【エスティマら7年超経過】フルモデルチェンジ周期が長くなってきたのはなぜか? 


最近は発売されてから長期間にわたり、フルモデルチェンジを受けていない車種が増えた。トヨタアクアは2011年12月の発売だから6年以上を経過しており、トヨタヴィッツ(発売は2010年12月)や日産マーチ(2010年7月)は7年以上だ。さらに日産キューブ(2008年11月)は9年、トヨタプレミオ&アリオン(2007年6月)は10年を上まわる。トヨタエスティマ(2006年1月)は12年を経過した。

これはなぜか? 理由を考察するとともに、その功罪を検証します。
文:渡辺陽一郎


■腰が引けてフルチェンジに踏み切れない

上記のように、設計の古い車種が増えた一番の理由は、日本で売る車両の開発にメーカーが多額のコストを費やしたくないからだ。

日本の乗用車メーカーの世界生産台数に占める国内販売比率は、トヨタの傘下に入るダイハツを除くと20%以下にとどまる。「日本はもはや副次的な市場」と軽く見ているから、国内を重視したエスティマ、プレミオ&アリオン、キューブなどにはフルモデルチェンジを施さない。

それなら廃止すればいいだろうと思うが、エスティマなどは1か月に900台前後を売る。今は160車種くらい用意される日本車の内、1か月の平均台数が1000台を上まわるのは60車種くらいだ。残りの100車種は1000台以下だから、エスティマの売れ行きも立派な中堅レベルになる。廃止するのは惜しいから、12年以上も経過しながら従来型を扱う。

かつてトヨタのミニバンラインアップのなかでもエース的存在だったエスティマも今は日陰者あつかい
かつてトヨタのミニバンラインアップのなかでもエース的存在だったエスティマも今は日陰者あつかい

中堅レベルなら現行トヨタヴェルファイア&アルファードのプラットフォームを使ってフルモデルチェンジを行い、力を入れて売れば良いとも思うが、前述のように今の日本車メーカーは国内市場を重視していない。ミニバン人気の先行きも不透明だから、腰が引けてフルモデルチェンジに踏み切れないのだ。

■デザインが古く見えにくくなった

別の理由として、クルマのデザインが成長期を過ぎて安定期に入り、古く見えにくくなったこともある。

過去を振り返ると、1988年に発売された5代目のS13型日産シルビアと、そこから13年遡る1975年に発売されたS10型2代目シルビアでは、外観の見栄えがまったく違った。1950〜1980年代までのカーデザインは急速に進歩していたからだ。

S13シルビアは1988年登場。この頃から日本車のデザインは進化し、普遍性を獲得した
S13シルビアは1988年登場。この頃から日本車のデザインは進化し、時間的な耐久性を獲得した

ところが1990年頃から進歩の速度が下がり、2000年代に入るとさらに変化が乏しくなった。特にヴェルファイア&アルファード、ホンダN-BOXなど天井の高い車種は、空間効率を最大限度まで追求するから、ボディの基本スタイルはほとんど変えようがない。フロントマスクのアクを強めることで、安易に変化を付けることしかできない。

言い換えると、あくまでも結果論だが、今のデザインは長期間にわたって変更をしないで済む耐久性を身に付けた。

次ページは : ■平均使用年数が伸びている

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ