損しない賢い買い方指南 中古タイヤ選びの5つの重要ポイント


 タイヤ交換の効果は絶大で、なおかつ交換前と交換後の変化がわかりやすいのもいい。しかし、タイヤを4本交換するとなると、タイヤ代×4本、それに工賃……、と考えるとそれなりの出費になる。

 パーツ類も含めカー用品は中古品が多く出回っていて、直接お店で買うこともできれば、ネット通販などでの購入も可能だ。中古のいいところは、安く手に入れることができる点にある。

 しかしタイヤも中古品はあるが、安全に直結する重要なものだけに、安物買いの銭失いで終わらず、バーストしてしまった、ということも充分に起こりうる。

 中古タイヤを選ぶ場合にどのような点に注目すればいいのか? 中古タイヤの賢い買い方について、斎藤聡氏がレクチャーする。

文/斎藤聡
写真/ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】高性能の証!! 中古タイヤでも高い!! 前後サイズが異なるタイヤを標準装着する現行国産車

■ファーストコンタクトが重要

タイヤは新しいものに交換すると効果絶大で、クルマが大きくリフレッシュされる。なぜなら古いタイヤは走行による摩耗だけでなく、日射による紫外線などによって材料のゴムが柔軟性を失い、劣化しているからだ

 最初に断っておきたいのは、中古タイヤはリスクがあるということ。それは、誰がどんな状況で、どんなふうに使っていたかわからないからです。

 ある程度のタイヤの目利きができない人は、実はあまりお勧めしたくない、というのが本音です。もちろんダメなタイヤばかりではなないので、中には掘り出し物もあると思います。 

 それを見極めるにはどうしたらいいか、というと、まずは普段からタイヤに興味を持って、摩耗具合とか、経年変化(劣化)の具合を観察すること。

写真は新品状態のタイヤ。目の前のそれが磨いて誤魔化している物か、本物の新品か。見極める目が必要だ

 いきなりそんなこと言われたって……、と思うかもしれませんが、タイヤをじっくり見たこともない人がまともな中古タイヤを選べるはずがないからです。

 では実際にタイヤを目利きする場合の5つのポイントを紹介しましょう。

 その前に、まずタイヤの風情というか、全体の印象を見ます。

 新品ぽいとか、しゃきっとしている。逆にどことなくくたびれている感じなどです。ゴムの質感とか、摩耗の具合、傷み具合など、全体の印象を作っていることが多いからです。

 なので実はファーストコンタクトの印象が好感なのか、違和感なのかでほとんどタイヤの見極めは完了なんです。いいと感じたタイヤを選ぶようにします。

 そのうえで各部を見ていきます。

■ポイント1:残溝のチェック

スリップサインは法定により、溝残量が1.6mm以下になるとトレッド面とツライチになる。そうなったタイヤだと保安基準違反だし、何より雨天時にすぐハイドロプレーニングを起こすので、危険だ

 新品タイヤ溝の深さは8~8.5㎜くらいです。そしてタイヤは5部山よりも摩耗が進むとウエット性能(タイハイドロプレーニング性能)がガクッと下がります。

 5部山≒残溝4㎜はタイヤの交換を考え始めるタイミングです。購入したタイヤを履いてしばらく走るわけですから、せいぜい8分山くらいは欲しいところです。

次ページは : ■ポイント2:摩耗具合のチェックその2

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ