アルファードにプラド、セレナ…4年たっても8年たっても売れてる10台「そのワケは?」


 登場直後ならわかるが、4年、いや8年たっても売れ続けているクルマがある。それはなぜ!? 渡辺陽一郎氏の考察に加え、販売店の現場視点もということで“炎の男”遠藤徹氏も登場!!

文/渡辺陽一郎、遠藤徹
※ベストカー2020年11月26日号より転載


TOYOTA アルファード/9月・月販1万436台(2015年1月登場)

確かにサイズはデカいが、狭い道でも運転が苦痛にならないのも人気の理由だろう

 アルファードが好調に売れる一番の理由は、Lサイズミニバンのニーズに応えたクルマ作り、ということ。現行型はプラットフォームを刷新したから、床を下げて乗降性や走行安定性を向上させることも可能だったが、あえてそれをしていない。高い床面による見晴らしのよさ、高い天井が生み出す外観の存在感を重視したからだ。内装も上質で、国産ミニバンでは車内がグランエースの次に広い。乗り心地も含め、豪華で快適だから息の長い人気車になっている。

 一方、ライバルのオデッセイは床と天井が低い。乗降性と安定性はいいが、外観の存在感、見晴らしのよさ、内装の質で見劣りする。エルグランドも天井が低く、3列目と荷室も狭い。Lサイズミニバンは車種が少ないから、需要がアルファードに集中した。

 ふたつめの理由は、トヨタが全店で全車を売る体制に変わったこと。現行モデルの前期型までは、姉妹車のヴェルファイアが多く売れたが、’17年のMC(マイナーチェンジ)でフロントマスクを変えてから順位が逆転した。

 そして今年9月の月販はアルファードが1万台を超え、ヴェルファイアの8倍に。今も販売が伸びる“モンスター”だ。

【どんなクルマ?】
 登場から5年。コロナ禍でも売れまくるLサイズミニバン。9月は1万台超えでランキング3位。’17年のマイチェンでいい感じのオラオラ顔になったのが奏功で大ヒット中!

【販売現場から分析「炎の男視点」by遠藤徹】
 もともと人気が高いうえに’17年12月のMCで、フロントマスクを押し出しの強い個性的な顔立ちに変更したことで、さらに売れゆきに加速がかかっている。以降、姉妹車のヴェルファイアを大幅に上回る販売推移。今年5月、それまでのトヨペット店専売からトヨタ全系列店扱いに拡大し、販売員も売りやすいようだ。

TOYOTA ランドクルーザープラド/9月・月販2340台(2009年9月登場)

街中で走っても威風堂々!

 約20年前までは、FRベースの4WDを備える悪路走破力の優れたSUV(クロカン)が各社相応にラインナップされていたが、今は大半がFFベースのシティ派。悪路向けのSUVが、需要の減少を上回る勢いで廃止され、ユーザーがランクルプラドに集中しているのが人気の要因。

 プラドは発売から11年を経過するが、悪路走破力は今でも最高水準だ。また悪路走破性に長けたこのようなSUVは、フルモデルチェンジしても外観があまり変わらず、時間を経過しても古さを感じにくい。

 そして近年はシティ派SUVが増えた反動で、悪路向けSUVの人気が再び上昇。ジムニー&ジムニーシエラ、ジープラングラーも販売が急増。RAV4もFFベースのシティ派ながら、野性的な外観と高い走破力で販売は好調だ。ランクルプラドは、まさにSUVの原点。改めて注目されて堅調に売れている。

【どんなクルマ?】
 世代が代わるたびに大型化し、現行4代目は’09年に登場。ラダーフレームの本格クロカンで(SUVとは呼びにくい)、2回のマイチェンで顔がスタイリッシュになり人気が向上している!

【販売現場から分析「炎の男視点」by遠藤徹】
 ディーゼルターボによるオフでの走破性の高さが販売を後押し。またプラド同様のキャラがほかの国産車にないのも好調の理由だ。アルファード同様、トヨタ全系列店扱いに拡大したのも大きい。

次ページは : TOYOTA アクア/9月・月販5675台(’11年12月登場)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ