フラッグシップタイヤ「ADVAN」はなぜ絶大な信頼を獲得したのか?【前編】


 横浜ゴムのフラッグシップブランド『ADVAN』 が世界のプレミアムカーメーカーに絶大なる信頼を獲得した背景は、モータースポーツで培った確かな技術と開発能力が認められたから。タイヤ大好き本誌編集部梅木が、ADVANブランドの歴史と進化を駆け足で紐解いてゆきます。【PR】

文/梅木智晴(ベストカー編集委員) 写真/YOKOHAMA、平野学

グローバルプレミアムタイヤとして進化したADVAN

 ADVANは横浜ゴムのフラッグシップブランドとして、その存在感をアピールしている。特に『ADVAN Sport』は横浜ゴムの技術の粋を結集したプレミアムタイヤとして、リプレイス(交換用一般市販品)のみならず、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、BMWをはじめとした欧州プレミアムカーの新車装着タイヤとしてつぎつぎと承認を取得している。

 リプレイス用としては『ADVAN  Sport V105』が最新モデルだが、新車装着用としては昨年4月より、さらにレベルアップした『ADVAN Sport V107』がメルセデス・ベンツAMG GLA、GLEやBMW X3などに装着されている。モータースポーツで培ったタイヤ開発技術をバックボーンに、欧州のプレミアムブランドカーメーカーとの新車装着タイヤ開発による高い開発知見により、グローバルプレミアムタイヤブランドとしてADVANは日々成長をしているのだ。

新車装着タイヤとして承認を受けているBMW X3。BMWに向けたランフラット仕様の『ADVAN Sport V105 ★RSC Z・P・S』を履いて改めて試乗をした

 今回、改めて純正タイヤ承認されている『ADVAN  Sport V105』を装着したBMW X3 xDrive 30eに試乗をしたのだが、PHEVということで重量があり、また相対的に重心高も高くなるSUVのX3でもカッチリした剛性感の高い操縦性は安定感があり、接地感の高さによる重厚感のある操舵感はまさにプレミアムカーの乗り味そのもの。

高いケース剛性によるガッチリした操舵感が頼もしい。硬さ感はあるものの、不快な突き上げ感はなく、むしろダンピングの効いたスッキリとした乗り味は心地よい

 確かにケース剛性の高さによる乗り心地の「硬さ」は感じるのだが(さらにBMW用はランフラット仕様)、路面の継ぎ目のような段差を乗り越える際の“タタン‼︎”という入力に突き上げ感はなく、しっかりとタイヤが衝撃を吸収していることを感じる。そしてなによりも、その後の変形収束の減衰がよく、タイヤがいつまでも振動するということがなく“スッ”と収束するのでスッキリとした乗り心地を味わえるのだ。また、高周波の“シャー”というパターンノイズがよく抑えられていることも改めて確認した。

アウト側には大型ブロックが配置され、高いブロック剛性と広い接地面による確かな操舵レスポンスと、ハイグリップを発揮する。また、車重の重いSUVにもジャストマッチする

 当然と言えばその通りなのだが、速度を上げて行った時の安心感は絶大。真円性が高く、また速度上昇による変形が抑制されているため、高速域での接地性に変化がなく常に安定した操舵反力を得られるのだ。今回の試乗では再確認はできなかったが、これまでの試乗経験から、ADVAN  Sportの高いウェット性能は確認している。4本グルーブのいかにも優等生顔のトレッドデザインからもわかるように、高速走行時の排水性に優れ、確実な路面コンタクトを実感できるのだ。改めてADVAN  Sport  V105のハイバランス性能を確認することができた。

太い4本のストレートグルーブが高い排水性を発揮する左右非対称パターン。特にイン側は溝面積を増やし、高速走行時の耐ハイドロプレーニング性を高める
高い真円性がもたらすスーッとした滑らかな走行感が気持ちいいのだ

モータースポーツから生まれた日本初のスポーツタイヤ

 ベストカー編集委員の梅木です。現在56歳。クルマに興味を持ち始めた1980年代前半といえば、サーキットで赤と黒のカラーリングが印象的な『ADVANカラー』をまとったF2マシンやグループCマシンが存在感を示していたのを思い出す。

1980年、当時の国内トップカテゴリーの全日本F2選手権に横浜ゴムワークスチームとして参戦。赤と黒のADVANカラーがサーキットに踊った

 そう、現在40歳代半ば以上のクルマ好きにとって、ADVANはサーキット、そしてラリーフィールドといったモータースポーツと直結したタイヤのイメージを持っているはずだ。30歳代より若い方が抱いているイメージよりも、圧倒的に『ADVAN』はモータースポーツそのものだったのだ。

 だから、冒頭で試乗インプレをお伝えしたように、ADVANブランドのフラッグシップタイヤが、なぜスポーツカーだけでなくSUVの新車装着タイヤになっているの⁉ という思いを抱くのも当然のことなのだ。このあたりの微妙な感覚、若い読者の方には今ひとつピンとこないかもしれないが、とにかく、それほどまでにADVANはモータースポーツだったのだ。

1983年にはグループCマシンに向けたタイヤ開発をスタートし全日本耐久選手権(JSPC)に参戦。さらに1984年にはル・マン24時間に参戦。1989年には世界耐久選手権(WSPC)でドライバーズタイトルを獲得

 ADVANブランドのスポーツタイヤが誕生したのは1978年のことだった。最初のADVANはハイグリップ性能を重視したトレッドコンパウンドにウエットレース用トレッドパターンを刻んだ『HF』 だった。日本で初めてのストリート向けスポーツタイヤの誕生の瞬間だ。

始めて『ADVAN』 の名を冠したのが1978年4月に登場した『ADVAN HF』だった。ウェット用レースタイヤのトレッドパターンにハイグリップ性能に特化したトレッドコンパウンドを組み合わせた、ストリート用スポーツタイヤ

 しかし、あえて言わせてもらえば、私にとってのADVANは、1981年に登場した『HF Type D』 をおいてほかにない。トレッドアウト側にディンプル状のパターンを配した独特なデザインは、それまでのタイヤでは見たことのない表情で、あたかもウェット用レーシングタイヤのような迫力を感じたことを鮮明に覚えている。当時私は16歳で、まだ自動車の免許は持っていなかったが、セリカに『ADVAN HF Type D』を履いて山道を走る姿を思い描いたものだった。この時代、レビン/トレノはまだTE71で、あのAE86はまだ登場していなかった。この時私が憧れたセリカは、FR最後のA60系だ。

アウト側のディンプル状のトレッドパターン、センターからイン側にかけた太いストレートグルーブが印象的だった『ADVAN HF Type D』 が登場したのが1981年のことだった。このトレッドパターンのインパクトは絶大だった。タイプDの欧州販売仕様が『YOKOHAMA A008』で、これがのちのポルシェ新車装着タイヤの承認へとつながるのだ

 そして実際に何度も履いたのが『ADVAN GLOBA』 だった。1988年に登場した時の衝撃は、Type Dで感じた衝撃の再来だ。トレッドパターンはType Dのような強烈な個性はなかったものの、4本のストレートグルーブをベースに、左右非対称のV字カットされた「顔」は、いかにもレース用ウェットタイヤのような雰囲気でカッコよかった。「これだ!!」。当時の愛車スカイラインRSターボに履いてその強烈なグリップ力に驚嘆したのをつい先日のことのように思い出す。当時、若いクルマ好きはこぞってチューニングに力を入れ、足回りをいじり、エンジンに手を入れてパワーアップさせてドライビングを楽しんだものだが、ハイパワーチューニングカーの定番タイヤとなっていたのが『ADVAN GLOBA』 だった。

 その後1992年『ADNAN NEXUS』に進化し、1995年に『ADVAN NEOVA』が登場する。大胆にもストレートグルーブを持たず、左右非対称V字カットされたトレッドデザインは、あの『ADVAN HF Type D』 をはるかにしのぐインパクト。NEOVAは進化を続け、今でもADVANブランドの主力タイヤの一角をなしている。

 80年代、ADVANはモータースポーツでの技術開発をバックボーンとした、確かな「高性能」と「信頼性」を私たち若いクルマ好きたちにイメージ付けていたし、実際、その高性能と最先端の開発技術を満載したタイヤを味わうことができたのだ。

タイプDの衝撃をさらに上回ったのが1995年に市販開始された初代『ADNAN NEOVA』 だ。ストレートグルーブを一切持たない、大胆な左右非対称V字カットのトレッドパターンは、当時のクルマ好きたちの度肝を抜いたのだった!!

次ページは : ■ポルシェの新車装着タイヤとして世界に認められる‼︎

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ