人気車納期がそろって大幅遅延…半導体危機はどこがどうヤバいのか


半導体危機はどうして起こったのか?

 はじめに少し説明したが、今回の半導体危機が発生した原因はいくつかある。まずは新型コロナの流行によって世界各国の半導体工場が生産数減少や業務停止などの状態に追い込まれたこと。スマートフォンを筆頭に半導体素子を使用するデバイスの種類と数は年々増加し、ひとつのデバイスに使われる半導体素子の数も増えている。

 ただでさえ以前より需要が高まっていた状況にあって、コロナ禍は完全な向かい風になった。皮肉なことに、コロナ禍による在宅ワークの推進も、半導体素子を利用するパソコンや通信デバイスの需要を高めてしまった。

 加えて日本国内の半導体工場であいついで火災が発生し、工場設備が甚大な被害を受けたことも原因といえる。火災による減産の影響は大きく、海外の工場に頼ろうにも、そちらも需要に対して生産が追い付いていない状態が続いているため、国内の自動車産業に回せるだけの余裕はない。これらが国内の自動車生産数停滞を招いてしまっているということになる。

クルマ好きを直撃! 人気車の納車が大幅遅延! 半導体危機はまじでヤバい!?
半導体不足は世界的な問題に。コロナ禍によるリモートワークの増加により、世界的にPC出荷量も増大。これも半導体不足に拍車をかけている

半導体危機はクルマのどこに影響を与える?

クルマ好きを直撃! 人気車の納車が大幅遅延! 半導体危機はまじでヤバい!?
現在では多くのクルマに標準装備されているカーナビ。ナビだけでなくカーオーディオやテレビなどのさまざまな機能があるが、これも半導体素子のおかげといえる
クルマ好きを直撃! 人気車の納車が大幅遅延! 半導体危機はまじでヤバい!?
こちらは装着率が年々増加しているドライブレコーダー。言うまでもなく、内部には多くの半導体素子が使用されていて、半導体不足の影響をモロに受けている

 結論から書くと“ほぼすべて”だ。以前のクルマは燃料の噴射をキャブレターで行い、ダッシュボードのメーターはアナログ式、もちろんパワステなんてないし、ウィンドウの開閉も搭乗者がハンドルを回して行っていた。つまり、ムカシはクルマを動かすのに電子機器の力を借りる必要はなかった。

 だが、現在のクルマを見ると、燃料噴射を含むエンジンのコントロールはECUが行い、ダッシュボードにはデジタル表示が並ぶ。加えて電子制御のパワステが装備され、エアコンもコンピュータが調整。

 なかにはサスペンションの制御も電子機器が行うモデルもあり、ABSだってコンピュータが理想的な踏力にアジャストしてくれる。これに加えて前出のカーナビ、ドラレコ、ETCなど“後付け”のデバイスも含めれば、数え切れないほどの電子機器が車体に搭載されている。これらすべてが半導体危機の影響を受けているといっていい。

次ページは : 半導体危機はいつまで続くのか?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ