【ついに到来】 高速道路120km/h時代に必要なもの


■必要なのは「アウトバーン的な姿勢」

 アウトバーンの追い越し車線を走っていると、こちらがかなり飛ばしていてもわりと平気で割り込んでくるクルマが多い。

 それに対して追い越し車線を飛ばしてきたクルマは、激しいパッシング→後ろにぴったりついてアオる→相手のクルマが速やかに車線を譲る、といったことが日常茶飯事なのだ。緊張感は猛烈に高い。

 この緊張感が事故の発生を抑えている面も大いにあるのだが、特筆すべきはそういったことがまったくふつうに行われていて、それを根に持つドライバーはいないということだ。

 つまり、最高速度の引き上げとは無関係に、「失礼だ」とか「ムカついた」とかいった感情を持たず、追い越しのために割り込むのは相手の正当な権利として認識し、それで減速するのはこちらの義務、アオられたら車線を譲りましょうと、アウトバーン的に割り切る姿勢を我々はぜひ持ちたいものである。

☆      ☆      ☆

 速度取り締まりが強化され、トラックと普通車との「走り分け」が進むことで「特に変わらない」という清水氏の予測には説得力があった。

 それだけに文末の(昨今取り沙汰されている)「あおり運転」の恐怖が広まるかもしれない、という予測が恐ろしい。

 制限速度120km/h時代には、ぜひとも120km/h時代なりのマナーと姿勢と心構えも広まってほしい。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ