Lターボもラインアップされ、クルマ好きには気になる存在だが、やはり多くのクラウンユーザーにとってはハイブリッドのもたらす燃費のよさと直4のネガをモーター駆動が打ち消すドライバビリティが魅力となるのだ。

 世の中にはまだまだ依然として「ハイブリッド」という響きにある程度の神通力はあるものの、すでにそのピークは過ぎており、今は「なんのためのハイブリッドか」、「ハイブリッドであることのメリットは、ハイブリッドであることのデメリットに比べて大きいのか」ということが冷静に吟味されている時代になったといえる。

クラウンは販売の中心がハイブリッド。次期型もV6エンジンは廃止してハイブリッドが中心となるもよう

■ホンダのフリードとトヨタのシエンタはどうなの?

文:渡辺陽一郎

 この2車でハイブリッド比率を比べるとフリードの割合が多い(フリードのハイブリッド比率は44.4%、シエンタは36.2%)。

 ホンダはステップワゴンの販売が低調で、売れゆきはトヨタ・ヴォクシーの半数程度。上級指向のユーザーもフリードを購入しており、ハイブリッド比率を高めた。燃費計測の結果もフリードハイブリッドが優秀だから、この選び方は正しい。

 ガソリン価格が1L:130円として、計測結果から1㎞の走行コストを割り出すと、シエンタハイブリッド仕様が6.7円、同ガソリン仕様が8.7円(差額は2円)になる。フリードは5.8円/7.6円(同1.8円)だ。

 シエンタは、装備差を補正してみるとハイブリッドの価格がガソリンよりも約35万円高いことになるが、減税額の違いで実質29万4000円に縮まる。

 この差額を前述の燃料代の節約で取り戻せるのは、15万㎞を走った頃。

シエンタとフリード。同カテゴリーの同クラスで、どちらもガソリンとハイブリッドのグレードを用意している

 フリードはハイブリッドにLEDヘッドランプなどが標準装着され、装備差を補正した差額は約28万円。減税額の違いも差し引くと実質22万4000円になる。

 この差額を燃料代の節約で取り戻せるのは12万kmを走った頃だ。シエンタよりも3万km短い。1年間に1万5000kmを走れば、ハイブリッドとの差額をシエンタが10年、フリードは8年で取り戻せる。

 そこに走りの違いも加える。シエンタとフリードは車両重量が1300kgを上回り、1.5Lエンジンでは回転数が下がった時に力不足を感じやすい。ハイブリッドはこの欠点をモーターで補い、走りが滑らかになる。車両重量の差で乗り心地も快適だ。

 特にフリードは全高が1700mmを上回り、安定性を確保するために操舵感を穏やかに仕上げたからハイブリッドとの相性がいい。減税額を加味した差額が22万4000円に収まることを含めてハイブリッドを推奨する。

 シエンタはフリードに比べると車両の動きが機敏で差額も29万4000円に達するからガソリンとの相性がよい。それでも静粛性を重視するならハイブリッドを選ぶ余地がある。

 結論。フリードはハイブリッド車。シエンタはガソリン車がお薦めだ。

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ