”超”革新のレヴォーグSTIスポーツを世界初公開!!!【東京オートサロン2020】

 スバルは東京オートサロンにおいて、レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツを初公開した。

 すでに2019年10月の東京モーターショーにて、新型レヴォーグプロトタイプを初公開しているが、今回はSTIとタッグを組んで開発した、レヴォーグSTIスポーツを初披露した。

 さて、今回発表された新型レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツはどんなモデルに仕上がっているのか、東京オートサロン会場から緊急レポートをお届けしよう!

文/ベストカーWEB編集部
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】新型レヴォーグSTIスポーツの未公開写真


より量産型に近いレヴォーグだった

今回初公開された新型レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツ。STI製のパーツは、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーなどで、そのほかLEDのアクセサリーライナーを装着

 2019年1月10日11時、東京オートサロン会場で、初披露されたレヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツは、前回の東京モーターショーで初公開されたホワイトボディカラーのレヴォーグプロトタイプとは違い、より市販型に近いモデルだった。

 エクステリアを見ると、新しいデザインコンセプト「BOLDER」を採用したスポーティかつ存在感のあるワイド&ローのスタイルで、ヘッドライトやコの字型のヘッドライト、STI専用グリルやフロント&サイド&リアのアンダースポイラー、フォグランプベゼル、テールランプなど細かいところを見ていくと、すぐにでも発売されそうな完成度だった。

2019年10月の東京モーターショーで公開されたレヴォーグプロトタイプから進化し、限りなく市販型に近いものであった

”超革新”スバル初の電子制御ダンパー

新型レヴォーグに採用されたスバル初の電子制御ダンバーはどのような仕上がりになっているのか、開発責任者に直撃! アルミホイールはSTIスポーツ専用のもので、タイヤはブルーアースGTの225/45R18

 東京オートサロンで新たに発表された目玉が、スバル初の電子制御ダンパーだ。これはダンバー内部のバルブを電動でコントロールすることで、オイルの流量を変え、ダンバーの固さを調整するもの。

 さらにスイッチ1つで、乗り心地を重視したモードから、ひとりで走りを楽しみたい時にスポーティモードにできるモードを持つ「ドライブモードセレクト」をスバルとして初採用している。

 これまでのSIドライブのパワーユニットの制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにはAWDシステムまで制御するようになったのだ。

SGPにフルインナーフレーム構造を採用する車体構造により、高いシャシー性能を実現。ハンドリングのよさは安全にも大きく寄与する

 新型レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツについて、商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さんに、走りの印象や現行レヴォーグからの進化度を聞いた。

今回の新型レヴォーグから開発初期段階からSTIとスバルがタッグを組んだ。左からSTIの遠藤さん、スバルの峰岸さん、新型レヴォーグの開発責任者・プロジェクトゼネラルマネージャー・五島賢さん、スバルの中路さん、STIの伊東さん
開発を重ねている新型レヴォーグの走りの印象はどうなのだろうか?

―新型レヴォーグの走りの印象を教えてください。

五島(敬称略) これはSTIスポーツに限ったことではありませんが、新型レヴォーグは、SGP+フルインナーフレーム構造を採用したことで、サスペンションのセッティングがしやすくなり、さらによく動くようになりました。ハンドリングの応答性も切れ味鋭く、大げさな例えかもしれませんが”パフォーマンスワゴン”といってもいいと思います。

―現行レヴォーグからどのくらい進化したのでしょうか? 現行レヴォーグを100点とすると新型は何点ですか?

五島 う~ん難しいですね。私は”2角開けました”とよく言っていますが、2ランクは進化したと思っています。その一番のポイント電子制御サスペンションとドライブモードセレクトです。ドライブモードセレクトが何段階で切り替えるれるのかはまだ言えませんが、非常に上質な乗り心地のコンフォートから、ワインディングで走りを楽しめるスポーティなモードまで切り替えられるドライブモードセレクトは私の自信作です。早くみなさんに乗ってもらいたいですね。

 会見ではSTIニュルブルクリンクチーム総監督も新型レヴォーグに試乗した感想を述べていたので紹介しておこう。

 「新型レヴォーグの開発責任者の五島さんは昔、シート設計をやられたそうですね。それがよくわかったのが、この新型レヴォーグのシートに座った瞬間でした。一体感が素晴らしくて、走る前からこれはいい! と思いました。こんなにシートが素晴らしいクルマはスバルで初めてじゃないでしょうか。

 私はこれまでドライブモードをどこで切り替えるのが一番いいのか、半世紀近くやってきましたが、これがなかなか難しい。しかし、テストコースで試乗したこの新型レヴォーグのドライブモードセレクトは、ステアリングやエンジンのフィーリングを絶妙なバランスで切り分けています。ほんとにうまくできていました」。

葛生にあるSKC(スバル研究実験センター)にてテスト中のレヴォーグプロトタイプSTIスポーツ

開発段階からSTIとスバルが共同開発

右は新型レヴォーグの開発責任者の五島賢さん、左はニュルブルクリンクSTIチーム総監督の辰巳英治さん

 これまでのSTIスポーツは、完成車をSTIに預けて独自に開発してきたが、今回から新型レヴォーグの開発初期段階からSTIの技術者がスバルの開発チームに合流していることも発表。力を発揮したという、20代、30代の若手2人が東京オートサロン会場で紹介された。

 そこで若手4人に新型レヴォーグの開発はどうだったのか、それぞれコメントをもらったので紹介しておこう。

■スバル第一技術本部スバル研究実験センター 車両研究実験第一部 車両研究実験第二課担当 ドライブモードセレクト担当 中路智晴さん 30代
「デフォルトの標準からコンフォート、スポーツまで、これだけ振り幅のあるド、これだけ変わる、走りを追求したドライブモードセレクトはあまりないと思います」。
■スバル第一技術本部 車両実験研究実験統括部 主査
峰岸貴弘さん 30代

「やはりドライブモードセレクトの各モードの切り替えをどのように分けていくのか、電子制御サスペンションとドライブモードセレクトの制御の連携が苦労しました。誰が運転しても、上質な乗り心地から、一体感のあるスポーティな走りを楽しめるクルマにクルマに仕上がっています。苦労した甲斐がありました」。
■STI車両技術部 車体設計部
遠藤雄太さん 30代

「五島さんが言っていましたが、”超”革新というコピー通りに進化していると思います。ビックリするくらい、その良さが体感できると思います」。
■STI車両実験部 車両実験グループ
伊東太壱さん 20代

「スバルとSTIが開発初期段階からタッグを組むというのは初めての経験で、私自身も緊張しながらも操安、乗り心地の開発実験に加わりました。こうした経験をSTIのコンプリートカーや商品開発に活かしていきたいと思います」。

新型レヴォーグの発売は2020年末

新型レヴォーグの発売時期は2020年末になる見込み

 さて、これまで新型レヴォーグが明らかになっていることをおさらいしておこう。まず、エンジンだが、これまでの1.6Lターボと2Lターボから、新型1.8Lターボに一本化されることになっている。

 さらに、より広角化された新開発のステレオカメラに加え、前後合わせて4つのレーダーを備える新世代アイサイト、GPSと準天頂衛星「みちびき」を介した自社位置を正確に特定できるロケーターや高精度マップ、新コネクテッドサービスなどが採用される見込み。

 ちなみに今回、インテリアは一切公開されなかった。気になる発売時期は、スバル関係者の口からは「2020年中」としか聞かれなかったが、ベストカーが入手している情報では2020年末に発売される予定。ここまで”超”革新に進化した新型レヴォーグの発売が今から楽しみだ。

WRX S4 STIスポーツ GTコンセプトはどんなクルマに?

WRX S4 STIスポーツ GTコンセプトとSTI商品開発部部長の森宏志さん。このモデルは WRX S4 STIスポーツをベースに、リアカーボンウイング、19インチアルミホイール、STIパフォーマンスパーツ等を装着することで、走りのパフォーマンス向上を狙ったコンセプトモデル
今回WRX S4 STIスポーツに初装着された(トランク上部。リアシートを倒すと見ることができる)フレキシブルドロースティフナーリア

 そのほか、BRZ STIスポーツ GTコンセプトやWRX S4 STIスポーツ GTコンセプトを出展。森宏志STI商品開発部部長にWRX S4 STIスポーツGTコンセプトについて、どんなクルマに仕上がっているのか、聞いた。

―WRX STIスポーツ GTコンセプトはどんなクルマに仕上がっているのでしょうか?

森宏志さん 足回りはビルシュタインのままですが、STIのパフォーマンスでS4の走りをSシリーズに引き上げるのがコンセプトです。

 今回新たに装着したものは、フレキシブルドロースティフナーリアです。北米仕様のS209に装着しましたが日本では初めてです。

 S字などの切り返しで、リアがどうしても捻じれますが、このフレキシブルドロースティフナーリアを付けることによって、その捻じれを防いでリアの追従性を少しでも早くしています」。

【画像ギャラリー】新型レヴォーグSTIスポーツの未公開写真

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ