アルファードにプラド、セレナ…4年たっても8年たっても売れてる10台「そのワケは?」


TOYOTA アクア/9月・月販5675台(’11年12月登場)

 アクアは’13年から’15年に、小型/普通車の販売1位になった。この時にコンパクトハイブリッドの定番になり、発売から9年近くを経過した今でも堅調に売れている。以前からトヨタの全店が扱ってきたので、法人ユーザー、レンタカー、カーシェアリングなどの需要も多い。これらのニーズは継続性があり、長く売れゆきを保つうえで有利だ。また、アクアのような5ナンバー車が減ったことも影響している。

【どんなクルマ?】
 トヨタ唯一のハイブリッド専用コンパクト。モデル末期だが、ヤリスが登場しても安定した数字を残してます!

【販売現場から分析「炎の男視点」by遠藤徹】
 ハイブリッド専用コンパクトというコンセプトで、当初からトヨタ全系列店扱いによる販売力の強さが後押ししている。モデルは古いが、絶えず安全対策中心に商品力を強化し、ユーザーをつかんでいる。

TOYOTA ノア/ヴォクシー/9月・月販 合計1万1175台(’14年1月登場)

 ノア/ヴォクシーは、歴代モデルを含めて内外装の質が高く使い勝手も優れている。現行型も2列目シートのスライドがしやすく、3列目はレバーを引くだけで跳ね上がる。荷室を広げるシートアレンジも簡単だ。インパネも丁寧に作り込んだ。

 さらに現行型は床の位置を先代型よりも85mm低く抑え、セレナのようなサイドステップ(小さな階段)を省くことができた。

 低床設計だから、3列目の床と座面の間隔も適度に確保され、低重心化により安定性も良好。さまざまな機能を高めて人気を保っている。

【どんなクルマ?】
 三つ巴2Lミニバン争いで常に販売1位の兄弟。写真のヴォクシーが人気だが、最近ノアの販売も伸びている。

【販売現場から分析「炎の男視点」by遠藤徹】
 5ナンバー車が一般ファミリー、3ナンバー&特別仕様車がヤングファミリー&若者層と、幅広いユーザーニーズに対応できるラインナップが好調な理由。ハイブリッドが半分ほどを占めている。

次ページは : TOYOTA カローラフィールダー/9月・月販1400台(2012年5月登場)